バレーボールのフローターサーブのコツってある? 答えはこれ!


「フローターサーブが入りません…。どうしたらいいですか?」
「フローターサーブのコツを教えて下さい…。」
「どうしても入りません。私には才能無いのでしょうか?」

 

今まで数多くの教え子に言われた言葉がこれです。
彼女たちも今のあなたのようにフローターサーブが入らなくて嘆いていました。
しかし…

 

こんにちは!
フローターサーブの謎を追い続け、ついに秘密を暴いた…
赤鬼です!

バレーの道に入り、しばらく過ぎたそこのあなた。
僕の教え子のように「サーブが入らないです・・・(泣)」とお嘆きではありませんか?

  1. 先輩が丁寧に教えてくれるけど入らない
  2. 先生は怖くて聞けない
  3. 誰に相談していいかわからない

上の項目に当てはまるあなた!
はっきり言ってやりましょう。
フローターサーブはコツさえ掴めば簡単です!

 

いや~、実はですね。
今から7年くらい前に腕力はとてつもなくあるのにフローターサーブが入らない教え子がいたのです。

 

でも、その子は結局3年間ボールがネットを越える事はありませんでした。
筋力は申し分ないのに…。
そこで長きに渡り研究を続け、ついにフローターサーブの秘密を発見しました。

 

それは…体の使い方にあったのです!
その秘密をワタクシ赤鬼が、今からみっちり細かく細かくネチネチと粘っこく解説いたします!

 

この記事ではフローターサーブの打ち方を以下の項目別に紹介しています。

  •  フローターサーブの一連の流れ
  •  基本的な構え
  •  サーブを打つ時にトスを上げる時のポイント
  •  腰の回転によるスイング
  •  体重移動のコツ

見慣れない言葉もあるかと思いますが、ちゃんと解説させていただいていますのでご安心を。
一つ一つポイントを絞って行きながら見ていきましょう!

 

もしも「先生や先輩に一通り習いました。でもフローターサーブが入らないんですぅ」と言う方は以下の記事をご覧下さい。
フローターサーブが入らない原因と解決方法をまとめています。

・フローターサーブが入らない!?原因と改善方法はこれ

これを一通り読んで問題を解決した後、この記事を再度読んでいただければと思います。
間違った方法でやってても、なかなか入らないものですからね( ̄▽ ̄;)
ではフローターサーブ編始めますよ~。

Sponsored links

1. フローターサーブ 一連動作

まずは動画で大まかな流れを確認しましょう。

では今度は僕の方から解説させていただきます。

● フローターサーブ一連動作

  1.  右足を前に構えて左手にボールを持って構え
  2.  左足を大きく前に踏み出す
  3.  肩の少し上あたりで真上にトスを上げる
  4.  右肘を後方へ引き弓矢を引いているようなフォームを作る
  5.  右肘を前方に突き出し45度くらいの角度でボールの芯を叩く
  6.  手首のスナップを使わず、途中でスイングを止め押し出すように打つ
  7.  右足をつま先立ちにする
  8.  ボールから目を離さずに、すぐにレシーブ位置に入る。

 

言葉だけの説明だけではわかりにくいので、写真で見ていきましょう。

fs1

右足を前にして構えた状態から左足を大きく踏み込みます。

fs2

左の手のひらが肩の少し上に来たらボールをトスします。
この時に真上に上げるようにしましょう。(コツは肩と同じ高さくらいになったらボールを置くような感じです)

 

トスが自分の身体に近かったり、逆に遠かったりしてはいけません。
なぜなら下記の問題が発生するからです。

  •  トスが自分の身体に近いとボールを打つ時にかぶってしまう
  •  トスが自分の体から遠いとボールを打つ時に打点が下がる

この項目に該当してしまうと上手くボールの真芯を叩けなくなるので気をつけましょう。

fs3

弓矢を引くように右手を後方へ引きましょう。
この時に肘を下げないように注意が必要です。(打点が下がってしまうため)

fs4

いよいよ打つ瞬間が来ました。

  •  左手をしっかりと上げる
  •  右肘は下げない
  •  ボールをしっかりと見る
  •  ボールの真芯を叩く

上記のポイントを意識しながら打つようにしてみてください。
いきなり全て意識すると、どれがどれかわからなくなるので一つずつ消化していきましょう。

fs5

打つ瞬間に右肘を前に突き出すようにしましょう。
自分の目の高さよりも下に肘を下げないように注意して下さい(打点が下がりボールに力が伝わらないため)

fs6

ボールを捕らえる位置は横から見て45度程度が目安です。

  •  45度以下の角度だとトスが身体から遠い
  •  45度以上の角度だとトスが身体に近い

角度一つでトスの目安がわかるので上記2点にあてはまるのならば微調整しましょう。
ただ、人によっては45度以上の方が入るかもしれません。
余程かぶった打ち方にならない限り、この打ち方の方が入りやすいでしょう。
特に身長が低い人は打点が低くなるので、60度程度で打っても問題無いと思います。

fs7

手首を固定したまま手を途中で止めます。(スナップは使わない)
ボールを打ち終わったら、ボールから目を離さずにレシーブ位置に直ちに移動です。

以上が「フローターサーブ」の一連の流れです。
では次の章から補足説明を見ていきましょう。

Sponsored links

2. フローターサーブ 補足説明

この章ではフローターサーブの補足説明を見ていきたいと思います。
項目は以下のとおりです。

○ フローターサーブ補足説明項目

  1.  基本構え
  2.  サーブはトス命
  3.  サーブは腰で打て
  4.  体重移動が衝撃を強くする

 

えっ? 少ないですか?
え~と、え~と( ̄▽ ̄;)
あっ、僕の中学時代の恋バナとかどうでしょう?
水泳部のHさんに恋のサービスエースを決めれなかった話なんですが・・・・。

 

あっ、いらないですか?
オッケーです。
では補足説明に入らせていただきますね~(;´∀`)

2-1. 補足説明その1 基本構え

それでは気を取り直して補足説明その1「基本の構え」からを見て行きましょう。

● フローターサーブ基本構え

  1.  足を肩幅程度が、肩幅より少し広めに取り左足を後ろに引く
  2.  膝を少し曲げ、重心を落とす
  3.  ボールに右手を乗せて完成。

 

足2


足を肩幅、もしくは肩幅より少し広めに開きます。(狭すぎるとバランスが悪くなります)

足

左足を後ろに引きます。(やりやすいなら左足が前でもオーケー)
その後に膝を少し曲げて重心を落とします。(人間の重心はヘソの下3cm部分にあります。)

 

ボールに右手を乗せて完成。
※右手を乗せる理由は、トスを上げた時にボールがブレないようにするためです。

 

フローター基本が前

こんな感じです♪
人によっては右手をボールに乗せなかったり左足を前からスタートさせたりしますが、あなたがやりやすい方法で問題ありません。

2-2. 補足説明その2 サーブはトス命!

バレーボールには様々なサーブがありますが、全てに共通することは「トスが重要」と言うことです。
あなたがどんなにバレーセンスがあっても、トスが悪ければ良いサーブを打つのは難しいでしょう。
ではここで、今回のお題「フローターサーブ」が入らないトスをまとめてみました。

●フローターサーブが入らないトス

  1.  トスが自分の方に上がってしまいカブってしまう(結果、ボールに力が伝わらない)
  2.  左の方にトスが上がり、ボールの芯をとらえていない
  3.  トスが前に上がりすぎて、打点が下がりネットを越えない
  4.  トスが高すぎたり、低すぎたりしてボールの芯が叩けない。

 

ご自身に該当する部分はありましたか?
では逆にトスを上げる一番ベストな場所はどこかと言いますと・・・

ボールトス

ここです!
自分の右斜め前方です!

先程の箇条書きにもありましたが、前すぎる位置に上げてしまうと打点が下がった場所で打つ事になるので注意しましょう。

 

フローターバックライン入り

後ろから見ると、こんな感じです。
自分の体の中心線より右側にボールが上がるようにしましょう。

トス

横から見るとこんな感じです。
僕は高い打点でとらえるためにややカブリ気味ですが、この写真よりもう少し前でも良いと思います。
その方がスピート感があるサーブが打てますよ♪

2-3. 補足説明その3 サーブは腰で打て!

さぁ…今までのは一度くらい聞いたことがある内容でした。
友よっ!ここからが本番だ!
これをマスターしたらフローターサーブを入れるのも夢ではなくなります。

ではさっそく行きましょう。
…さて、あなたはフローターサーブを打って入らない時、先生にこんな事を言われませんか?

 

もっと体全体を使って打て!」

 

「上半身の動きを意識して打ちなさい」

 

「もっと上半身を大きく後方へ反らせて!」

 

・・・・・ざっくりとしすぎてどうしていいかわからーん!

 

そう。
体全体を使ってだと、くくりがでかすぎてわかりにくいんですよね。
もう少しポイントを絞って説明しないとどうしていいのか理解しがたいもの・・・。

 

では、体の使い方を上半身と下半身の動きを分けて見ていきましょう。
特に下半身の動きは超重要なので見逃し厳禁ですぜ、旦那。

 

とりあえず上半身(腰)の動きはこのようにしましょう。

○ フローターサーブ上半身の動き

  1.  トスを上げた直後、肘を下げないようにし右胸を後方へ引く(外旋)
  2.  そのまま肘の高さをキープし、右胸を前方へ押し出す(内旋)

たったこれだけです。
ちなみに上記のポイントで聞きなれない言葉が出てきていませんか?

 

そう。
内旋外旋ですね。

 

内旋とは正面に体を向けて内側に体を回転させるという事。
フローターサーブだと打つ瞬間に体を反時計回りに回転させる事を言います(左利きだと時計回り)

 

逆に外旋は体を外側に回転させると言うことです。
フローターサーブだとトスを上げた後に後方へ体を時計回りに回転させる事ですね(左利きは反時計回り)

 

バレーボールのサーブやスパイクはこの内旋、外旋がとても重要になってくるので必ずマスターしましょう。
では、その動きをまた動画で見てください。

トスを上げた直後は右胸を外旋させ、ボールを打つ瞬間に体を内旋させている事がおわかりいただけたと思います。
もう細かい説明は不要かと思いますが、せっかくなのでやりましょう。

%ef%bd%86%ef%bd%8a%ef%bd%8b%ef%bd%931

トスを上げた直後、すぐさま右胸を後方へ引きます。
右胸と表現していますが、本当は腰を回転させるでも良いかもしれません。

 

まぁ、意識しやすいので右胸と表現しています。
別に右肘でも右半身でも結構です。
意識しやすい部位を選びましょう。

%ef%bd%86%ef%bd%8a%ef%bd%8b%ef%bd%932

右胸を引ききった後、肘を下げないようにしながら体を内旋させましょう。
その後にボールをしばけば体の使い方はオーケーです。

 

以上が上半身の使い方なのです。
さて、ここであなたに質問があります。

 

あなたは国語の問題を解きながら数学の問題が解けますか?
えっ!?できない!?

 

僕もですヽ(*´∀`)ノ
(中にはできるって方はいるかもしれませんが・・・)

 

では、なぜこんな質問をするかと言うと・・・人間は同時に別々の事をできないと言うことです。

と言うことは、「右胸を引いて」「右肘を下げないように意識して」「タイミングが合ったら体を内旋させて」なーんて同時に意識するなんて無理!

 

実はもっと簡単に回転運動ができる方法があるのです。
それを次の章で見ていきましょう。

2-4. へ~そうなんだ 体の使い方の秘密はアレにあったのか

さぁ、今度はもう少し掘り下げた内容をお話しましょう。
さっきの章でイマイチやり方がわからないって思いませんか?

 

実は体の回転運動はある部位を意識する事で簡単にできます。
その部位とはこちら!!!

%ef%bd%86%ef%bd%8c4

足です!!
厳密に言うと右利きの場合、右足になりますね。

 

この右足の旋回運動を意識するだけで簡単に右半身の回転運動が可能となります。
では解説に移りましょう。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%8b1

フローターサーブのスタート状態です。
右足の向きは右斜め前方へ向いていますね。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%8b2

右胸を後方へ外旋させて肘を最も後方へ引いた状態がこの状態です。
先程と比べて足の向きが真横に近い事がおわかりいただけると思います。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%8b%ef%bd%931

ボールを打つ瞬間に一気に右足を左回転させましょう。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%8b4

そして最後はつま先を前方へ向けます。
この回転運動はムエタイの右ストレートの練習中に発見しました。
(赤鬼はバレー選手なのにムエタイもやってるクレイジー野郎です)

 

後ろ足をつま先立ちにし内旋をするだけで、簡単に右半身が回転し破壊力のあるパンチが打てたのを今でも覚えています。
それをバレーのフローターサーブに応用したのが今回の記事の内容です。

最も自然な回転運動をするためには「つま先の動きが大事」これを覚えておいてください。

そして回転が早ければ早いほどボールに加わる力も強くなる事もお忘れなく。
繰り返し繰り返し練習しマスターしましょう。

 

では次は体重移動のコツを見ていきましょう。

2-5. フローターサーブ 体重移動のコツ

それでは最初は「体重移動のポイント」を見ていきましょう。
そもそも体重移動って何?

