腕立て伏せが出来ない方必見。女性にもできる 正しいやり方とは?


Sponsored links

皆さん、こんにちは。
赤鬼です。
ヽ(・∀・)ノ

「お前、腕立て伏せもできないのか!?」
体育の時間などに言われた事はありませんか?

「別に出来ひんからて、どないやっちゅうねん」
と言えば、その通りなんですが・・・。

ただ、この記事をご覧の皆さんは、
ダイエット目的や、二の腕を引き締めたい、
強いては「腕立てが出来ないからできるようになりたい!」
等と言った、それなりの理由をお持ちだと思います。

そんな貴方に、今回は比較的、不可の軽い腕立て伏せを御紹介します。
段階を踏んで、いつか腕立て伏せを出来るようにしましょう!
それでは行きましょう。

Sponsored links

1. 腕立てができない方の方法はこれだ!

膝立伏せ

・初めに膝を着き、手の平を肩より少し下の位置に置きます。

・手の平を置く位置の幅は、肩幅より少し広めに置きます。

膝立伏せ

・上体を前に前に持って行き、下に沈み込んでいきます。

・目線は真っ直ぐにしましょう。

・そして、ここが重要なのですが、上体を床すれすれにした時に・・・

 肩甲骨を引き寄せましょう!

なぜ肩甲骨を引き寄せるのかと言うと、
安定感が増す上に大胸筋等に刺激を与えやすくするためです。

腕立て伏せは、自重トレーニングの定番であり、
非常にバリエーションが豊富な運動です。

そのトレーニング効果を高めるためには、
肩甲骨の動きが非常に重要になります。

どうせやるなら、効果的にやりましょう。
ぜひ覚えておいて下さいね♪

2. それでもきつい方にはこれだ!

先ほどの膝付き腕立てをしても、きついと言う方・・・
もう少し負荷を下げましょう。

その方法は↓

椅子腕立て

椅子に手をつけてやる腕立て伏せです。

ポイントは先ほどの腕立てと、ほぼ同じです。

・椅子を壁際に置きます。(壁際に置かないと、滑ってしまい危険です。)

椅子腕立て伏せ

・目線は真っ直ぐに、上体を下げて行きます。

・下げた時に、肩甲骨を引き寄せます。

※肩甲骨を引き寄せるポイントは、肩甲骨の間に細い棒があるとイメージし、
 それを挟むように寄せて行きましょう。

写真では、足を椅子よりも遠い位置に置いていますが
この状態だと、膝付き腕立てよりもきついかもしれません。

そんな時は足を置く位置を、もう少し前に(椅子の近くに)起きましょう。
ご自分で、適切な不可の位置を探してみて下さい。

Sponsored links

3. それでもキツイって!そんな わがままジュリエットにはこれだ!

先ほどの、椅子を使った腕立て伏せでもキツイと言う方。

更に負荷を下げましょう。

スタート

壁を使用した腕立て伏せです。

ポイントは、先ほどの腕立てとほぼ同じです。

・壁に手の平を置いて、寄りかかります。

・手の平の位置も「肩より少し下」で、幅は「肩幅より少し広く」です。

壁縦伏せ

・上体を前に倒して行きます。(壁に顔を近づけるように)

・上体を前に倒して行く際に、徐々に肩甲骨を引き寄せます。

後ろ姿

後ろから見たら、こんな感じです。

ここまできたら倒れるとい言うよりも、
壁を押す感じですね♪

4.  終わりに

以上が、腕立て伏せができない方の方法をです。

ただ、もしも貴方が、二の腕を引き締める事が目的であるならば、
今回の腕立て意外にも、ジョギングなどの有酸素運度を行う事を奨めます。

なぜなら、二の腕についた脂肪などは筋トレだけでは落としきれないのです。
ですから、一部分だけ引き締めるなどと言うことは不可能になります。

有酸素運動を行い、全身の脂肪細胞を燃やして、
初めて二の腕の脂肪も落ちて行くのです。

僕のブログの「運動系」のカテゴリーに、
ジョギングのやり方も書いてありますので、合わせてご覧下さい。

引き締まった腕を目指して、頑張りましょう!

それではまたヽ(´▽`)/

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る