バレーボールのトス(オーバーハンド)のコツ。初級編。


全国の小中学生の皆さん、
バレーボール初心者の皆さんこんにちは。
赤鬼ですヽ(*´∀`)ノ
今日は、バレーボールの基本であるトス(オーバーハンド)のコツを紹介します。

本来ならば構えから始まるのが僕のブログの定番ですが、
今回のオーバーハンドの構えはアンダーハンドと共通なのでまずはこちらからご覧ください。

アンダーハンド初級編

基本の構えが書いてあります。
読み終わったらトス(オーバーハンド)の基本に行きましょう!

 

Sponsored links

1. 基本的な手の形

オーバーハンドの手の形は、先輩や先生にこう言われませんでしたか?

「手の平を三角形にしなさい。」

はい、その通りです。こんな感じです。

 

トライアングル

こんな感じで額の前で三角形を作ります。

 

手の平

その三角形でボールを包み込むようにします。

この時に手の平がボールに接触しないように注意しましょう。

ボコッと音がしてボールコントロールができなくなります。

 

それを防ぐために、指の部分でボールをキャッチします。

そうですね~ 指の腹の第一関節から第二関節の間くらいがベストです。

そして、ボールをキャッチする時は柔らかくキャッチしましょう♪

 

2. チャンスボールをとってみましょう

オーバーハンドの特徴としては、慣れてくるとアンダーよりも

ボールコントロールがやりやすいという事です。

また、サイドスピンサーブなどのように強い回転のボールを簡単に処理できる特徴もあります。

 

実際に見て行きましょう。

構え

構えの状態で相手の動き、向いている方向からボールのコースを読みます。

それが完了したら素早く移動しましょう。

 

待ち

 

読みが早いと落下地点で待つ事が可能となり、

余裕を持って処理できます。

待ち構えている時は、目線をボールから離さないようにしましょう。

 

膝使い

手首を返し衝撃を吸収します。
手首が返っていないとスナップが使えないので要注意です。

 

返球。

 

膝の屈伸と手首のスナップを使いボールを前に返球します。
二つの働きを連動する事により、遠くまで飛ばすことが可能となるのです。

 

フィニッシュ

 

膝の屈伸、手首のスナップに連なる もう一つの力が「体重移動」です。
この前に行く力が、ボールを更に飛ばす力になるのです。

体重移動は、フローターサーブ編で詳しく説明しています。
フローターサーブ編の体重移動を参照して下さい。

体重移動が上達すると、綺麗で安定したトスが上げれるようになります。
そのためには繰り返し意識して練習しましょう♪

 

Sponsored links

3. 力の使い方を見てみましょう。

膝の動き、手首のスナップ、体重移動の3つがポイントと説明させていただきました。
その3つを動画で見てみましょう。

 

ここから手首を伸ばしてもっと飛ばす事も可能ですが、今回は距離も短いため抑えています。
同時に体重移動も返球場所への距離が短いので少し抑え気味です。

膝の屈伸は大げさに表現していますが、二段トスなどのように遠くへ飛ばしたり、
高く上げたりする時に必ず必要になってくる動きですので、必ずマスターしてくださいね

 

4. 赤鬼のつぶやき

いかがでしたか?
少し難しかったでしょうか?

オーバーハンドはバレーの中で基本中の技です。
最初は変な所に当たったり、真っ直ぐ飛ばなかったり上手く行かない事でしょう。
「周りはどんどん上達している・・でも自分は・・・」などといった感情が長く続けていると湧いてくることもあります。
周りと自分との差を感じ、くじけそうになる事もあると思います。

ここで僕の昔話をしてもいいでしょうか?
僕は今では教える立場ですが中学時代は本当に下手くそでした(今もですが

中学最初の練習試合の時、オーバーハンドで苦い経験もしました。
山なりの超どチャンスボールをオーバーで処理しようとしたところ、緊張のあまりボールが手の間を抜け顔面に当たってしまったのです。

パワーショベルがあったら、穴掘って潜りたかったですよ
こんな僕にも、そんな時代があったのです。

最初から上手にできる人なんて、一部の天才だけです。
焦って変な癖をつけるより、じっくりと正しいフォームを身に付ける努力をしましょう。
それが結果として良いプレイを生むのです。

逆に、焦って変な癖をつけると、正しいフォームに矯正するのに数倍の時間が必要となります。
結局、正しいフォームを時間をかけて身に付ける事が、一見遠回りに見えて、最短ルートなのです。

ですので、焦らずにゆっくりと、繰り返し繰り返し練習してください。
頑張って綺麗なオーバーができるようになったら教えてくださいね
それではまた

 

Sponsored links

関連記事

コメント

    • げふぃちにぶ
    • 2016年 3月 24日

    初めまして。
    私は、高校3年までバレー部でセッター・リベロとやってきて、そろそろ30歳になるおやじです。
    最近、バレーボールをする機会があり、オーバーハンドパスをしようと思ったのですが、手がバラバラになったり、ドリブルしたりしてコントロールがつきません。
    他のプレーについてはさほど問題ないのですが、オーバーパスだけがままならず、楽しくバレーが出来ません。
    以前親指の半月板損傷をしたせいか、何か悪い癖があるのだとは思うのですが、また綺麗なトスをあげられるようにアドバイスいただければ幸いです。
    完全に通りすがりでご質問しますが、回答をよろしくお願いします。