 

知らない方のため簡単に説明させていただきますと、体重移動とは重心を移動させると言うことです。

人間でいうとおヘソの下3cmあたり(丹田)が重心となります。
とりわけ武術の世界では、この重心を移動させるだけで相手をふっ飛ばす技も存在するのです。

 

まぁ、今回はバレーボールの話なので、バレーの体重移動を見ていきましょう。
フローターサーブでの体重移動をまとめるとこんな感じになります。

 

○ フローターサーブ体重移動のポイント

  1.  ネットに対し真正面に向かって立つ
  2.  左足を右足よりもすこし前で構える(やりにくのであれば後ろでも可)
  3.  左足を大きく前に踏み込出す
  4.  両足にほぼ均等にかかっていた体重を右足に移す
  5.  サーブを打ち終わった後に右足をつま先立ちにすると体重移動が完璧にできる

 

言葉だけではイメージしにくいですよね。
ではもう一度この動画をご覧ください。

いかがです?
もう一度フローターサーブを打つ時の僕の生足をアップしたサービスショット見た感想は?
全然サービスじゃない?
そりゃ失礼っ!(゚Д゚)ノ

 

それよりも見てください。
最初の踏み出しの時に左足を浮かせているので右足に体重が乗っています。

 

左足を着地した後に最後に右足をつま先立ちにした瞬間、左足に体重が乗っているのが何となくイメージできませんか?
これが体重移動の正体なのです。

 

では、もう少し細かく見ていきましょう。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%9a1

フローターサーブの最初の構えの瞬間です。
この時、左足を大きく前に踏み込みます。

大きく踏み出すのが難しいのであれば、床にテーピングなどで印をして、それを踏み越えるように練習しましょう。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%9a2

こんな感じですね。
この画像ではすでに右足から左足に重心が移動し始めています。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%9a3

そして両足にほぼ均等に乗っていた重心がだんだんと前に出した足に移動していきます。

%ef%bd%86%ef%bd%8c%ef%bd%9a4

そして最後はつま先立ちに。
これで完全に前に出した左足に重心が移動しました。

 

体重移動のポイントとしてはこんな感じですね。
ちなみにこの前に行くスピードが速いと、ボールに加わる力も若干強くなります。

 

最初はボールを持って練習すると、そればかりに気を取られるので使用せずにやってみましょう。
別にこれは学校の練習時間でなくても可能なので、時間がある方はお家でもやってみてください。

 

先ほどの体の回転とセットでマスターし、後はトスのやボールの打つ時のヒットポイントなどを調整すれば…
フローターサーブは絶対に入ります!!

 

トモダチよ。
諦めるな。

 

自分でネット検索してまでフローターサーブのコツを勉強しようとするくらい意識が高い君にマスター出来ないわけないじゃありませんか。
大丈夫っ!
あなたなら必ずフローターサーブを打てるようになりますよヽ(・∀・)ノ

3. フローターサーブ まとめ

いや~正直ね、ここまで読んでくださるなんて驚きですよ。
トモダチよ。
あなたはかなり向上心高いですね。
素晴らしいっ!

 

では最後にもう一度、「フローターサーブ」のポイントを見て終わりにしましょう。

● フローターサーブ一連動作

  1.  右足を前に構えて左手にボールを持って構え
  2.  左足を大きく前に踏み出す
  3.  肩の少し上あたりで真上にトスを上げる
  4.  右肘を後方へ引き弓矢を引いているようなフォームを作る
  5.  右肘を前方に突き出し45度くらいの角度でボールの芯を叩く
  6.  手首のスナップを使わず、途中でスイングを止め押し出すように打つ
  7.  右足をつま先立ちにする
  8.  ボールから目を離さずに、すぐにレシーブ位置に入る。

● フローターサーブ基本構え

  1.  足を肩幅程度が、肩幅より少し広めに取り左足を後ろに引く
  2.  膝を少し曲げ、重心を落とす
  3.  ボールに右手を乗せて完成

●フローターサーブが入らないトス

  1.  トスが自分の方に上がってしまいカブってしまう(結果、ボールに力が伝わらない)
  2.  左の方にトスが上がり、ボールの芯をとらえていない
  3.  トスが前に上がりすぎて、打点が下がりネットを越えない
  4.  トスが高すぎたり、低すぎたりしてボールの芯が叩けない

○ フローターサーブ上半身の動き

  1.  トスを上げた直後、肘を下げないようにし右胸を後方へ引く(外旋)
  2.  そのまま肘の高さをキープし、右胸を前方へ押し出す(内旋)
  3.  上半身の回転を簡単にするために右足の回転を意識する
  4.  右足の回転が早ければ早いほどボールに加わる力も早くなる

○ フローターサーブ体重移動のポイント

  1.  ネットに対し真正面に向かって立つ
  2.  左足を右足よりもすこし前で構える(やりにくのであれば後ろでも可)
  3.  左足を大きく前に踏み込出す
  4.  両足にほぼ均等にかかっていた体重を右足に移す
  5.  サーブを打ち終わった後に右足をつま先立ちにすると体重移動が完璧にできる

いかがでしたか?
フローターサーブは一番オーソドックスなサーブですが、練習を積み重ねると強力な武器になりえるサーブです。

 

 最初はどうしても腕力に頼ってしまいネットを越さないものです。
(僕もバレーボールを始めた頃はそうでした。)

 

しかし最初は体の使い方をマスターすれば、腕の力はほとんど使わなくても入るようになります。
そこに行き着くにはとにかく練習あるのみです。

 

ただ、冒頭でも言いましたように、ポイントを先輩や先生には聞きにくいと言う方は必ずいらっしゃると思います。
そんな時は下記コメント欄に質問を書いてください。

 

「赤鬼でも別にいいや。」って言う若干上から目線のあなた。
必ず返信するので絶対にフローターサーブが入るようにしようぜベイベー。
ただし、以下の注意事項を必ず守って下さいね~。

1. メールアドレスを入力する必要がありますが公開されることはありません。
※こちらで責任を持って管理し、第三者へ提示する事もありません。

2. 小中学生の方は、必ず保護者の方に確認をとった上でお願いいたします。

3. こちらが明らかに冷やかしと判断した場合、回答はひかえさせていただきコメントは削除させていただきます。

4. サーブ以外の事でもどんどん書き込みしてください。「サーブカットのコツは?」「トスが飛びません。」
「こんな記事を書いて欲しい」なんでもどうぞ!!

 

以上、フローターサーブのコツでした!
もう、今から練習したくてウズウズしているのではありませんか?

早速、明日の練習からポイントを抑えてやってみましょう!
また、フローターサーブがある程度打てるようになったら、無回転サーブにも挑戦しましょう。

※【バレーボール 無回転サーブのコツ】予測不能な変化を君の手に!

それではまたヽ(・∀・)ノ

Sponsored links

関連記事

コメント

    • さこ
    • 2015年 12月 21日

    中1女子です
    フローターサーブが全く入りません
    アンダーサーブは入ります
    先輩からはずっと肘が下がっていてボールの中心を叩けてないと言われます
    意識してやってるつもりなのですができません
    いつもはネットにギリギリ届くか大抵はネットにも届きません
    改善法などがあったら教えてください

      • 赤鬼
      • 2015年 12月 23日

      さこさんへ。

      お待たせしました。
      フローターサーブが入らない原因と改善方法を細かく書いた記事が出来ました。

      URLを貼っておきますので、参考にしていただけたらと思います。
      怪我に気をつけて頑張ってくださいヽ(´▽`)/

      http://ikkitousen0413.com/archives/2880.html

    • 赤鬼
    • 2015年 12月 21日

    さこさんへ

    コメントありがとうございます。
    まず、肘が下がる要素は二つあります。
    「横で下がる」が「前で下がる」の二つです。

    前に下がるのはトスが前に行き過ぎている可能性が高いので、
    トスを調整すれば大体改善されるとして、問題は横に肘が下がる事です。

    よく「肘が下がる」と言いますが、厳密に言うと「肘を曲げすぎている」可能性もあるということです。
    試しに肘を思いっきり曲げてみてください。
    その状態で肘を上げようとしても、人間の関節の可動域の関係上、上がりにくいかと思います。
    なので練習する時は「肘を軽く曲げ、手のひらを耳の上方向延長線上に持ってくるように」心がけて見てください。

    また、自宅でタオルを持って壁の左側に立ちスイングする練習をするといいと思います。
    この練習をすると横に肘が下がると壁に当たり、縦に肘が下がるとタオルが上手く「バサっ!」と音がなりません。

    ぜひ普段の生活に取り入れて見てくださいね。
    また、僕は文章力がないので言葉だけの説明ではわかりにくいかと思います。

    かねてより考えていた「フローターサーブが入らない理由と改善方法」を近日中にアップし、
    ここにURLを貼りますので参考にしてください。

    大丈夫。あなたはきっとフローターサーブがマスターできると思いますよ。
    自分で改善しようとする姿勢があるので、意識はかなり高いので。

    早急に記事をアップするので、とりあえずは上記の方法でしのいでみてください。
    頑張って下さいヽ(・∀・)ノ

    • さこ
    • 2016年 2月 12日

    すいません。返信遅れました(泣)
    ありがとうございます!
    貼ってもらったURLの記事を読みタオルの練習などをしたらちょっとずつ入るようになりました
    一年生大会が来週くらいにあるのでそれに向けてもっと頑張りたいと思います!
    ほんとうにありがとうございます!

      • 赤鬼
      • 2016年 2月 12日

      さこさん。

      あなたは凄いですね。自分で調べて実践して、少しずつでも進歩しています。
      どんな素晴らしい理論を習ったとしても、実行に移さない人は移しません。

      しかし、あなたは自分で行動を起こしました。
      なかなか出来ることではありません。
      そういう方は、本当に応援したくなります。

      来週に大会との事ですが、一年生大会はサーブが勝利の鍵を握っていると言っても過言ではありません。
      試合でサービスエースを決めまくって下さい!

      良い結果を期待しています。
      頑張って下さいヽ(・∀・)ノ

    • いーすけ
    • 2016年 3月 19日

    中1です。
    今、バレーの部活でサーブを練習しているのですが、
    フローターでネット越えて入るっちゃ入るんですが、やっぱりボールが山みたいな線を描いてしまいます。
    ネットスレスレで鋭いサーブを打ちたいのですが、なかなか出来ません、、
    どうしたら鋭いフローターサーブが打てるようになりますか?

      • 赤鬼
      • 2016年 3月 20日

      いーすけさんへ。
      コメントありがとうございます。
      山なりのサーブですね~。最初はどうしても山なりになっちゃいますよね。
      僕もあなたと同じくらいの年の時はそうでした(笑)

      さて、まずは山なりになる原因を見ていきましょう。
      根本的な原因は「ボールの下の方を打っているという事」です。
      では、ボールの下を打つ原因を、もう少し掘り下げてみましょう。

      1. トスを高く上げすぎて、かつ、すぐにボールを打ちに行っているためボールの下を叩いている。

      2. トスが自分の方向へ上がってしまい、ボールの下に潜り込むような形にあってボールの下を叩いている。

      この二点が主な原因として挙げられるとおもいます。
      それでは解決方法を見ていきましょう。

      問題1の改善方法⇒トスを高く上げるのを少しセーブする。ボールを打つタイミングを少し遅らせる。

      問題2の改善方法⇒トスを少し前の方に上げるようにする。(この記事のトスの位置を参考にしていただければと思います。)

      この二点が改善方法になると考えられます。
      さて、ここまできたら「ネットすれすれの鋭いサーブ」の打ち方を解説させていただきます。

      まず、ネットすれすれの鋭いサーブを打つために必要不可欠なのが「ボールの中心を叩く」事が大前提になります。
      ただ、ボールの中心を叩くことを意識するとネットを越えない子が度々見受けられます。

      原因としては、「ボールの中心を叩こうとはしているが、若干の時間差が生じボールの中心よりも少し上を叩いている」事と思われます。
      そんな時、僕はこうアドバイスします。「ボールの中心よりも下2~3cm打ってみよう」と。
      実際にそれで入る子が多数います。本当に2~3cm下なんて正確に打てるわけではありませんが、あくまでイメージです。
      練習中に意識しながら調整してみてください。

      最後にもう一点、「ネットを越えて入るっちゃ入るんですが、」のニュアンスから推測すると、
      ネットを何とか越えるけど後衛までも届いていないのではないでしょうか?(あくまで勝手な推測です)

      そうなると、ボールの中心を叩けてもボールが届かない可能性があるので、
      僕の「フローターサーブが入らない原因」の記事で載せている「壁際でタオルの素振り」などを練習してみてください。
      フローターサーブは前の体重移動と、腰の回転、肩の回転、肘の回転がリンクして大きな力が発生するのです。
      それと同時に、腹筋、背筋、腕のトレーニングを行えば「鋭いサーブ」に近づいて行けますよ♪

      ものすごーい長文になったので、最後にもう一度おさらいしましょう。

      山なりになる原因

      1. トスを高く上げすぎて、かつ、すぐにボールを打ちに行っているためボールの下を叩いている。

      2. トスが自分の方向へ上がってしまい、ボールの下に潜り込むような形にあってボールの下を叩いている。

      改善方法

      問題1の改善方法⇒トスを高く上げるのを少しセーブする。ボールを打つタイミングを少し遅らせる。

      問題2の改善方法⇒トスを少し前の方に上げるようにする。(この記事のトスの位置を参考にしていただければと思います。)

      ネットすれすれの鋭いサーブを打つコツ

      1. ボールの中心から2~3cm下を叩くようなイメージで打つ。

      2. 壁際のタオルの素振りで「腰の回転⇒肩の回転⇒肘の回転」この連動する感覚を養う。
      ※余裕が有るならば体重移動をしながら素振りもやってみましょう。
      ※タオルの素振りが記載されている記事はこちら。

      またわからない事があれば気軽にコメント欄に書き込みしていただければと思います。
      まだまだ寒いので、体調に気をつけながら練習頑張ってくださいねヽ(・∀・)ノ

    • 未来
    • 2016年 4月 21日

    はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。中2の女子です。

    私は、中学の時からバレーを初めたのですが最初の頃にオーバーをする時、
    きちんとしたフォームが出来ず、ずっと自分なりのオーバーをしていたら変な癖がついてしまいました。

    癖と言うのは、・指先だけで返してしまうから(?)あまり飛ばないのと、あたった時に良く回転してしまう、当たった時に音がしてしまうという事です。

    友達や先輩にも、「指が折れそう」とか「変なオーバー」だと言われてしまいました。

    実際、変な所に行ってしまったり指が痛い事があり、サーブなどもオーバーで取れません。

    悔しいし、このままでは強くなれないので先生や上手い友達に聞いてみて、直そうとしましたが、直りません。
    手を三角形にしたりしましたが、癖がついてて片手ずつバラバラに取ってしまいます。

    ここまで放置した私が、自業自得な事は分かってますが、どうしても直して、きれいなオーバーがしたいです。

    是非、癖の直し方などがあれば教えて欲しいです。よろしくお願いします!

