「七五三」の由来。江戸時代からのしきたりとは?


Sponsored links

皆さん、こんにちは。

赤鬼ですヽ(・∀・)ノ

11月15日と言えば「七五三」。

江戸時代から続く、日本の伝統行事の一つですが、

今回は、そんな七五三の疑問や由来について調べてみました。

それでは行ってみましょう!

Sponsored links

1. 七五三の由来

神社2

 

 

日本古来の伝統行事「七五三」。

その由来は江戸時代まで遡ります。

 

時は天和元年(1681年)

当時の江戸の殿様、徳川綱吉は松川君の七五三の祝いを

11月15日に行いました。

これにより、現代のように七五三は11月15日に行うようになりました。

 

もう一つの説だと、綱吉が子供の頃に病弱だったので、

無事に成長するように願った徳川家光が、「袴着」を11月15日に行ったと言います。

 

11月15日と定着する前は、誕生日や、正月の吉日にお祝いしたそうです。

では、なぜ七五三と呼ぶのでしょうか?

 

当時の武家、公家、宮中社会において、三歳までの男女は「おかっぱ頭」でした。

そのおかっぱ頭から前髪を伸ばし始め、結髪をした「髪置きの祝い」が三歳。

 

11月吉日に、初めて男児に袴を着せて碁盤の上に立たせる

袴着の祝い」が五歳。

Sponsored links

 

今まで付き紐で着物を着ていた女児に、初めて帯を締めて着物を着せる

帯び直しの祝い」「帯解(おびとき)」の祝いが七歳。

七歳、五歳、三歳を祝う行事なので「七五三」となったのです。

 

江戸時代では7歳までの死亡率が高く、

七歳までは神のうち」とまで言われていました。

この事から、七歳までに無事に生きた子供を、

神社の神々に見せて感謝する意味もあったようです。

 

・・・・あの、ここで私事をぶっちゃけてよろしいでしょうか?

わたくし「赤鬼」は・・・

全く祝ってもらった記憶がないのですが・・・

・゜・(ノД`)・゜・

まぁ、真冬に半袖、半ズボン。風邪ひいても放置プレイ。好き嫌い厳禁。

等のような雑な扱いのおかげで、強靭な体を手に入れれたので、そのへんは感謝ですね。

でも着てみたかったな~。袴・・・。

 

皆さんも、僕みたいにスネた大人にならないように、

ちゃんと祝って上げてくださいね

千歳飴

七五三3

イラストの子供が持っている千歳飴ですが、これにも由来がありました。

江戸時代の浅草、「浅草寺」に七兵衛と言う男性がいました。

 

飴売りを営んでいた七兵衛さんは、紅白の細長い飴を「千年飴」と書いた袋に入れて

売り歩いていました。

これが全国に普及し、七五三で「千歳飴」が買われるようになったのです。

袋には、長寿の象徴である「鶴」と「亀」描かれています。

 

子を思う心は、今も昔も変わらないのですね♪

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る