ハロウィンの由来と起源。そして、10月31日に起こった私の悲劇。


Sponsored links

Trick  or  Treat!
お化けに扮した子供達の元気な声が聞こえる10月31日。
その日こそが「ハロウィン」です!

皆さん、こんにちは!
赤鬼です。

もうそろそろ街中に、ハロウィングッズが出始める頃ですね。
日本にも、ここ数年で随分と定着してきたハロウィンですが、どんな由来があるのでしょう?

今日は、そんなハロウィンの由来と起源を調べてみました。
最後に、ハロウィンで起こった、僕の悲劇をお話させていただきます。

Sponsored links

1. ハロウィンの由来

ハロウィンは、古代ケルト人のお祭りが由来とされています。
古代ケルト人は、紀元前3000年~2000年紀にケルト文化を形成した、
ヨーロッパの西部に住んでいた民族です。

元々は中央アジアの草原で暮らしていたようで、
馬や戦車、馬車を持ってヨーロッパに移っていきました。

古代ケルト暦によると、
10月31日は一年の最終日。

この日は、あの世から死者が戻り、いたずらをする日と信じられていたのです。
また、魔女や精霊、妖精が飛び交う日とも言われていました。

そんな悪霊の災いから身を守るために、
お供え物を供え、悪霊祓いの明かりを灯す風習ができたのです。

このように、比較的、宗教色が濃い祭事でしたが、現在ではアメリカに定着し、
その意味合いも無くなっていきました。

宗教的意味合いが無くなったのは別にかまわないとして、
魔女や妖精が飛び交う日なんて、夢がありますね

2. ジャック オー ランタン

ジャック

ハロウィンと聞けば、
ほとんどの方がこのカボチャをイメージするかと思います。

このカボチャは「ジャック オー ランタン」と呼ばれる物で、
10月31日に、あの世から帰ってくる死者の目印なのです。

おそらく皆さんも、お盆の時期に「迎え火」を焚くと思いますが、
あれと同等の物だと感じていただければいいでしょう。

ところで、この「ジャック オー ランタン」ですが、
人の名前が入ってませんか?

この「ジャック」と言う人名には、こんな話があります。

その昔、アイルランドに「ジャック」と言う名の酔っぱらいがいました。
この男、なかなかのワルで、悪魔もだます程。

しかし彼の死後、天国は入国拒否、そして地獄も同様の対応。
行く場所を失った彼は、罪を償うまで暗闇をさまようことになりました。

その時に、暗闇を照らすために彼が持っていたのが「提灯」でした。

以後、彼と同じように暗闇をさまよう魂は、「カブをくり抜いた提灯」を持ち、
闇を照らし続けたのです。

この話がその後、「ジャック オー ランタン」の由来になりました。

3. なぜ仮装するの?

仮装

ハロウィンと言えば、「仮装」ですね♪
日本にハロウィンが定着してきて、様々な衣装が売られるようになりました。

ところで、どうして仮装をするのでしょう?

先程の説明文の中に、「悪霊や魔女などが飛び交う」というものがありました。
その悪霊を怖がらせるために、仮装を行います。
手っ取り早く言えば「魔除け」ですね。

さて、この「仮装」なんですが、
日本のハロウィンの日でもやる方が増えて来ました。

僕の知り合いも、昨年 仮装をしていたのですが、
驚いたのがそのクオリティーの高さ。

その子がタイムラインにアップした写真には、リアルな「口裂け女」が・・・。
悪霊の前に、周りの人がビビるレベルでした

年々、日本の仮装のレベルも上がって来ているようなので、
腸がはみ出たゾンビとか、口に血が付いてる狼男などが来ない事を願うばかりです。

Sponsored links

4. 僕の身に降り注いだ悲劇

203063

2014年、10月31日。
僕の身に悲劇が襲いました。

とある中学で公式戦をやっていのたですが、引退した3年生も来ていました。
そいつらが僕にこう言うのです。

「赤鬼さん。今日はハロウィンですよ♪お菓子くださーい

まぁ僕も、心まで鬼ではないので快くOKを出し、
お菓子が売ってある近くの薬局に行きました。

少量のお菓子をカゴに入れレジを通し、
その子に達に渡すと・・・

「ありがとうございました。とっても嬉しいです

チョコレート一枚を持ちながら、
嬉しそうにお礼を言われました。

「チョコレート一枚程度で、こんなに喜んでもらえるならいくらでも買ってあげるよ♪
ハッピーハロウィン♪」

「え~、じゃあ来年も赤鬼さんに
Trick  or  Treat!】ですね♪ あははは。

・・・・はい。ここまでが、
僕の想像してた話です。

しかし皆さん、よ~く考えて下さい。
ここは大阪ですよ?
人類最強の「大阪のオバチャン」が生息する場所ですよ?

東京ならいざ知らず、
こんな↑シチュエーションが起こるわけがありません。

僕の認識が甘かったようです・・・。
実際に起こったのはこちら↓

生徒「赤鬼さ~ん!今日、ハロウィンですよ!お菓子買いに行きましょう!
お菓子!お菓子!!」

赤鬼「お菓子、お菓子うるさいねん!もうわかったから静かにしろ

ギャーギャーうるさい教え子を連れて、薬局に到着した一行。

赤鬼「テーピング選んで来るから、君らもお菓子選んどき~。」

生徒「は~い、わかりました~♪」

指用のテーピングが見つからず、5分以上探し回り、
やっと見つけて、その子達の元に戻ると・・・。

生徒A「なぁ、これもええんちゃう?」

生徒B「え~、こんな大きいの?さすがにあかんやろ~?」

生徒A「ええから♪ええから♪ハロウィンやで!」

生徒B「せやな!いっとこか♪どうせ赤鬼さんの奢りやし♪」

そいつらの持っていたカゴを見ると、まさかの山盛り。
「夕食の用意?」と疑うレベルでした。

会計をすると、まさかの2,000円オーバー・・・。
唖然とする僕に、そいつらが言うんです。

生徒A「来年もお願いしますね♪」

生徒B「お願いしま~す

僕は微笑みながら、こう言いました。

赤鬼「君たち・・・。
シュモクザメににケツ噛まれたらええねん

たかだか2,000円くらい、どうってことはありませんが、
もっとこう・・・なんと言うか・・あるのでは?

というような感じで、僕の想像とかけ離れたハロウィンでした。
やっぱり東京の素直な女の子でないと、チョコで大喜びはありえないようですね・・・。

恐るべし!大阪!
皆さんも、ハロウィンの日には、
お化けと大阪の子には要注意ですよ!

それではまた、お会いしましょう。

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る