      • 赤鬼
      • 2016年 4月 22日

      未来さん。初めまして!コメントありがとうございます。
      さて、未来さんの悩みである「指先に当たってしまってボールが飛ばない。」
      この癖に対しての改善方法は以下の通りです。

      1. ボールをキャッチする時に指の第二関節までを使ってボールを包んでいるか確認。

      2. 膝の屈伸を使って、しっかりとボールを送り出せているか確認。

      3. 回転を抑えるために両手を伸ばした時に力が均等か確認。

      順番に解説させていただきます。
      まず1の項目、「指の第二関節でボールを包んでいるか」
      僕の憶測ですが「指先だけに当たって変な音がなる」という事と「指が折れそう」と指摘された事から考えてみると
      「指の第一関節あたりでしかボールをとらえていない」かつ「腕の力や指先だけで飛ばそうとしている」可能性があります。

      それを改善するために、まずはボールが飛んで来た時にすぐに返球するのではなく、一度キャッチしてください。
      その時に、ちゃんとボールを第二関節で包み込んでいるか確認してください。

      そして2番目の「膝の屈伸が使えているか」も確認しましょう。
      コメントを見る限り、未来さんは指先などの手の部分に着目しすぎている傾向があります。
      オーバーハンドパスの基本は「膝の屈伸を使ってボールを運ぶ」という事が重要になってきます。
      ボールをキャッチする時に、膝がしっかりと曲がっているかも確認してください。

      3番目の「力が両手に均等になっているか」は僕の「オーバーハンドパスが飛ばない原因と解決方法」の記事を参考にしていただけたらと思います。
      それと同時にオーバーハンドパスの基本の記事も参考にして下さい。

      オーバーハンドパスの基本

      オーバーハンドパスが飛ばない原因と解決方法

      厳しいことを言いますが基本のパスを我流でやると変な癖がついて当然です。
      僕もバレーをあなたと同じ年齢の子に教えていたことがありましたが、
      基本のパスを自分のやりやすい方法でやったいた者はやはり綺麗なパスがいつまでも出来ませんでした。

      とは言え諦めろと言っているのではありません。
      あなたと僕の元教え子の決定的な違いは「問題から目をそらさず解決しようとする姿勢がある」という事です。
      しかも自分でネットで調べ、積極的に教えを乞うなんてなかなか出来るものではありません。

      癖を矯正するのは非常に困難ですが、あなたはまだ中2でしょ?
      まだまだこれからじゃないですか!充分に改善の余地がありますよ!
      とりあえず僕の改善策を一度試してみてそれで結果を教えていただけないでしょうか?
      新たな改善策がわかるかもしれません。
      頑張ってください!(^^)/

    • 未来
    • 2016年 5月 05日

    返信遅れてすいません。

    本当にありがとうございました!今日からきちんとポイントを確認しながらやってみようと思います。

    赤鬼さんが書いてあった事は、全部当たっていて流石だなぁ、と感心させられました。
    それと共に、自分がどんなに未熟か分かりました。
    でも、挫折なんかしないでこれをバネに今以上に頑張ろうと思います!

    そう言って貰えると本当に嬉しいです。これからも頑張れる力になります。ありがとうございます。

    また後日、試した結果も報告させて頂きますね。これからも、赤鬼さんを参考にさせて頂きます。本当にありがとうございました!!

      • 赤鬼
      • 2016年 5月 05日

      未来さんへ

      返信ありがとうございます。
      もう、やる気まんまんですね!

      これからあなたが上達して行く様子が目に浮かびます(・∀・)
      実はあれからもう一つ記事を更新しました。これから活躍するであろう あなたにぜひ読んでいただければと思います。

      前回の記事ではオーバーハンドパスは不十分だったので補足の意味も込めて書きました。
      どの教本にも書いていないはずなので、レア度は高いかと思います。

      オーバーハンドパスが飛ばない!?これで飛ぶぜ

      これを完全にマスターしたあかつきには、あなたは「自分を改善する立場」から「後輩達に教える立場」になるでしょう。
      道のりは厳しいですが、「努力なくして栄光なし!」
      頑張って下さいヽ(・∀・)ノ

    • 2016年 5月 29日

    こんにちわ!

    間違っていたら失礼ですが、蒲生の外部の先生ですか??

    今日蒲生中に、練習試合さしてもらいました!

      • 赤鬼
      • 2016年 5月 29日

      Yさんへ
      こんにちは!M原中学の生徒さんですね。
      本日はお疲れ様でした。

      蒲生の外部ではなく、今は色んな所に行ってますよ。
      僕の説明、声が届いてなくてわかりにくかったでしょ?( ̄▽ ̄;)

    • ひかり
    • 2016年 12月 09日

    中2の女子バレー部です。
    フローターサーブが入りません。
    入る時もありますが、先生から「体重のかけ方が違う」や「もっと体全身を使って」などと言われます。
    意識してやっているつもりですが、なかなか入りません。
    入ると言っても、ネットギリギリです。大半がネットにひっかかります。
    体重のかけ方や体の使い方のコツを教えて下さい。

      • 赤鬼
      • 2016年 12月 11日

      ひかりさんへ。
      コメントありがとうございます。そして返信がかなり遅れてすいません。

      さて、ひかりさんのフローターサーブの問題解決の方法ですが・・・
      言葉だけではなかなかわかりにくいかと思います。

      なので・・・ひかりさんの問題を解決する方法をピックアップした記事を作成しました。
      かなり細かく解説してますので参考にしていただければ幸いです。
      その記事が下記リンクに載せていますのでご覧下さい。

      http://ikkitousen0413.com/archives/5451.html

      最近、寒くなってきてインフルエンザも流行っていますので体に気をつけて頑張ってくださいヽ(・∀・)ノ
      あなたのフローターサーブが入る事を心から願っています。
      またわからない事があれば気軽にどうぞ!!

        • ひかり
        • 2016年 12月 19日

        (返信遅れてすみません)
        ありがとうございます!
        部活で練習したら前よりもサーブを入れることができました!
        本当に感謝しています!

        赤鬼さんもインフルエンザにならないように体に気をつけてください!

          • 赤鬼
          • 2016年 12月 20日

          ひかりさんへ

          おぉっ!!!!
          やったじゃないですか!!!!
          いくら僕が情報を提供させていただいてとしても、「行動に移す」これができないとあなたのサーブは入らなかったかもしれません。

          自分でネットで調べ、勇気を出して自分の問題点をコメント欄で聞いた。
          その後、素直に実行に移した。
          全てあなたの努力の賜物(たまもの)です。
          僕はあなたの上達の踏み台になれた事がとても嬉しいヽ(・∀・)ノ

          ポイントをおさえて練習したら必ず上達できます。
          そうしたらバレーがもっと楽しくなりますよ♪
          更なる高みを目指してお互い頑張りましょう!
          また僕のサイトに来てくださいねヽ(*´∀`)ノ

    • しおり
    • 2016年 12月 24日

    はじめまして!
    中学二年生で、副キャプテンをやっています。
    バレー歴は1年半くらいで、中一の時はレギュラーにすら入れなかったのに、声が大きくて雰囲気作りが出来るという理由で副キャプテンをさせてもらえることになりました。
    ポジションはレフトです。私の対角の子がエースですが、私もエースと呼ばれるほど強いスパイクが打ちたいです。トスに完全に合った!と思って打っても、うまくミートができず、回転がかからなかったり、ミートが出来ても速さや角度がつかず、通りかかった先輩に綺麗にカットされるほどです。エースとの身長は5センチくらいしか変わらないのに悔しいです。どうしたら全身の力がかかるスパイクが打てるようになるでしょうか。また、最近フローターサーブの練習も始めました。前の方はコースもコントロール出来るようになり、変化するサーブが打てるようになったのですが、エンドライン付近の長いサーブがどうしても打てません。スイングを早くしてもサーブが早くなるだけで前に落ちてしまいます。ボールを叩く位置が悪いのでしょうか?何かアドバイスをいただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

      • 赤鬼
      • 2016年 12月 25日

      しおりさんへ。
      コメントありがとうございます。赤鬼です。
      返信が遅れて申し訳ありません。

      さて、早速ですが しおりさんの悩みを解決するために微力ながらお手伝いさせていただきましょう。
      まず、力強いスパイクを打つためのコツです下記の項目が大切です。

      1. 「助走」「タイミング」「フォーム」を確認する。

      2. 筋トレを行い自分自身の基本性のをアップさせる。

      3. 体の使い方をしっかりとマスターする。

      まず自分自身の「助走」「タイミング」「フォーム」を確認して下さい。(しおりさんのコメントから推測すると助走とタイミングはさほど問題なさそうなのでフォームを重要視してみましょう。)

      ※ 今回は項目が多そうなので最後に参考にするためのリンクをまとめて張りますのこのまま読みすすめて下さい。

      「助走」「タイミング」「フォーム」の確認ができましたら、同時進行で筋トレをやりましょう。
      筋トレ・・・めっちゃしんどいし嫌ですよね(´Д`;)

      しかし、この「めっちゃしんどい筋トレ」をやる、やらないではスパイクの威力は大きく変わってきます。
      強力なスパイクを打つために必要な筋トレは「腹筋」「背筋」の体幹と「肩」「手首」の4つです。
      そしてスポーツの基本となる足腰を鍛えるためにも下半身のトレーニングも必要となります。
      こちらも後半でピックアップしますのでこのまま行きましょう。

      最後に体の使い方ですが、これもフォームの内容に入るかもしれませんがジャンプした時にしっかりと右半身が後方へ引けているか確認して下さい。
      ちゃんと引けていたら腰を素早く回転することを意識してスパイクを打ってみましょう。
      手打ちみたいなフォームだと強力なスパイクはできませんからね( ̄▽ ̄;)

      さて、スパイクの参考記事をピックアップしますね。

      「助走」「タイミング」「フォーム」の参考記事はこちら
      ※ 【バレーボール スパイクのコツ】競技歴20年の集大成を今ここに!

      筋トレの参考記事はこちら

      ※ 【背中のトレーニング】女性や初心者におすすめの方法はこれ

      ※ 【女性の腹筋を割るためのメニュー】マニアックなあれもアレも公開!

      ※ この腹筋トレーニングのバイシクルクランチと言うメニューを重点的にやってみてください。

      ※ サイドレイズの重量とフォーム 三角筋を鍛えてモテボディを目指そう!

      ※ しおりさんは中学生なので高重量はケガの元です。500mlのペットボトルで20回を1セット×3をやりましょう。

      ※ 手首の鍛え方 ダンベルとそれ以外のトレーニング7選詰め合わせ

      ※ 中学生だと「グーパー運動」や「お風呂でのスナップ」を強くすすめます。

      そして下半身のトレーニングですがジャンプ力の向上のために以下の二つを徹底的にやりましょう。

      ※ ふくらはぎの筋トレメニュー「カーフレイズ」初級~上級まで

      ※ 瞬発力を要するバレーには「ちょっぱやモード」がおすすめです。

      ※ ブルガリアンスクワットを効果的に行う方法 女性~鬼レベルまで

      ※ ブルガリアンスクワットはジャンプ力に必要な「お尻の筋肉」を重点的に鍛える事が可能です。

      ついでにもう1つ、スパイクを打つときにミートがうまくできていないとの事なので、もしかすると「かぶっている」かもしれません。
      ミートの上達のための記事と「かぶる」の改善方法の記事も貼っておきます。

      ※ 【バレーボール スパイク ミートのコツ】上半身の動きを徹底検証

      ※ バレーボール スパイクがかぶる!? 原因と解決方法はこれ!

