バレーボール「ジャンプフローターサーブ」のコツ。魔球をこの手に!


「もぉ~!!何なんですか、このサーブ!?ヽ(`Д´)ノ」
かつてサーブカット返球率100%と言う、脅威の数字を叩き出した元教え子とのやりとりです。

 

今まで受けた事の無い変化球に「サービスエース」を何本もとられ、完全にイライラ状態でした。(プライド高い子だったんで)
その時、教え子をイライラさせたサーブこそが・・・
ジャンプフローターサーブです!

 

こんにちは。
ジャンプフローターサーブ大好き赤鬼です。

 

バレーボールの試合で、ジャンプしながらフローターサーブを打っている場面を見た事がありませんか?
あれは「ジャンプフローターサーブ」と言って非常に変化する魔球のようなサーブです。

 

大人気漫画「ハイキュー」の作中で山口忠君が打って一躍有名になりましたね。
あれを見たらバレー未経験者の方でも、ジャンプフローターの凄さがわかるのではないでしょうか?

 

今日は、そんな「ジャンプフローター」のコツを一挙公開致します。
それでは行きましょう!

Sponsored links

1. ジャンプフローターサーブ一連動作

それでは最初に「ジャンプフローターサーブ」の一連の流れを見ていきましょう。

○ ジャンプフローターサーブ一連動作

  1.  右足を前に出してボールを両手で持つ
  2.  右足を前に少しスライドさせ、左足を前に大きくスライドさせる(体重移動)
  3.  両手でやや右斜め前方にトスを上げる
  4.  バックスイングを行わずにジャンプする
  5.  左手を上げて右肘を下げない姿勢を空中で保つ
  6.  タイミングを見てボールを叩く
  7.  フルスイングすると無回転になりにくいので、スイングは途中で止める
  8.  サーブを打ち終わった後、すぐにレシーブ位置に移動する

 

一連の流れを見るとこんな感じですね。

 

僕はやりやすいので右足を前からスタートしていますが、右足を後ろからスタートさせても問題ありません。
最後のステップは「タン、タン」ではなく「タタン」とリズム良く踏みましょう。

 

では、もう少し細かく見ていきましょう!

スターティング

スタートの構えです。
右足を前に構えて、ボールは両手で持ちます。

 

ジャンプフローターサーブは跳ぶ直前にトスを上げます。
ですから、片手でトスを上げるとブレやすくなり、ボールが打ちづらくなるのです。

 

僕も最初の頃は片手で上げていたのですが、前後左右に微妙にズレが発生しました。
その結果、打った後にボールに少し回転が掛かったりサーブミスになったのです。

 

その反省点を踏まえて両手で持つようにすると安定したトスが上げれるようになりました。
そう言えば山口くんも両手でトスを上げてましたよね♪

踏み込み2

続いて助走です。
通常のスパイクジャンプだと3歩助走で踏み込む事が多いですが、ジャンプフローターでやるとタイミングが合いません。
よって、一歩助走で跳ぶようにしましょう。

 

ちなみに僕は先程も少し触れましたが右足を前にスタートしています。
最初の段階で前後の間隔を狭くし、その状態から右足を少し前にスライドさせて助走を開始しています。

 

3トス

助走距離を保つために、トスは少し前に上げましょう。
また、前に上げることにより、フローターサーブ編でも書いた「体重移動」が空中で可能となります。
前に行く力が発生するので腕力に頼らずともネットを越えるサーブとなるのです。

 

4ジャンプスタート

両手を上げて足幅を広くしながらジャンプします。
足幅を広くすると前跳びをするので、ボールに勢いをつける事ができるのです。

 

5インパクト前

 

ジャンプをしたら右肘を下げず、左手をしっかりと上げましょう。

 

6インパクト

 

ボールを叩いた瞬間、スイングを止めましょう。
こうする事により無回転になりやすいのです。

 

サーブを打ち終わった後、すぐにレシーブ位置に移動しましょう。
以上、ジャンプフローターサーブの打ち方のコツでした!
次は補足説明です。

2. ジャンプフローターサーブ補足説明

ジャンプフローターサーブは比較的難しいサーブとなっています。
このサーブを強力な武器にするためにも「トスのポイント」「無回転」「変化球以外の武器」をしっかりとマスターしましょう。
では、補足説明開始です!

Sponsored links

2-1 ジャンプフローターサーブ補足説明その1 「トスのポイント」

ジャンプフローターサーブは他のサーブよりもトスの精度がシビアです。
僕、個人的としても「ジャンプサーブ」「ジャンプフローターサーブ」はトスの精度がとても重要に感じます。

 

ではジャンプフローターサーブのトスのポイントはなんでしょうか?
それがこちら。

○ ジャンプフローターサーブのトスのポイント

  1.  トスを上げた直後にボールを追うようにジャンプするので少し高く上げる
  2.  打つ時にかぶってしまいがちなので少し前方に上げる

この2点はとても重要なので必ず意識するようにしましょう。

2-2. ジャンプフローターサーブ補足説明その2 「無回転」

ジャンプフローターの最大の見せ所は、やはり「変化球」でしょう。
その変化球を作り出すポイントこそ「無回転」なのです!