      • 赤鬼
      • 2016年 3月 25日

      げふぃちにぶさん。初めまして。コメントありがとうございます。
      さて、オーバーの手がバラバラになると言うことですが、結論から言えば「両手のボールを押し出す力が均等になっていない」と言う事が挙げられます。

      僕が気になったのは「他のプレーについてはさほど問題ないのですが、オーバーパスだけがままならず」と言う部分と、
      以前親指の半月板損傷をしたせいか、何か悪い癖がある」と言う部分です。

      これは僕自身も経験があるのですが「怪我した手を無意識にかばってしまい、両手の力が均等にボールに伝えられない」可能性があります。
      若い頃、けっこうひどい突き指をした事がありまして(左手の親指)、やはりその時も無意識に手をかばってしまいボールがぶれぶれになりました。

      この可能性も踏まえて改善方法を挙げるとすると、オーソドックスですが以下の練習がおすすめです。

      1. 壁に向かってオーバーハンドパス。最初は至近距離で段々と壁から離れていく。

      2. 直上パス。最初は大きな円の内側で行い、円を段々と小さくしていく。この円から外にはみ出ないようにする。

      3. 寝転びながらのオーバー直上パス。文字通り寝転んだ状態での直上です。

      この三つの項目で共通する事は「ボールが左右にぶれてしまうと、自分自身も動き回るハメになる」と言う事です。
      特に直情パスは最たるものなので、最初はボールの高さは低く、そして左右にぶれなくなってきたら段々と高くしていきましょう。

      ちゃんと力が均等になれば、わずか60cm~70cmの円の中からはみ出さずに直情パスが可能になります。
      これに加えて げふぃちにぶさんに行っていただきたいのが、「もう一度病院へ行って診察してもらう」と言う事です。
      あなたの親指の半月板損傷が治っていると想定して話をしていますが、医者に一度見せて問題無いか調べてもらうのもありかと思います。

      理由としては、ケガが治っても患部をかばってプレイするのは精神的な部分もあるので、医者に「もう思いっきりやっても良い」と言う診断結果をもらうと、
      安心感も出てくるので精神的不安を取り除ける可能性もあるからです。

      僕も単純な方なので、大きな怪我をした時は医者の言葉で救われたことがあります。
      もしも診察をされるのであれば、ぜひテーピングのやり方などを教えてもらうとなお良いでしょう。

      言葉だけでは説明がわかりにくいかと思いますが、あなたのコメントを参考にさせていただき「オーバーが出来ない理由」の記事なども書かせていただこうかと思います。
      貴重な意見ありがとうございますヽ(・∀・)ノ

      年齢が30歳程度との事ですが、バレーは生涯スポーツなのでまだまだプレイできますよ。
      早くオーバーの悪癖を改善して、思いっきりバレーを楽しんで下さいね!

    • げふぃちにぶ
    • 2016年 3月 25日

    回答いただきましてありがとうございます!
    昨日もバレーをする機会があったのですが、やはり微妙でした。
    アドバイスいただいたように、壁へのパスから始めようかと思います。
    反復練習をする機会も減りましたが、バレーをする時には積極的に取り組んでいきたいと思います。

    また困ったら質問したいと思います!
    そして、次の記事を楽しみにしてますので、頑張ってください!

      • 赤鬼
      • 2016年 4月 01日

      げふぃちにぶさん。返信ありがとうございます!
      さて、公言していた通り記事が完成しました。

      つい先程完成したので誤字脱字のチェックをしておらず読みにくいかもしれませんが、とりあえずリンクを貼らせていただきます。
      こちらの記事をご覧下さい。

      しっかりと練習をして、筋トレなどもすれば今からでも上達は見込めるはずです。
      お互い頑張りましょう!

    • 中2バレー部
    • 2016年 3月 30日

    これから中2になります。いよいよ後輩ができる!というのに、私はトスがうまくできません。私はセッターで、今はホールディングに悩んでいます。短く持つのがどうしてもできなくて一年生大会ではすべてホールディングしてしまい、私のせいで負けてしまいました。顧問の先生からはすごく怒られました。くやしいので反則をとられないトスをしたいし、つぎの一年生のセッターにも教えないといけないので、短くやわらかいトスのやり方を教えてもらえないでしょうか?先輩は指先だけでつんっと弾くのですがそれが出来ないのと、指先だけだとコントロールできないので、やわらかく、それでいて短いトスを教えてください!敬語とかうまくつかえてなかったらすいません。後、文もいみわかんないですよね、すいません。

      • 赤鬼
      • 2016年 4月 01日

      中2バレー部さん。コメントありがとうございます。
      敬語もちゃんと使えていますし、文章から あなたの悔しい気持ちがひしひしと伝わってきますよ♪

      一年生大会お疲れ様でした。正直、一年生大会はジャッジは甘くとるのが暗黙のルールなんですが、そこまでホールディングをとる事が理解できません。
      その辺はあまり気になさらずに。
      ヽ(*´∀`)ノ

      とは言え、中2バレー部さんは責任を感じてらっしゃるようなので、アドバイスをさせていただきたいと思います。
      ホールディングをとられないように短く柔らかいトスのやり方ですが・・・

      すいません!言葉でうまく説明できません!
      僕の説明は細かいところまで言ってしまうので・・・

      なので作りました!
      あなたの悩みも急遽、取り込みました!