      リンクだらけになってしまいましたね( ̄▽ ̄;)
      まぁ、直接見たらもっとアドバイスしやすいのですが、とりあえず必要な部分を厳選してみましたので参考にしてください。

      少し長くなったので、一度スパイクの項目だけで切りますね。
      次の返信でサーブに移りましょう。

      • 赤鬼
      • 2016年 12月 25日

      しおりさんへ。
      さて、気を取り直して「サーブ編」に行きましょう。

      フローターサーブをエンドラインまで飛ばしたいがスイングを早くしても前に落ちるとの事・・・。

      これの原因としては「筋力不足」か「ボールのとらえる位置」「フォーム」が挙げられます。

      まずはエンドラインからボールを思いっきりぶん投げてネットを越える事が出来たら最低ラインはクリアです(まぁ、サーブが入らないってわけではないので大ジョブうそうですが・・・)
      ただ、筋力はあるに越したことはないのでトレーニングをやってライバルに差をつけましょう。

      フォーム的にもさほど問題はなさそうな感じがうかがえますので、ボールをとらえている位置に目を向けてみましょう。
      「ボールをエンドラインまで飛ばすためにはどうしたらいいですか?」この質問、昔ある中学校でされたことがあります。

      その子は筋力的に少し弱かったためボールを叩く位置を変えるように指示しました。
      するとちゃんとエンドラインまで飛びましたので同じアドバイスをさせていただきます。

      通常サーブは「ボールのど真ん中を叩け」と言われています。
      ただ、それだとエンドラインまで届かない場合があります。
      ですからボールのど真ん中ではなく「ど真ん中よりも3cm~5cm程度下」を叩くようにしてみてください。

      もちろん3cm~5cmなんて正確な数値の場所を叩くなんて無理です。
      あくまでイメージだと覚えておいてください。

      ボールの下の方を叩いてしまうと山なりのゆるいボールになりますので微調整してください。
      後は、ボールのトスを見直してみましょう。
      こちらの記事をまずご覧下さい

      ※ フローターサーブのコツを掴むために超重要な二つの項目はこれ!

      この記事でわかると思いますが僕のフローターサーブは若干かぶり気味です。
      これは癖でもありますが、ややかぶり君の方が遠くへ飛びやすくなります。
      トスの位置を微調整してみて行うようにしましょう。

      もう1つ付け加えるとしたら体重移動と体の回転を見直して見てください。
      特に体の回転スピードを上げると、ボールに加わる力も上がるのでおすすめです。
      コツとしては後ろ足をつま先立ちにして、早く回転させてみてください。
      すると不思議なことに右半身の回転も早くなります。

      とりあえず現時点でのアドバイスはここまでです。
      これで入らなければ途中経過を教えてくださいヽ(*´∀`)ノ

      そして、しおりさんは声が大きく雰囲気作りが出来るムードメーカーとの事。
      これは全ての人ができるわけではない しおりさんの武器です。
      周りの気力を上げれるとチームのパフォーマンスも自然と上がるもの。

      しおりさんが上達すれば更にチームを勢いづかせる事が可能ですので頑張って、焦らずに上達を目指しましょう。
      もうすぐお正月休みで部活も休みかと思いますが、風邪などに気を付け良い新年を迎えてくださいね(^▽^)

    • しおり
    • 2016年 12月 25日

    ありがとうございます!( ; ; )
    詳しく書いていただけて、やる気のなかった筋トレにもやる気が出ました!
    質問なのですが、背筋のトレーニングは、どれをやればいいでしょうか……?
    他のトレーニングはオススメのものや、自分の好きなものを選びましたが、背筋のトレーニングがどれが良いかわかりません泣
    教えてください!
    また、サーブもスパイクもすごく説明がわかりやすく、大変ためになりました。本当にありがとうございます。

      • 赤鬼
      • 2016年 12月 26日

      しおりさんへ。
      コメント返信とてつもなく早いですね。
      今までコメントをくださった方の中で一番早いです。
      この事からも向上心の高さをうかがえますね(^▽^)
      う~ん、素晴らしいっ!!

      背筋のトレーニングですが、あえて言うなら「ラットプルダウン」ですかね。
      理由は個人的に好きなだけだからです(笑)
      ただ、中学生でも出来るようなメニューが全てですので色んなメニューをやるのも良いでしょう。

      中学生の筋トレは基本的にはNGと言われています。
      理由は「骨の成長を妨げる」「怪我の元になる」等々。
      しかし、それは高荷重を扱うウェイトトレーニングに関してです。
      むしろ筋トレは成長ホルモンが出ますので、どんどんやりましょう。

      ついでにあえて他のバレー選手のトレーニングに絶対に入っていないメニューをご紹介しましょう。
      こちらです。

      ※【家で出来る有酸素運動】本当に効果が高いものはこれ!

      ムエタイです!
      これは有酸素運動と筋トレが同時に出来るだけでなく、体の連動性の感覚を養うために非常に効果があります。
      ※もしもやる場合はペットボトル等の少し軽いものを持ってやる事がおすすめです。

      実際に僕もムエタイを始めてスパイクの威力が無茶苦茶上がりました。
      ブロックついてても真っ直ぐ打ってふっ飛ばすくらいの威力になれました。

      相手のブロッカーがいようがいまいがテクニックなんておかまいなしで「力でねじ伏せる」
      これって、しおりさんが目指してるスタイルではありませんか?
      だとしたら僕らは同類って事になりますね(笑)

      さすがにブロックをふっ飛ばすのは無理でも、自分のスパイクを受けたブロッカーが痛がるくらい強力なスパイクを目指しましょう!
      結局、どのスポーツでもそうですが「影の努力をした者」が更なる高みを目指せるのですから。
      頑張ってくださいねヽ(*´∀`)ノ

    • しおり
    • 2016年 12月 27日

    あわわ、ありがとうございます!!
    返信早いのはずっと待ってたからですかね……(笑)

    今日練習試合ですごく調子が良かったです、赤鬼さんのおかげです。( ; ; )
    背筋のトレーニングと、ムエタイ、やります!
    冬休みのトレーニングはスケジュールを組んでみました(笑)

    一月の中旬に試合があって、相手が県ベストスリー、私のチームはしたから数えた方がはやい……って感じなので、本当に本当に頑張ります。ありがとうございました!

      • 赤鬼
      • 2016年 12月 27日

      しおりさんへ。
      返信ありがとうございます。

      練習試合お疲れ様でした。
      調子が上がって来て何よりです。

      さっそく冬休みのスケジュールを組まれたのですね。
      あなたの意識の高さには頭が下がります(^O^)

      さて、一月中旬に試合があるとの事で相手は格上のようですね。
      格上との差を一気に縮める事は現実問題厳しいです。
      では、格上を倒すための心構えを教えましょう。

      「実力は確かに君たちの方が上だろう。だけと・・・勝つのは私達だ!!」
      これは一年前に僕にバレーを教えてくれた愛知県の大学の先生の受け売りですが、非常にいい言葉ですのでパクらせていただきました(笑)

      実際、僕もかなり昔に社会人バレーで格上と勝負しました。
      相手は全国制覇もした事がある超強豪でしたが、実力では劣る僕らが勝ちました。
      その時の気持ちが上記の言葉通りだったわけではありませんが、気持ちが異常に高ぶってプレイのパフォーマンスが上がった事を今でもハッキリと覚えています。

      精神論だけに頼るのはいけませんが、人間気持ち一つでここまでプレイが変わるのかと非常に印象を受けた試合でした。
      少し自分の話しばかりしすぎましたね( ̄▽ ̄;)

      しおりさんはムードメーカーとの事なので、上記の言葉を皆でシェアしてください。
      そして筋トレのメニューもねヽ(・∀・)ノ

      正直、自分自身でアクションを起こして手に入れた情報・・・みすみすライバルに教える事は心苦しいでしょう。
      僕が しおりさんの年頃の時だと死んでも教えなかったでしょう(笑)
      ですがバレーはチームスポーツ。

      個人の能力が高いだけでは試合に勝つ事は難しいと言うもの。
      皆で強くなるために練習し、良い情報はシェアする。
      そうすればチームの強さも当然のごとく底上げされます。

      特に筋トレなんて自分自身との戦いなので「やる気」継続し続ける事は、よほどメンタルが強くないと難しいです。
      お互い頑張る仲間がいたほうがモチベーションも維持しやすいですよヽ(・∀・)ノ

      まぁ、どうしても教えたくないというのであれば、まずはあなたが実力を上げて皆に教えて上げると言うのもありかもしれませんね。
      僕個人としては、皆でシェアしてライバルを作る方がトレーニングにも気が入るので、こちらをおすすめします。

      しおりさんのチームの勝利に少しでも貢献できるように、近々「強力なスパイクを打つ方法」の記事をアップします。
      明後日、久しぶりに違う大阪の中学校に行くのですが、そこで撮影できたら、すぐに記事作成に取り掛かりますので少々お待ちください。

      良い結果を出せるように頑張りましょうヽ(´▽`)/

    • しおり
    • 2017年 1月 07日

    返信遅くなってしまって本当にごめんなさい。
    昨日やっと筋トレを再開しました。

    私事なのですが、私のチームのエースとチーム1高身長のブロッカーが怪我で試合に出れそうにないです。すごく雰囲気が悪くなってしまい、正直部活に行きたくないです。
    ここで私がしっかりしないととは思っているのですが、プレーで引っ張っていくこともできないですし、私はどうすればいいのでしょうか?

      • 赤鬼
      • 2017年 1月 08日

      しおりさんへ
      こんにちは。
      赤鬼です。

      エースとブロッカーが怪我で試合に出れないとの事。
      とても残念ですねo(TヘTo)

      それによりチーム内の雰囲気が悪くなり、しおりさんも部活に行きたく無いレベルとは相当 事態は悪化しているようですね。
      ただ、それで部活に行かないと言うのはいただけません。
      そんな時だからこそ行くべきです。

      人一倍責任感の強いあなたですから、より「何とかしなくっちゃ」と言う気持ちが強く苦しんでいる事でしょう。
      さて、ここで僕ができるアドバイスと言えば・・・・「皆で今後の事を話し合いをする」という事です。

      情報量が少ないので的確なアドバイスとは行きませんが、しおりさんのコメントから推測すると皆何かしらの不満があるはずです。

      その話し合いをする機会を設けるために、まずは皆に「今後の事を話し合いたい」と伝えましょう。
      「今更何を話し合うの?」と言う雰囲気が出ているのであれば顧問の先生に相談してみてはいかがでしょう?

      そして話し合いの場ができたのであれば、絶対にやってはいけない事が「怪我をした二人を責める」と言う事です。
      大なり小なり怪我をして一番苦しいのは、怪我をして試合に出れなくなったお二人のはず。
      そこで「あんた達のせいで試合に出れなくなった!!どうしてくれる!?」と言ってしまおうものなら事態は更に悪化するでしょう。
      それに二人を責めて試合に出れるようになると思いますか?

      ですから、怪我をした二人には「今度は絶対に試合に出よう!だから最速でケガの治療にあたりつつ筋トレしてっ!」と僕なら言うでしょう。
      (ここで不満そうな顔で言わないのがポイントです)
      本人たちに後悔の念があるなら、だいたいこれで行けると思います。

      ただ、問題は他の部員の人達。
      今まで公式戦に向けて頑張ってきたのに、出れなくなったのですからイライラは最高潮のはず・・・。

      ですから、相手の不満を聞きつつも「今後どうすべきか前向きに話しあいをするべきでしょう。」
      だいたい僕の経験上、女子中学生のと言うものは「不満な気持ちを誰かに聞いてほしい」と言う傾向が強いです。
      そんな時、ひたすら聞きに徹していれば相手もすっきりして不満も解消される事が多かったように思いますね。

      そこでヒートアップしてきたら、あなたが「気持ちはわかるけど一回落ち着いて。皆も落ち着こう」と冷静に対処しましょう。
      長文になったので少しまとめます。

      〇 今後、しおりさんがやった方が良い事
      1. 部員の人と話し合いの機会を設ける

      2. 怪我をした二人を責めない

      3. 他の部員の不満を冷静に聞く

      この3つですね。
      これで必ず事態は改善されると言う保証ははっきり言って断言できません。

      ただ、しおりさんのコメントを読んでいる感じだと、他のメンバーの方々は不満が溜まってしょうがない感じです。
      「冷静に話を聞きつつ、皆に前向きに考えるようにさせる」これが一番ベストだと思います。

      長文になりましたが、アドバイスになりました?(^_^;)
      大丈夫っ!!
      何とかなりますよっ!