 

無回転をする事により、ボールは空気抵抗を受けて変化するのです。
では無回転を打つにはどうしたらいいでしょうか?
ポイントがこちら。

○ 無回転を打つポイント

  1.  手をパッ開く(指は曲げずにしっかりと伸ばす)
  2.  手の平の中心、もしくは下の方でボールの中心を叩く
  3.  絶対にボールに指をからめない(弱い回転がかかるため)
  4.  スイングは途中で止める
  5.  強めに打つと伸びるサーブ
  6.  弱く打つと落ちるサーブ
  7.  空気穴が自分から見えない裏側だと伸びるサーブ
  8.  空気穴が自分の方に向いていると落ちる球。

無回転サーブの最大のポイントは「とにかくボールに指をからめない事」です。
これが回転をかける原因なので意識しながら打つようにして下さい。

他の記事で写真付きで細かく説明しているので、下記リンク先の記事も参考にどうぞ。

 

【バレーボール 無回転サーブのコツ】予測不能な変化を君に!

 

2-3. ジャンプフローターサーブ補足説明その3 「変化球以外の武器」

ジャンプフローターの武器は、変化球だけではありません。
もう一つ武器があります。

 

それは・・・緩急です!

 

例えば、力を抑えた「落下するボール」を打っていたとしましょう。
相手が強豪チームならば、早急に対応をしてきます。

 

「あいつのサーブは落ちるのが特徴だ。なら、少し前の方で待ち構えて処理しよう。」と言う感じで。
しかし、陣形を前にしてきた時がチャンス!
強めに打って「伸びるサーブ」を打ちましょう。

 

緩い球に慣れていたので、リズムが崩れてあっさり点を取れたりします。
相手のリズムを崩す」これが緩急の特徴です。

 

ホラー映画でも急に化物が出てきてビックリしたことありませんか?
あれも実は、見る者のリズムを崩す事により、恐怖心を倍増させているそうです。

 

この事からわかるように人間はリズムを崩される事が苦手なのです。
最初に出てきた僕の元教え子も、落ちるボールを拾えなかった後に伸びるボールを打つと全く対応できませんでした。
そのせいで大分ギャーギャー言われましたけどね(´Д`;)

 

このように「落ちる」「伸びる」二つのボールを打ち分ける事ができれば、かなり強力な武器になるので二つとも習得しましょう。

 

3. ジャンプフローターサーブ まとめ

それでは本日のお題「ジャンプフローターサーブ」をもう一度おさらいしましょう。

○ ジャンプフローターサーブ一まとめ

  1.  右足を前に出してボールを両手で持つ
  2.  右足を前に少しスライドさせ、左足を前に大きくスライドさせる(体重移動)
  3.  両手でやや右斜め前方にトスを上げる
  4.  バックスイングを行わずにジャンプする
  5.  左手を上げて右肘を下げない姿勢を空中で保つ
  6.  タイミングを見てボールを叩く
  7.  フルスイングすると無回転になりにくいので、スイングは途中で止める
  8.  サーブを打ち終わった後、すぐにレシーブ位置に移動する

○ ジャンプフローターサーブのトスのポイント

  1.  トスを上げた直後にボールを追うようにジャンプするので少し高く上げる
  2.  打つ時にかぶってしまいがちなので少し前方に上げる

○ 二つの武器

  1.  ボールの勢いが弱いと「落ちるボール」
  2.  ボールの勢いが強いと「伸びるボール」
  3.  二つを習得して緩急を使い分ける。

いかがでしたが?
ジャンプフローターサーブは女心と秋の空くらい変化が激しいサーブです。

 

このサーブを極めれば、例え試合に最初から最後まで出れずとも「ピンチサーバー」として出る事も可能になります。
チームがピンチの時に起死回生のサーブを。
チームの流れが良いと追い風のサーブを。

 

こんな選手になりたくありませんか?
あなたならなれるかもしれませんね。

 

なぜなら、ネットでわざわざ自分で調べてまでジャンプフローターの打ち方をマスターしようとしているからです。
かなり意識高いと思います!

その高い意識でしっかり練習すれば、あなたが得点王になれるかも!?
そんな時が訪れる瞬間まで、頑張ってマスターしましょう!
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

    • 沖縄親父
    • 2016年 2月 03日

    ジャンプフローターの起源について

    バレーボールのサーブとして、ジャンプフローターサーブが主流になってきていますが、

    当初このサーブを打っていたのは、1994年度の西原高校(沖縄県)の男子バレーボール部員が起源です。

    竹下佳江が、起源みたいな事を言われますが事実とは異なると思います。

    私も、よく練習試合をしましたがその当時その方以外はジャンプフローターを打っていなかったと思います。

    信じるか!信じないかは、あなた次第です。

      • 赤鬼
      • 2016年 2月 04日

      沖縄親父さんへ

      コメントありがとうございます。お名前から推測すると沖縄の方ですよね?
      沖縄・・・良いところですよね! また行ったことありませんが憧れの場所ですヽ(*´∀`)ノ

      さて、本題の「ジャンプフローター」の起源ですが、1994年の西原高校の方が打ち始めたのですね。
      西原高校・・・・?
      強豪じゃないですか!!!

      お恥ずかしい話、ジャンプフローターが打てるようになったのはここ数年ですが、まさか22年前から存在していたなんて知りませんでした。
      貴重な情報ありがとうございます!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る