      こちらの記事を参考にして下さい。
      項目の3に解決方法を書かせていただきました♪

      オーバーのホールディングをとられやすい主な原因は三つです。
      その三つを自分自身に当てはまっていないかを まず確認し、そこから壁パスなどで修正していきましょう!
      新入生が正式入部するのは大体4月末ほど。

      後、1ヶ月もありますよ!
      大丈夫!責任感の強いあなたならできますよ!ヽ(・∀・)ノ

      一年生大会で味わった「悔しい」って気持ちは、上達に役立つすごいエネルギーを持っています。
      それを糧に練習に励んで下さい。

      頑張ろうぜ!ヽ(・∀・)ノ

    • 中2バレー部
    • 2016年 4月 17日

    回答ありがとうございました。
    赤鬼さんからおしえてもらって、自分にもできるかもって希望がもてました。毎日練習して、反則しないように頑張っていこうと思いました✨
    本当にありがとうございました!

      • 赤鬼
      • 2016年 4月 19日

      中2バレー部さん 返信ありがとうございます。まだまだお伝えしたい事があるのですが、全てを紹介できずに残念です。
      バレー部に所属しているとこれから何回も壁にぶつかると思います。しかし前進しているならば壁にぶつかるのは当然です。

      前進しない人は壁にぶつかる事すらできないのです。一つ一つ出来ない事をできるようになったら、もっともっとバレーが楽しくなりますよ♪
      僕のサイト「一鬼当千」では、僕の知っている事を全て紹介していくつもりなので、よろしければ参考にしていただけたらと思います。

      これからだんだんと暑くなってきて練習環境が苛酷になると思いますが、体に気をつけて頑張ってください(^◇^)

    • マサミ
    • 2016年 9月 17日

    よろしくお願いします

      • 赤鬼
      • 2016年 9月 18日

      マサミさんへ
      コメントありがとうございます。
      こちらこそよろしくお願いします。

    • Chr
    • 2017年 5月 02日

    はじめまして。中2女子です。バレー部でセッターをやっています。

    私は、ネットから遠すぎず近すぎずの丁度いい位置へトスを出すのが苦手です。

    トスをあげる時、体がトスを出したい方を向いていません。

    カットされたボールの落下地点に入っても、手だけで出したいところへ持っていってしまっている感じです。

    先生には、右手を軸にしてネットと体を平行にする、と教えてもらったのですがいまいちコツが掴めません。

    出したい方へ体を向けるためにはどうすれば良いでしょうか?コツなどありましたらお願いします!

      • 赤鬼
      • 2017年 5月 02日

      Chrさんへ
      こんにちは。
      赤鬼です。

      コメントありがとうございますヽ(・∀・)ノ
      さて、Chrさんはどうやらトスを出したい方向へ体が向かずに狙った場所にボールが行かない事でお悩みの様子。

      先生のアドバイスは右手を軸にネットと体を平行にするとの事ですが、僕のアドバイスは若干異なります。
      手を軸にすると言うよりも右足を軸にがしっくりくる気がします。

      具体的に言うと、例えばセットアップの位置にいてネットから1m程度離れた短いパスが来たと仮定します。
      このボールをレフトに上げる場合は…

      1. ボールの落下地点に素早く入り右足を軸に時計周りに回転する
      2. 自分のおへそをレフトの上げたい場所に向ける
      3. そこからレフトへトスを上げる

      こんな感じです。
      僕はこの軸回転をスムーズにするために、二段トスの時には右足のふくらはぎに左足の甲をくっつけて片足立ちになりトスをあげます。

      右足を軸に回転してつま先をレフト方向へ向ける事からまずは意識しながらやってみてください。
      それが出来るようになったら、自分のおへそがレフトへ向いているか確認してみましょう。

      逆にライトに上げる場合は右足を軸に半時計周りに回転しカカトをライトの上げたい方向へ向けるようにしてみて下さい。
      最初は難しいので、まずはレフトを徹底的に練習しましょう。

      コツが掴めて来たらレフトプレイヤーの打ちやすいトスを打合せし、良いトスを上げてやってください。
      う~ん、でも言葉ではわかりにく部分がありますね( ̄▽ ̄;)

      今度、撮影する機会があったら足の動きを撮って記事にアップしてみます。
      とりあえずこのコメントでやってみてください。

      また、わからなければお気軽にどうぞ(^O^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る