      1月中旬の試合で勝つ機会が少し伸びただけの事じゃないですかっ!
      明るく前向きに行けば事態はきっと良い方向へ行きますよ。
      頑張れ!
      しおりさんヽ(・∀・)ノ

        • しおり
        • 2017年 2月 09日

        ありがとうございました。
        赤鬼さんからの返信を読んでから、試合に出ました。心が軽くなり、チームメイトに1度しっかり話をしてみると、皆号泣しながら話を聞いてくれました。すごく団結できて楽しかったです!!結果は負けに終わってしまいましたが。。。

        そこで、赤鬼さんに聞きたいことがあります。
        私はスパイクを強く打ちたいです。筋トレも続けてます。いまいち変化がありません泣 やり方が悪いのでしょうか? 正直、エースの子とは入りたての頃は私の方が強かったと思っています。先生にもしおりがエースを張ることになりそうだ、と言われたこともありました。でも、いつの間にか差は大きく開き、完全に私の方が弱く、悔しいです。きっとエースの子は私とは桁違いの努力をしたのだと思います。 私と彼女はポジションが同じレフトなのですが、彼女が前衛の時と私が前衛の時のポイント数が全く違います。 本当に悔しいです。 どう頑張ればいいのでしょうか、、、 このまま筋トレをするべきですか? それとも、センスの問題でしょうか泣

          • 赤鬼
          • 2017年 2月 11日

          しおりさんへ
          お久しぶりです。
          なかなかお返事がいただけなかったので
          「まさか自分のアドバイスで状況が悪化したのか!?(;゚Д゚)」
          と一人でオロオロしていました。

          何はともあれ試合お疲れ様でした。
          県ベストスリーが相手だと、実力の差は急には埋まらないもの。
          でも、あなた方は少なからず前より前進したはずです。

          なぜならバレーにおいて とても大切な「一致団結」という事を成し遂げたのですから。
          とは言え、ここで新たなる壁にぶつかったようですね。

          「ライバルとの差が開いて来た。」

          これはですねー、なかなか焦りますよね( ̄▽ ̄;)
          ここで僕からのアドバイスですが、まずは相手を認めましょう。

          しおりさんには馴染みが薄いかもしれませんが、その昔「タイガーウッズ」と言うプロゴルファーがいました。
          そのタイガー、大きな大会の決勝戦で相手のパッティングの時に普通では考えられない事をしました。

          相手がパッティングを外せば自分の勝ちなのに、何と相手のボールがカップインする事を願っていたのです。
          「俺はタイガーウッズだぞ!?こんなパッティングを外す奴とこれまで戦ってきたんじゃない!入れろ!入れろ!」
          てな感じで。

          結局はパッティングは失敗に終わり、その時のタイガーは不服そうな顔をしていたそうです。
          ですから しおりさんも
          「ナイスキー! 私のライバルならこれくらいはやってもらわないと!」
          これくらい大物ぶってOKです!

          なぜこんなアドバイスをするかと言うと、今のしおりさんは明らかに「焦り」が見られます。
          焦りと言うネガティブな思考は脳を刺激し、筋肉の硬直が生じます。
          その結果、パフォーマンスは低下…。

          自分が決めたい!
          自分がレフトで多くポイントを稼ぎたい!
          これではただの「我(が)」です。
          常にチームのために自分ができる事を考えましょう。

          とは言え、しおりさんの気持ち・・・

          ものすごーーーーーく!わかります!
          そりゃ中高生くらいならそう思いますよね!
          私が一番決めてやる!
          それくらいの気持ちが無けりゃレフトは務まりませんぜ!

          先ほどとは真逆の事を言いましたが、裏を返せばその気持ちも大事だと言うことです。
          今の中学生でそこまでハングリー精神持っている子はなかなかいませんよ。
          素晴らしいです。

          では、しおりさんのスパイクの決定率を上げる方法ですが…
          正直わかりません。
          理由は情報が少なすぎるからです。

          とりあえず筋トレは続けましょう。
          あくまで自身の基本性能を上げるものなので継続が大切です。
          また、筋トレの効果は2~3ヶ月くらいかかるので、先ほど同様「焦り」は禁物です。

          でもこれだけじゃあ
          「このバカ鬼が、全く役に立たないじゃん。バーロー」
          と思われても仕方ありません。

          ですから、スパイクの決定率を上げるために問題を一つ一つ潰して行きましょう。
          まず、こちらの項目を教えてください。

          1. スパイクを打っている時に自分で気づいた問題点。

          2. 先生から指摘されている事。

          3. 先生からどんな指導されているか。

          4. スパイクのメニュー。

          この辺りですね。
          特に1と2の情報が欲しいですね。

          まずは自分を客観視して問題解決に取り組みましょう。
          大丈夫!
          微力ながら僕もお手伝いさせていただきますよ(*´∀`*)

          センスの問題と感じておられるようですが、センスなんて「磨いて当然、磨かないと衰えるもの」です。
          「センス、センス」と言いますが、それだけでスパイク決めれるなら苦労しませんよ。

          現にセンス皆無の僕は、センターのくせに たまーにノリでレフトを打ちます。
          この時、フェイント、コース打ちは基本使いません。
          しおりさんの言うセンスがあれば、使って決めるのでしょう。

          しかしセンスの無い僕は、ブロックガン無視で真っ直ぐ打ってパワーで強引に点を取ります。
          こんな決め方もあるのだと覚えておいてください!

          少し脱線しましたが焦らず問題解決に取り組みましょう!
          では、上記の情報をお待ちしております。(´∀`)

            • しおり
            • 2017年 2月 11日

            追加で今日の練習で感じたことを書かせてください。
            ボールに手が当たっていないからか、ボールに回転がかかっていないポヨーンみたいなボールが多いな、と思いました。 バン! っていうスパイクが打ちたいです。

            • 赤鬼
            • 2017年 2月 12日

            しおりさんへ。
            お疲れ様です。赤鬼です。

            今日はとんでもなく寒いですね。
            僕の住んでいる大阪でも雪がちらついていましたよ( ̄▽ ̄;)

            それでもムエタイの練習では汗だくでした。
            さて、このムエタイの練習で最近使っている方法がもしかするとお役に立てるかもしれません。

            まずは しおりさんの問題点をまとめてみましょう。

            1. スイングが振り切れていない。

            2. タイミングがあっていない。

            3. ジャンプ力が無い

            4. 真っ直ぐにスイングができていない

            5. 力んでいる

            6. ボールに前回転(ミート)ができていない。

            まず「振り切れていない」と「力み」は実際に言葉に出してみると改善される可能性があります。
            例えば振り切れていない場合、スパイクを打つ時に「振り切る・・・振り切る」と念仏のように声に出してみるのです(小声でも効果あり)

            力み方も同様に「リラックス・・・リラックス」と言った感じです。
            僕もムエタイのスパーリングの時に自分で力んだ時によくやりますが、声に出すと体に直接作用し力みが消えます。

            THE 人体の不思議です。
            これは他の問題でも応用可能かもしれません。

            例えば4の項目「真っ直ぐボールに手が当たら無い」の問題解決方法としては助走の最後の踏み込みで「左足の位置」がポイントとなります。
            ボールの落下地点に対して左足を左方向へ踏み込み過ぎるとボールの真芯がずれます。
            逆に右に左足を踏み込むとボールの右側を叩く傾向が強くなります。

            もしも自分がボールの右を叩いてしまったら左足の位置が やや右側にあるので「左の方へ踏み込む」と言ってみるのもありかと思います。
            ただ、この声に出す方法の弱点は「同時に色んな事ができない」です。

            一つ問題を解決したら次の問題で使ってみるように順番にやってみてください。
            それと補足ですが4番目の「真っ直ぐに手が当たっていない」は可能であるならば空中ではなく地上でやってみるのもありですよ。

            地上で落下地点が上手く予測できるようになってから空中で打つのも良い微調整になります。
            これは一人でも練習可能なので一度やってみてください。

            さて他の問題点もどんどん行きましょう。
            続いて問題点2「タイミングがあっていない」ですが、これは反復練習あるのみです。

            とはまずはテンポを理解するために、こちらの記事を参考にしてみてください。

            ※ バレーボール スパイクのタイミング 重要なポイントはこれ!

            とは言え、いくらこの理屈がわかったとしてもトスを上げるセッターも人間。
            全く同じトスを毎回、正確に上げてくれるわけはありません。

            自分が予想していたよりも高かったり低かったり・・・。
            そんな時は少しフォームを変える必要があります。
            この記事を参考にしてみてください。

            ※ 低いトスの打ち方

            ※ 高いトスの打ち方

            ボールに回転がかからずにポヨーンってなっているのもタイミングが悪いか、もしくは若干カブっている可能性がありますね。
            まずはタイミングとカブっていないか確認してみましょう。

            カブるのを防止するためにはこの記事がおすすめです。

            ※ バレーボールのスパイクがかぶる!?原因と解決方法はこれ!

            最後のジャンプ力が無いはまずは助走を見直してみましょう。
            いくらジャンプに必要な筋力があったとしても、助走が悪いと高く跳べません。
            こちらの記事をごらんください。

            ※ 【バレーボール スパイク助走のポイント】重力の鎖を断ち切れ!

            これで一応、改善策はお伝えできたと思います。
            しかし、これで改善されるものもあれば新たなる問題が発生する可能性もあります。

            でも焦らないようにしましょう。
            バレーのスパイクは と~っても難しいプレイなので一歩一歩確実に行きましょう!
            しおりさんが猛打を放てるように、僕も付き合いますよヽ(*´∀`)ノ

    • しおり
    • 2017年 2月 11日

    返信ありがとうございます。ああ、返信遅くなっててすみません、、 とんでもないです、赤鬼さんのおかげで楽しく試合が出来ました!

    1 自分で気づいたこと
    いまいち振り切れていない
    タイミングがあっていなくて最高打点で打てていない
    ジャンプ力が無い

    2先生によく言われること
    ボールに対して手が真っ直ぐに当たっていない
    力が入りすぎている

    3指導されていること
    うちのクラブは基本見て学べと言われています、、

    4メニュー
    センターレフトライトと10本ずつセッターの投げあげるトスを打ち、コンビでセッターから上がるトスを打つ、という二つのメニューだけです

    何かもう少し情報があった方がよければ教えてください。よろしくお願いします。

    • しおり
    • 2017年 2月 12日

    ありがとうございます!!!
    ひとつひとつ読ませてもらいました。 本当に参考になるものばかりで有難いです、、!筋トレも続けて頑張ります。

    今日スパイクが強い先輩を見ていると、すごく反っていたり、肩の柔らかさ(?)を使ったりして、とにかく体全体で打っている感じがするなあと思いました。私はなんだか腕の力だけで打っているように思います。また、体を反ろうとしてみても、ジャンプをあまりしてないからかうまく出来ず、練習しないと、と思いました。この考え方は合っていると思いますか??もし何かアドバイスがあれば教えてください!

      • 赤鬼
      • 2017年 2月 13日

      しおりさんへ
      こんばんは。赤鬼です。

      練習お疲れ様でした。

      今日スパイクが強い先輩を見ていると、すごく反っていたり、肩の柔らかさ(?)を使ったりして、とにかく体全体で打っている感じがするなあと思いました。

      そうです。
      大正解です!

      内旋、外旋って言葉をご存知ですか?
      自分から正面を見て右半身を後方へ引く動作を外旋。
      ボールを打つ時に体を引き戻す動作を内旋と言います。

      この体全体を使っての打ち方こそが破壊力を生み出すポイントなんです。
      参考程度にこの記事をご覧下さい。

      http://ikkitousen0413.com/archives/4374.html

      これは僕がバックアタックを打っている画像がありますが、思いっきり体を後ろへ反らせています。
      空中で体を反らすためには背筋が必要で、ボールを打つ時に体を戻すためには腹斜筋(脇腹の筋肉)が必要になってきます。

      ただ、いくら腹斜筋や背筋が強くても最後の踏み込みの時に両足がネットに対して正面に向いていると後方へ反らす動作は難しいでしょう。

      まずは助走の最後の踏み込みの時に両足が斜めに向いているか確認してください。
      目安としては正面が時計の12とするなら、両足は1か2の方向へ向けるようにしましょう。

      いや~、しかし見事な観察眼。
      素晴らしいです!

      その調子で上手い人のフォームやタイミングをどんどん盗みましょう!ヽ(・∀・)ノ
      また結果を教えてくださいね♪

        • しおり
        • 2017年 2月 19日

        お久しぶりです。
        赤鬼さんに教えてもらったことを意識してやってみると全身筋肉痛が止まりません。(笑)
        今までどんなに体使えてなかったねん!ってツッコミたくなりました。

        赤鬼さんに教えてもらったことを続けて頑張ろうと思います!また何かあれば報告します!本当にいつもいつもありがとうございます!

          • 赤鬼
          • 2017年 2月 21日

          しおりさんへ
          こんばんは。赤鬼です。

          いや~、そんな筋肉痛が起こるまで頑張るなんて努力家ですね♪
          僕の中学時代でもそこまでやりませんでしたよ。

          なかなか良い傾向に進んでいるようなのでそのまま頑張りましょう。
          実は今回、筋トレの記事を作成しました。

          以前、しおりさんへ紹介させていただいたトレーニング方法がほとんどですが、随時更新して行くのでブックマークでもしていただければと思います。

          そして、この記事を作成するにあたり、お恥ずかしい話モチベーションがダダ下がりでした。
          そんな時に しおりさんからのコメントがあり「自分の記事を読んでくださっている読者さんのためにも頑張らないと!」と言う気持ちが湧き出て何とか完成にいたりました。

          今回は しおりさんに助けられましたねヽ(*´∀`)ノ
          もうすぐ新入生が入ってくると思いますが、「さすが上級生!」と言われるように今からガッツリ鍛えましょう!
          またの報告楽しみにしております。

          あっ、筋トレの記事のURLも載せておきますね♪

          http://ikkitousen0413.com/archives/5891.html

          それではまたヽ(・∀・)ノ

            • しおり
            • 2017年 2月 25日

            筋トレの記事読ませてもらいました!!
            やっぱり赤鬼さんの記事すごく好きです(*^^*)!これからも楽しみにしてます!

            最近、、、正直、、筋トレが、、めんどくさいです、、、毎日やるのが疲れます、、それでもやっぱり筋トレは毎日やるべきでしょうか、、?? スパイクを強く打ちたいのにこんなに甘い自分が嫌です泣

            • 赤鬼
            • 2017年 2月 26日

            しおりさんへ
            おはようございます。

            筋トレがめんどくさい?
            その通りですヽ(・∀・)ノ

            そうなんです。
            筋トレって地味でめんどくさくいんです!

            僕も少々説明不足な部分がありましたね。
            筋トレは毎日行う必要はありません。

            この話はしましたかね?
            一応、しておきます。

            筋トレをすると筋繊維がブチブチ切れて、それが修復されて筋肉は太くなります。
            この切れた筋繊維を回復させるために24時間~48時間必要です。

            この回復して筋肉が太くなる現象を超回復と呼ぶのですが、この事からもわかるように筋トレは2日に一度やるようにしてください。

            そして頑張り屋さんなあなたの事なので、自宅でもトレーニングに励んでいることでしょう。
            正直、自宅ではリラックスモード前回になるため より一層「めんどくさい」と言う気持ちが生じます。

            なのでおすすめは登校前のわずかな時間ですね。
            登校時間がせまってくるというプレッシャーがあるので、とても集中できます。
            一度お試しあれ。

            後は学校の練習のスキマ時間を使ってやる事ですね。
            先生のが見えるところでやるとアピールにもなりますし。

            でも他の部員が真似したら差がひらかないじゃないって思うかもしれませんが(そう思わなければごめんなさい)
            どこの中学でも筋トレはほぼ我流・・・

            正しいやり方を勉強している しおりさんとでは効果は雲泥の差ですよ♪

            思いっきり暴露しますが、僕も筋トレ苦手です。
            スポーツジムに通っているときなんて、めんどくさすぎて1ヶ月行かない時もありました。

            ただムエタイジムに通ってからは、きちんとやるようになりました。
            それはなぜか?

            筋トレをやる意味合いが出来たからです。
            もっと強い蹴りを出すために・・・
            もっと強いパンチを打てるように・・・
            このように鍛える意味がはっきりするとモチベーションも保ちやすくなりますよ。

            あまり詰めすぎず ゆるーく考える方が筋トレのやる気も維持しやすくなりますよ。
            頑張ってくださいヽ(・∀・)ノ

            ちなみに先ほど書き上がった記事があるので、お時間がある時にでもごらんください。
            脇腹を鍛えるトレーニング方法ですが、スパイクを打つときに必要になってきますので。

            http://ikkitousen0413.com/archives/6116.html

    • しおり
    • 2017年 3月 02日

    2日に1回にしてみると、楽に続いて全然筋トレ嫌だな〜とか思わないです!(いまのところ)

    今日久しぶりに顧問の先生が部活に来ていて、その時に
    「投げ上げのトスは上手に打ててた。でも、セッターからオーバーで上がるトスはボールにまっすぐ手が当たってなくて、高い位置で打てていない」と言われました。確かにセッターから投げられるトスはとても気持ちよく打てて、初めてこれがスパイクか!と思いました。

    試合と同じように上がるトスと投げ上げのトスで違いはありますか…?全然わからなくて、なんで出来ないのかわからなくてイライラしてしまいます…。
    何かコツがあれば教えてください。泣

      • 赤鬼
      • 2017年 3月 03日

      しおりさんへ

      こんばんは。赤鬼です。
      さてさて、手投げのトスでは上達が実感できる程打てているようですね。
      なかなか良い感じです♪

      しかしセッターが上げるトスだと上手く打てない・・・。
      これは正直言って「数をこなす」しかありません。

      セッターによっては、ほぼ腕を伸ばした状態でトスを上げる人もいれば、若干ボールを持ってトスを上げるセッターもいます。
      (主に中学生)

      この場合、コンマ数秒の誤差が出るためタイミングが掴みにくい傾向があるのです。
      ですから「数をこなす」と言いましたが、セッターとコミュニケーションをとりつつスパイク練習をする事をおすすめします。

      例えば・・・練習前にこう言ったりしてみてはどうでしょう。

      「今日、トス合わせたいから色々注文するかもしれない。悪いけど協力してくれない?」

      「タイミングが合うように色々要求していいかな?一番ベストなトスとかタイミングとか知りたいんだけど。」

      後は練習が始まったら

      「ごめん。もうちょっと高くしてくれない?(低くしてくれない?)」

      こんな感じですかね。

      後はセッターに頼りきりではいけないので自分でもタイミングを早めてみたり遅くしてみたり色々やってみましょう。
      そのためにはまずはテンポを理解するために、こちらの記事を参考にしてくださいねヽ(・∀・)ノ

      ※ バレーボール スパイクのタイミング 重要なポイントはこれ!

      このタイミングがマスターできたら、自分で低いトスや高いトスを打てるようになる方法をご紹介します。
      まずは徹底的にやりましょう!

      大丈夫!しおりさんは教えられた事を素直に実践し、その度に壁に直面するという典型的な上達コースに乗っています。

      今まで見て来た中学生は教えても教えても実践しないため、2~3ヶ月たっても同じようなプレイをする傾向がありました。
      そのため、しおりさんのように新しいことに挑戦して壁にぶつかるなんてありえなかったのです。

      そこは自信を持って大丈夫です!
      またのコメントをお待ちしていますよ(´∀`)

    • しおり
    • 2017年 4月 11日

    お久しぶりです!!!
    たまに自分でもびっくりするくらい打てた!って思うボールが出てくるようになって、すごく嬉しいです、、、!
    その、打てた!って思う時とあーなんか違う…って思う時は、ボールの上を叩けているかボールの横に手が当たってしまっているか、という事だと思います。
    ボールの横に手が当たると変な回転がかかり、アウトになったり、弱いボールになったりして決まりません。
    何か練習方法はあるでしょうか?

    次の土曜日には試合です!次の試合は何だか自信があってすごく楽しみです笑
    いつも丁寧に教えてくださる赤鬼さんには本当に感謝しています。

      • 赤鬼
      • 2017年 4月 12日

      しおりさんへ
      おはようございます。
      現在、朝の5時です。眠っ(´-ω-`)

      しおりさん…むちゃくちゃ成長してるじゃないですか!
      しかも自分で良い悪いの判断をしつつ練習してるなんて素晴らしいですっ!

      ボールの横や上を叩いて入れないって判断が出来るようになって来ているのでフローターサーブも完成間近ですね♪
      ボールの横…僕も しおりさんと同じくらいの頃に監督に注意されました( ̄▽ ̄;)

      でもわかってるのに直らないんですよね。
      しかし、現在の僕は教える側。
      「わかりません。」では済まされません。

      対処法としてはそうですね…。
      「言葉に出してボールを打つ」ですかね。

      どういう事かと言うと、ボールをトスしますよね?
      その時に「真ん中を打つ…真ん中を打つ」と呪文のように声を出しながら打つのです。

      もちろん実際に声に出すと怪しい奴とみなされ、体育館から退場させられかねませんので小声でオーケーです。
      最初の構えの状態から打つまで小声で良いので言いながらやってみてください。

      こうする事により脳がボールの真芯を叩くと認識しますので効果はあるかと思われます。
      それでボールの横や上を叩くのであればトスを調整してみてください。

      ボールの上だと少しトスが低いので、もう少し高くしてみる。
      ボールの右側を叩いているのであればもう少し右にトスを上げてみる。
      こんな感じですね♪

      しおりさんのように目標を達成する子としない子の決定的な違いとは「過程を重視するか否か」です。
      大半の子は「サーブが入るようにするっ!」って目標を掲げますが、そこに行く過程(実際にすべき事)は見ていません。

      サーブが入るようにする→じゃあどうすればいい?→フォームをまずは確認しよう→トスを調整しよう→筋力をつけよう

      こんな感じで完成に至るまでに色々試行錯誤しながら練習方法を変えたりするのが大切です。
      これを難しい言葉でネガティブフィードバックと言います。
      期末テストに出るので覚えておいてくださいね♪(冗談ですよ)

      まぁ、最後脱線しましたが実際に言葉に出してやってみるを実行してみてください。
      今後も僕をボロ雑巾のように使いまくってくれて結構ですので、またコメントください。

      土曜日の試合楽しみですね。
      しおりさんが大活躍するのを期待してますヽ(*´∀`)ノ

        • しおり
        • 2017年 4月 12日

        早い返信本当にありがとうございます涙
        イメージがわいてきて、明日サーブを打つのがすごく楽しみです!

        今日は、前回の試合でフルセットでデュースまで行った結果負けたところと練習試合をしました。
        とても勝てる相手じゃなくて、エースはすごく強いスパイクにさらに磨きがかかっていたし、他の子もすごく成長していて春休みですごく差をつけられた、、、と思いました。
        私は、自分自身、スパイクも強くなってきてる、、?と思うことがあり、自信満々で試合を始めましたが、全然手にあたらずミートできていなかったし、体全体を使って打てていなくて全く決まらず本当に情けなかったです。
        一番反省しているのは、練習試合の合間にセッターの子にトスを上げてもらってたのですが、全く打てず、過呼吸になるくらい大号泣してしまったことです、、、
        自分のメンタルの弱さ、技術の足りなさ、努力の足りなさ、、、とたくさん後悔してしまっています。試合まで時間もないと焦れば焦るほど打てなくなって、決めたいと思えば思うほど決まりません。。
        スパイクでもサーブと同じようにボールの横に手が当たり変な回転がかかってしまっていると思うのですが、これも真ん中を叩くと声に出してやるとよいでしょうか、、?
        明日も今日と同じ相手と練習試合なので、明日こそは一本でもスパイクを気持ちよく決めたいです。
        ちなみに今日は一本も決まりませんでした。

        こうやって文章にしてみると少し気が楽になりました。(笑)

          • 赤鬼
          • 2017年 4月 13日

          しおりさんへ
          練習試合お疲れ様でした。

          そうですか。
          スパイクがなかなか決まらずに悔しくて泣いてしまいましたか。

          ですが、悔しくて泣くのは良いですが自分を情けないと思う必要はありません。
          その相手エースも血の滲むような練習でレベルアップをしたのだと思います。

          その人と比べて自分は全然ダメなんて思う必要はありません。
          では、どうすれば強いスパイクを打てるようになるか?

          まず重要な事が目標をしっかりと立てるです。
          ただし大半の中学高校の選手は「強いスパイクを打てるようになる!」と誤った目標を立てます。

          何がいけないか?
          それは結果に注目してそこに行くまでの過程を見ていないのです。

          強いスパイクを打てるようになる!
          これはこれで間違いではありませんが、もう少し掘り下げるべきでしょう。

          強いスパイクを打てるようなるためには?
          トレーニングを頑張る
          じゃあ、どんなトレーニング?
          肩はどう鍛える?

          フォームはどうか?
          こうしたらもっと強くなる

          こんな感じで過程をしっかりと注目すべきです。
          その過程の中で失敗はたくさんすると思いますが、失敗をしてもかまいません。

          その都度、修正していけばいいんです。
          とりあえずスパイクを横で叩くようであれば「踏み込み」を見直す事をおすすめします。

          ボールの右側を叩くのであればもう少し左で踏み込む。
          左を叩くのであればもう少し右で踏み込む。
          こんな感じで修正していき「強いスパイク」が打てるまで繰り返し練習していくのです。

          相手選手と自分を比べて落胆する必要なんて全然ありませんよ。
          それに強いスパイクだけが点を取る手段ではありませんからね。

          いつでも相談に乗りますので僕をどんどん利用してください。
          質問でも愚痴でもなんでも書き込んでくださいねヽ(・∀・)ノ

    • しおり
    • 2017年 4月 15日

    ありがとうございます。
    すごく元気が出ました。 絶対勝ってきます。

      • 赤鬼
      • 2017年 4月 16日

      こんにちは。
      赤鬼です。

      試合結果はどうでしたか?
      ご自身が満足できる結果だったでしょうか?ヽ(*´∀`)ノ

        • しおり
        • 2017年 4月 22日

        返信遅くなってしまいすみません。

        今まで公式戦で勝ったこと無かったのですが、今回の大会で3勝し、県大会に出ることが決定しました!!!!!涙
        本当に本当に嬉しくて、初めて勝って泣きました。
        それでもまだまだスパイクサーブレシーブは弱いしメンタル面も強くないので頑張りたいと思います。
        でも、これでも、赤鬼さんに今まで色々聞かせてもらえたおかげで前より上手くなったと思います。笑
        これからもどうぞよろしくお願いします!!!!!

          • 赤鬼
          • 2017年 4月 23日

          しおりさんへ
          おぉ!やったじゃないですか!
          県大会出場おめでとうございますっ!

          スパイク、サーブレシーブ、メンタルはまだまだとの事ですが、これだけ向上心があれば大丈夫ですよ♪
          むしろチームの歴史を塗り替えた事を盛大に喜びましょう。

          その喜びが向上するための飢えになり、更なる高みへと導いてくれるでしょう。
          さて、僕自身の話ですが出入りしている内の1つの学校に今日行ってきました。

          新入部員の子達がいたのですが、やはりバレーでは突然ボールを使ってよりも体の使い方を最初に覚えたほうが効率が良いと感じました。
          それはそこの学校先生も同意見でした。

          これからどの教本にも載っていないような内容の濃いサイト運営をしていきますので、今後共よろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ
          とりあえず、お疲れ様でした♪

            • しおり
            • 2017年 4月 30日

            ありがとうございます!!!!
            赤鬼さんの教えを本当に信じて頑張ってよかったです…
            内容の濃いサイトということで、私にとってはもう全てが新しい情報でとても濃いですが、期待してます!
            このゴールデンウィークで更にパワーアップ出来るように頑張ります。

            • 赤鬼
            • 2017年 5月 02日

            しおりさんへ
            返信が遅くなり申し訳ありません。

            結局のところこちらが情報をいくら提供しても上達しない人はしません。
            それは直接指導しようとネットで情報提供しようと同じです。

            上達しない人の共通点は「上達する方法を知って満足する」です。
            そこからアクションに移す、もしくはアクションに移してから継続する人はほんのひと握り。

            これは色んな学校を渡り歩いて来た僕が導き出した答えです。
            その点、しおりさんはネットで自ら情報を得て、ちゃんと継続して行動し上達しています。

            これって凄い事ですよ!
            これからも自信を持って練習に励んでくださいね♪

            本当にあなたは応援したくなる素晴らしい選手です。
            怪我に気をつけてGWもガッツリ練習してくださいヽ(*´∀`)ノ

    • 2017年 5月 05日

    はじめまして!
    サーブとは関係なくて申し訳ないのですが、私はトスが本当に苦手です(><)
    遠くに飛ばすのがとても苦手です。
    特にバックトスは全く出来ません。
    どうしたらうまく行きますか??

      • 赤鬼
      • 2017年 5月 06日

      鈴さんへ
      おはようございます。赤鬼です。
      コメントありがとうございます。

      オーバーで遠くへ飛ばすコツとバックトスですか…
      僕も昔は苦手でした。

      当時の監督が寝そべってオーバーをして天井スレスレまでボールを上げたのを見て憧れたものです(笑)
      さて、まずはオーバーを遠くへ飛ばす方法ですが最初は間違ったやり方をしていないか確認しましょう。

      この記事を参考にしていただき、飛ばない原因が該当していないかご自身に当てはめてください。

      ※オーバーハンドパスがうまく飛ばない!?解決方法はこれ!

      ※バレーボール オーバーハンドパスが飛ばない!?これで飛ぶぜ!

      こんな事言ってはなんですが、中学生で遠くへ飛ばせるこの方が珍しいですよ♪
      まだ体も出来上がっていないのでコートの端から端まで飛ばせたら逆に凄いです。

      とは言え「できません」では話にならないので、まずはフォームを確認してください。
      それとバックトスですがセッターでもない限り試合で使う事はほとんどありません。

      でも出来たらカッコイイんですよね♪
      特に中学生だったら尚更。

      コツとしては、とにかく早くボールの落下地点に入りボールを自分の頭上でとらえるようにしましょう。
      ※通常のオーバーみたいにオデコでとってはいけません。

      そこからかかとに体重を乗せながら膝の屈伸を使えば綺麗にあがりますよヽ(*´∀`)ノ
      本当はオデコの位置から上げる方がベストですが、それもセッターが相手プレイヤーを惑わすためのものですので気にしなくて結構です。

      とりあえず現状で出来るアドバイスはここまでです。
      まずは実践してみてください。

      また、わからない事があればお気軽にどうぞ!!ヽ(・∀・)ノ

    • ゆうき
    • 2017年 7月 07日

    はじめまして!

    私は、フローターサーブはネットを越えはしますが、アウトになってしまいます…。
    かと言って低めに打つとネットにかかってしまいます。
    どうすればうまくコートに入りますか?

      • 赤鬼
      • 2017年 7月 08日

      ゆうきさんへ
      はじめまして!コメントありがとうございます!

      そうですか。
      フローターサーブがアウトになってしまうんですね~。

      一番手っ取り早い方法としてはエンドラインから思いっきり下がって距離を伸ばして打つ方法ですね。
      ただ、中学高校では体育館によってはそんなに広くない場所があるのも当然。

      なので長距離は一つの技として覚えておくとして、問題は普通の場所から打つ事ですね。
      まず、アウトになる要因としてはボールの中心よりもやや下を叩いている傾向が強いかもしれません。

      なのでボールの中心を叩く事を意識しましょう。
      アウトになってしまう時のボールの位置よりも少し上を叩くようにしてみてください。

      逆にネットにかかる原因としてはボール中心よりも上を叩き過ぎているか、打点が下がっている傾向があります。
      これもしっかりと打点の高い場所でボールの中心を叩くようにしましょう。

      実際に目の当たりにしていないのでこれくらいのアドバイスしかできませんが、とりあえずこれでやってみてください。
      これでダメならまたコメントをいただけたらと思います。

      猛烈に暑くなってきましたが、熱中症に気をつけて頑張ってくださいヽ(´▽`)/

    • ゆうき
    • 2017年 7月 09日

    ありがとうございます!!
    ボールの中心を叩くといいんですね!
    明日の部活からやってみたいと思います!

      • 赤鬼
      • 2017年 7月 09日

      ゆうきさんへ
      多少のズレが生じたらその都度、微調整してみてください。

      一本ずつ確認しながらやりましょう。
      きっとできますよ!
      頑張ってくださいヽ(・∀・)ノ

    • ゆうき
    • 2017年 7月 11日

    ありがとうございます!!
    明日の部活からやってみたいと思います。

    • ゆうき
    • 2017年 7月 11日

    ↑間違えました…

    サーブに関係なくてすいません…
    私はサーブレシーブで、前衛の時、ボールがネットを越えて
    行ってしまいます…
    ちゃんとセッターに返すにはどうすればいいでしょうか?

      • 赤鬼
      • 2017年 7月 12日

      ゆうきさんへ
      おはようございます。

      なるほど。
      前衛でサーブカットをしたらネットを越えてしまいますか。
      サーブカットあるあるですね。

      理由は簡単です。
      「セッターに返そうとしているから」ですね。

      前衛は当然のごとくセッターとの距離が近いわけですが、この状況でセッターを狙うとほとんどの子がネットを越えるのです。
      ではどうするべきか?

      まずは自分から見てセッターとポジションの手前を狙ってみましょう。
      それでもネットを越えるのであれば・・・

      セッターいる位置と自分のいる位置を線で結び(イメージ)そのど真ん中にボールを上げるのです。
      二次関数などで習ったかもしれませんが、放物線の頂点ってど真ん中に来ますよね?

      なのでセッターと自分のど真ん中にボールを上げるようにすると、ボールの放物線の頂点がその位置に来るのでセッターに綺麗に返球できますよ。
      ぜひお試しあれ。

      その「ど真ん中の理屈」はディグの記事ですが、ここに書いているので参考にしてみてください。
      ついでにサーブカットの記事も貼り付けておきますねヽ(*´∀`)ノ
      湿度が凄いですが水分補給をしっかりして熱中症予防に努めてくださいね♪

      バレーボール サーブレシーブ(サーブカット)のコツ

      バレーボール ディグ(スパイクレシーブ)のコツ 目指せ守護神!

    • ふみ
    • 2017年 8月 06日

    中1女子です。
    私は中学からバレーを始めて、今、3年生が引退し、1年生も試合が出れる環境になって前、始めて練習試合に出たのですが、練習では取れたサーブが取れなかったり、練習では入るフローターサーブも入らないです。特にサーブが全然うまくいかずとても悔しいです。なので給水時間などでもサーブの壁打ちなどをしているのですが、いくら練習で入っても試合で入りません。また、同じ部活内の男子と練習試合したら入ります。完全にメンタルの問題なのですがどうすれば良いでしょうか。また、練習でもすごく入る日と入らない日が、あります。安定して入れるにはどうしたら良いですか?

      • 赤鬼
      • 2017年 8月 07日

      ふみさんへ。
      コメントありがとうございます。
      赤鬼です(・∀・)

      なるほど。
      練習中にできる事が試合になるとできない。

      特にサーブが入らないと。
      うーん・・・ふみさんのお悩みは・・・ごくごく普通の事ですね。

      んっ?
      こんな例え方だと誤解を生みますね。

      あなたは真剣に悩んでおられるのでこの一言で片付けてはいけませんね。
      そうですね、ふみさんのサーブが入らないのはまずは「経験不足」があると思います。

      公式戦、練習試合共に言える事ですが、やはり「試合の雰囲気」というものがあるのです。
      練習と試合では1点の重さもプレッシャーも全然違います。

      ですから、普段の練習の時から「試合を想定した練習」をやるように心がけてください。
      サーブは練習の10本が試合の1本と言われています。

      それくらい練習して試合で使えるようになるのです。
      よく中学生などを教えていて感じるのですが、簡単にネットにかけたりアウトにしたりします。

      「次は入れます!」とその場を取り繕う(とりつくろう)かのような発言をされるのですが・・・
      これが試合の24点だったらどうするの?
      って少し意地悪な質問をしたらたちまち応える事ができません。

      ですから、ふみさんも練習の時に試合を想定した練習をしていただきたいのです。
      まずこれが1つ。

      そしてもう1つは「サーブは打つ時はネガティブな事は考えない」です。
      サーブをミスる原因として「ミスしないようにしなきゃ」とか「絶対に入れなきゃ」などと言う雑念があります。

      特に「ミスしないように」は完全にNG。
      人間の脳は否定が出来ないよう作られています。

      試しに「真っ赤なトマトをイメージしないで下さい。」
      ・・・どうでしょう?
      今、一瞬だけトマトが頭に浮かびませんでしたか?

      これと同じように「ミス」と言う単語が頭をよぎれば、たちまちサーブが入る確率は下がります。
      それを防ぐ思考としてh「あの子を狙う」や「あそこに決める」と行った攻めの気持ちです。

      前者は「逃げの気持ち」後者は「攻めの気持ち」になります。
      やはり「攻めの気持ち」と「逃げの気持ち」で打ったサーブは、どちらもミスしたとしても周囲の反応が違います。

      「入れてけサーブ」でミスしたら周りから罵倒されますし、反対に「攻めの気持ち」だと周りも納得してくれます。
      ですから、試合中に考える事として、しっかりと相手コートの狙うべき箇所を見て「あそこにサーブを決める!!」と思いましょう。
      ※周りに聞こえないよう小声で言うのもありです。

      これが熟練してくると、究極の集中力「無心」でプレイができるようになってきます。
      さすがにここまで来るには多くの経験が必要ですが、給水中にも練習するくらい意識が高いふみさんならできるかも!?

      まだまだ中学1年の夏です。
      焦らずじっくりとやりましょう。

      夏はまだ始まったばかりですよ♪
      また何かあれば気軽にコメントください。

      暑いので水分補給をしっかりとして熱中症に気をつけてくださいねヽ(´▽`)/

    • せいや
    • 2017年 8月 30日

    初めまして。いつもバレーの記事の更新を楽しみにしています。

    高1男子です。高校に入ってからバレーを始めました。

    お聞きしたいことが二つあります。

    その1 フローターサーブについて

    フローターサーブは何処のサイトでも直線的に飛ぶサーブと紹介されていますが、自分が打つと大体は山なりになってしまいます。
    他の部員や女バレの人たちを見ると、みんな直線的に打てています。

    どの部分を気を付けて打ったらいいのでしょうか?

    打つと球が回転してアウトになることがしばしばあります。
    どうやったら改善されますか?
    自分では「打つ時に体が動いてしまっているから、ミートの時にもそのブレが伝わる」と考えているのですが・・・

    あと、威力をだす方法を教えてください!

    いつも自分がやっているフローターの流れ
    エンドラインに真っ直ぐ向く、右足を一歩ぐらい下げる。
    トスを頭より上に上げる。
    トスを上げたと同時に構え、頭の高さでミートする(ミートの時の手の形は大きく開いた方がいいのでしょうか・・・開かないで打つと顧問に怒られるのですが)。

    その2 ジャンプサーブについて

    8/2のもう一つのジャンプフローターの記事のやつをやっているのですが、ネットにかかかる(ネットを越えない)、威力が出ない、ミートが当たらない、トスがぶれる、無回転にできないのです・・・

    このサーブをここ一か月ぐらいやっています。最近は一割ぐらいの確率で入っています。普通のジャンプフローターや普通のジャンプではなくこのサーブがどうしてもやりたいです。

    筋肉が無いから、経験値が無いからなんでしょうか?

    どうか上手くなるアドバイスをください。

    いつもやっている流れ
    両手でトスを上げる
    三歩助走で飛ぶ
    打つ(ミート時の手の形はフローターの時とおなじですか?)

    長文になりましたが、どうかご回答お願いします。

      • 赤鬼
      • 2017年 9月 01日

      せいやさんへ
      コメントありがとうございます。

      そして返信遅れて大変申し訳ありません。
      さて、質問にお答えしますね。

      まず、フローターサーブの問題点ですが両方ともボールの真芯を打てていない事が原因でしょう。
      よくバレーを始めたばかりの中学生を見ていると山なりのサーブになります。

      それはボールの中心部分ではなく、ボールの中心よりもやや下を叩いているからです。
      ボールが回転してアウトになるのもそれが原因であると同時に、指がボールに当たっているからでしょう。

      ボールを無回転にするためには指が当たると一発で回転がかかります。
      なので、しっかりと手のひらを開いてボールの中心を押し出すように打ちましょう。

      その時に腕のスイングは振り抜くのではなく打った直後に止めるようにしてみてください。
      こうする事によって早く鋭いサーブになりますよ。
      もしよければこの記事もご覧下さい。
      無回転サーブの事について書いています。

      http://ikkitousen0413.com/archives/1566.html

      次にもう一つのジャンプフローターですが、このサーブは正直言ってめっちゃ難しいです。
      記事中にもあるように落下しはじめの頃に打たないと僕でもアウトになります。

      このサーブの最大の利点は、通常のジャンプフローターよりも高い打点で打てる事です。
      高い打点で打ちスイングをピタリと止めて、ジャンプフローターよりも強く早いサーブになります。

      もちろん空中でのボディバランスなども必要になるため、体幹を鍛えた方がいいでしょう。

      ただですね、ミスの可能性が高いのであれば通常のジャンプフローターに戻す選択肢もお考えください。
      通常のジャンプフローターをマスターしてから打った方が僕は良いと思います。

      それくらい難しいサーブなんで(^_^;)
      とは言え、せいやさんの気持ちを汲むとこのサーブに挑戦したいんですよね?

      僕も同じ立場なら意地でもマスターしたいと思います。
      まずはトスを見直してみましょう。

      高すぎていないか?
      低すぎていないか?

      左右にぶれていないか?
      自分のベストな高さで打てているか?

      とにかく繰り返し自問自答をしましょう。
      良いトスが上がるようになれば、ややかぶり気味で落下しはじめの時に打つよう心掛けてみてください。

      現時点でできるアドバイスはここまでです。
      こんなくっそ難しいサーブに挑戦する姿勢は称賛に値します。

      しかし、どのサーブにも言えることですが「良いサーブとミスは紙一重」
      それをお忘れなく。

      また、途中経過を教えてください。
      何かわかるかもしれませんから。
      頑張って下さい(^◇^)

        • せいや
        • 2017年 9月 24日

        返信遅くなってすみません。

        フローターはまだまだ山なりになってしまいます。
        顧問の先生(女バレの先生ですが)にトスを低めにしなさいと以前言われたことがあって、トスを低めにして打っています。
        そのお陰もあって(赤鬼さんのおかげもありますが)、少し直線的になってきました。
        が、逆に低すぎてネットに掛かることも増えてきました。
        これを改善する方法を教えてください。

        もうひとつのジャンプフローターですが今は封印して、普通のジャンプフローターを励んでいます。
        今では打率四割ぐらいにアップしました。
        しかし、フローターと同じように威力が出ません。やっぱり筋トレが必要ですか?
        サーブを強く打つための筋トレってありますか?

        あと、最近スパイクが強く打てるようになってきたのですが、エンドラインを越えてしまいます。
        どうしたらいいですか??

        こんなこと聞けるの赤鬼さんしかいないんです!!!顧問は黙って部活動を見ているだけで・・・何も言わないし…助言も、試合に出るスタメンにしか言いません。僕はスタメンではないので・・・

        どうかお願いします。

          • 赤鬼
          • 2017年 9月 27日

          せいやさんへ
          こんにちは。赤鬼です。

          返事が遅くなりすいません。
          さてフローターがネットにかかるとの事ですが、それは一本ずつどのトスが良かったのか考えながら打つ必要があります。

          全てのサーブに共通して言える事ですが、トスはとても重要です。
          どのトスで良いサーブになったのか確認しながら打ってみてください。

          サーブに関しての筋トレですが、ジャンプサーブ以外なら体幹と肩を鍛えると威力はアップします。
          下記の記事を参考にしてみてください。

          バレーボールのスパイクを筋トレで強力にするメニューはこれ!

          最後にスパイクがアウトになるとの事ですが、これは十中八九かぶって打っている可能性が高いです。
          少し後ろの方から打つことを意識してみてください。

          こちらの記事に詳細が載っています。
          合わせてご覧ください。

          バレーボールのスパイクがかぶる!?原因と解決方法はこれ!

          何はともあれ上達はしていらっしゃるようなのでご安心を。
          とにもかくにも一本ずつ確認して、試行錯誤される事をおすすめします。
          上達のスピードが全然違いますよ♪

    • かんちゃん
    • 2017年 9月 05日

    初めまして!
    小学三年生の娘が1月からバレー部に入部しています。
    体は128cmで細いのですが、肩は強くフローターサーブは入部して三ヵ月で入ってます。
    今は打球もふんわり山越えではなく白帯ぎりぎりで攻めて打てているのですが、安定感がありません。
    体が小さく力がないという事もあって、どうしてもトスを上げるのが体全体を使って上げてしまっています。
    しかもトスが高く正確ではないのです。腕の振りや体重移動はできていると思います。(野球もできるので・・・)
    あとどうしてもしっかりと手のひらにボールを当てることが出来ず、手を振る時にまっすぐ振らないで左に切ってしまって小指柄で当たってしまっています。体も左に下がってしまってるのかもしれません。
    ちゃんとボールを上げて当たれば三年生でも、いいサーブを打てていると思うのですがそれが何本も続きません。手に平にしっかり当たり始めるとコツを掴むのか続くのですが…
    試合にも少し出させてもらっているので、迷惑のかからないように少しでも安定感のあるサーブをと思っています。
    少しでもアドバイスをもらえればと思ってます。

      • 赤鬼
      • 2017年 9月 06日

      かんちゃんさんへ
      おはようございます。
      コメントありがとうございます。赤鬼です。

      いや~、娘さんのためにわざわざこんな怪しいサイトにコメントくださるなんて、親御さんの鑑ですね!!
      わたくし、感動しております。

      さて、娘さんの問題点をアドバイスさせていただきますね。
      まず、「トスを体全体で上げており高くなってしまい安定しない」から行きましょう。

      小学生によく見受けられる問題ですね。
      おそらく上半身も軽く後ろに反るくらいトスを上げているのではないでしょうか?

      だとしたらトスが後方へ行く事が多いはず(あくまで憶測です)
      トスを安定させるためには、体全体で上げるよりも下半身を使って上げるようにすれば安定すると思います。

      ちょうどオーバーハンドパスの膝の使い方のようにすることがポイントです。
      膝を軽く曲げて、トスを上げる時にオーバーのように屈伸を使い「ふわっ」上げるような感じです。

      この時に実際に「ふわっ」と言葉に出すと、不思議な事に安定する事があります。
      一度お試す下さい。

      次に二つ目の「スイングが真っ直ぐ出来ない」について解説します。
      スイングが左に行く原因は次の三つが考えられます。

      1. トスがやや左の方へ上がっている
      2. 右手を後方へ引く時に肘が下がっている(脇が開きすぎている)
      3. ボールを打ち終わった後にオヘソがやや左の方へ向いている

      娘さんの場合、左肩が下がっているとの情報から推測するとトスがやや左の方へ行っているのかもしれません。
      一度確認してあげてもしそうなっているのであれば、もう少し右の方へトスを上げるように教えてあげて下さい。

      肘が下がって左にスイングするのはタオルを振って矯正して行きましょう。
      下記の記事にも方法が載っていますので、参考にしてください。

      http://ikkitousen0413.com/archives/2880.html

      ただ、娘さんの場合「小指柄が当たる」事から、これは考えにくような気もしますが・・・。
      念のため矯正方法を書いた記事を紹介しておきます。

      最後にオヘソが左の方へ向くですが、これは正面に目標物を設定し最後にそこへオヘソを向けるように徹底的にやってもらって下さい。
      試しにやっていただけるとわかりますが、オヘソを左の方へ向けてスイングすると右手も左方向へ行ってしまいます。

      ですから最後は必ずオヘソを正面に向くようアドバイスしてあげてください。
      以上が現在できるアドバイスとなります。

      もしもこれで矯正できないのであれば、今一度コメントをいただければと思います。
      その際に差し支えなけえれば書きメールアドレスまで動画を送っていただければわかりやすいです。

      こちらで責任を持って管理し、確認後ただちに動画は削除します。
      まぁ、とりあえず上記の方法でやってみてください。

      また何かあればお気軽にコメントください(^^)/

      altair04131031@gmail.com

        • かんちゃん
        • 2017年 9月 14日

        返信ありがとうございます。
        練習で意識してやってもらいます。
        ただ、まだ三年生なのでどこまで考えてやってくれるか…
        また報告します。

          • 赤鬼
          • 2017年 9月 14日

          三年生ならまだまだこれからですよ。
          成長が楽しみですね♪

          ポイントの部分が出来たら大げさに褒めてあげてください。
          きっとやる気が出ると思いますので(^◇^)

    • 熊田
    • 2017年 11月 12日

    初めまして赤鬼さん
    僕は今年からバレーを始めた高校生です
    フローターサーブなどを打っていると何故か横に回転したりします
    試合に出たくて自分の武器が欲しいですボールの回転を抑える方法を教えてください

      • 赤鬼
      • 2017年 11月 12日

      熊田さんへ
      初めまして。赤鬼です。
      コメントありがとうございます。

      高校からバレーをされたんですね。
      僕のバレー仲間でも高校からバレーをして、めちゃくちゃ上手い人がいます。
      努力次第ではレギュラーも不可能ではないかもしれませんよ。

      さて、熊田さんのお悩み「サーブが横回転する」についてですが、原因はすぐにわかりました。
      ボールの芯を叩けていない事です。

      フローターサーブはインパクトの時にボールの中心からずれてしまうと、すぐに回転がかかってしまいます。
      また、ボールを打つ時に手首を曲げたり指がボールに触れてしまうと回転がかかりやすくなるのです。

      見ていないので断言はできませんが、反時計回りに回転しているのでは?
      それを防ぐためにも手首を固定してボールの中心を叩くようにしてください。
      こちらの記事に詳細が載っていますので、参考にしていただけたらと思います。

      http://ikkitousen0413.com/archives/1566.html

      次の練習の時にでもさっそくトライしてみてください。
      また何かありましたらコメントをどうぞ。
      頑張ってください!(^^)!

    • のんか
    • 2017年 11月 18日

    中1 女子です。
    私は、ほぼ全くフローターサーブが入りません。
    練習はしたいのですが、うちの学校は狭くて、体育館練習は週4日がいいところ。さらに部の人数も多くて、1年生のサーブ練習は月に1、2回ほど…。他の1年は外部のバレー(習い事みたいな?)にも行っているのですが、私は家庭環境が揃わず行けません。
    いろいろ調べて試してはいるのですが、具体的にどこが悪いのかもわからず…。
    試しに、グーパン(フローターサーブの手をグーにして打っただけ。捻ったりはしてません。)で打ってみたら、3本中2本くらい入ったんです。
    でも、これからやっていくならパーにしろと先生が言います。
    グーなら入るのにパーで入らない理由も分かりません。
    とにかく入るようにしたいです。
    何かコツとかがあればお願いしますm(*_ _)m

      • 赤鬼
      • 2017年 11月 19日

      のんかさんへ
      コメントありがとうございます。赤鬼です。

      フローターサーブが入らない中学一年生って割と多いので、焦らずじっくりと基礎を固めて行きましょう。
      コツをつかめばほとんど力が無くてもネットは越えます。

      さて、のんかさんのお悩みはグーならフローターサーブが入るけど、パーなら入らないとの事。
      うーん、実際に見ていないので正直わかりにくいですが、おそらくグーの場合だと手首がしっかりと固定されているからかもしれません。

      よくフローターサーブが入らない子の特徴の一つとして、ボールを打った瞬間に手首が後方へ反れて力が伝わっていないように感じます。
      ですからまずはパーの状態でも手首を前にも後ろにも曲げないようにしてみて下さい。

      それでも入らない場合だと「体重移動や体の捻りが無い」「肘が下がっている」等が挙げられます。
      体重移動や体の捻りはボールを使わずにタオルでのスイングでも練習可能なので家でもやってみましょう。
      同時に肘が下がらないようにするための練習方法もできます。
      こちらの記事を参考にしてみて下さい。

      http://ikkitousen0413.com/archives/2975.html

      それでも改善がなされない場合はこちらのメールアドレスに動画を送って下さい。
      こちらで責任持って管理し、確認後は直ちに削除します。

      altair04131031@gmail.com

      ボールが無くてもフォームだけでもある程度わかると思うので、ご自由にどうぞ。
      年内にはサーブが入るように頑張りましょう(‘ω’)ノ

    • のんか
    • 2017年 11月 23日

    返信ありがとうございます!

    そうですね…
    たしかに、パーだと手にしっかりボールが当たっていない気がします。
    手首に気をつけて、
    練習をしてみたいと思います!!
    また何かあったらよろしくお願いしますm(_ _)m

      • 赤鬼
      • 2017年 11月 23日

      のんかさんへ
      フローターサーブは最初はなかなか入らなくて心が折れそうになりますが、しっかりとポイントを押さえてしまえば簡単に入るようになりますよ。

      焦らなくても良いので、じっくり取り組んでみて下さい。
      僕でよければいつでもアドバイスさせていただきます。
      頑張れ!のんかさん!!(^-^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る