指の筋トレで握力の平均値を上回れ! 前編(平均表公開中)


ボルダリングが身近な競技となり、
指の力が発揮される時代が来ました。

昔は、「お父さん指」だの「お母さん指」だの
謎のネーミングもあった指が・・・
遂に脚光を浴びる時代が来たのです!

皆さん、こんにちは!
赤鬼です!

今日は、握力を鍛える方法を一挙公開します。
普通に生活するには、さほど必要性のない握力ですが、
スポーツをする方なら強い事に越した事はありません。

まずは平均値を知り、
ご自身が平均値以上が以下か知りましょう。
それでは行きます。

Sponsored links

1. 握力平均値

文部科学省が調査した結果が以下の通りです。
ご自身の年齢をご覧になり、チェックしてみてください。

まずは女性から行きましょう。

・年齢別握力平均値(女性)

・6歳  8.85kg  (1103)

・7歳  10.31kg (1124)

・8歳  12.02kg  (1100)

・9歳  13.96kg  (1125)

・10歳  16.81kg  (1116)

・11歳  19.97kg  (1124)

・12歳  22.08kg  (1398)

・13歳  23.97kg  (1401)

・14歳  25.33kg  (1401)

・15歳  26.0kg  (1429)

・16歳  26.93kg  (1413)

・17歳  27.21kg  (1435)

・18歳  27.40kg  (1058)

・19歳  27.24kg  (692)

・20-24歳  28.88kg  (1366)

・25-29歳   28.77kg  (1434)

・30-34歳  29.04kg  (1623)

・35-39歳  29.66kg  (1856)

・40-44歳  29.97kg  (1857)

・45-49歳  29.39kg  (1638)

・50-54歳  28.5kg  (1560)

・55-59歳  26.89kg  (1621)

・60-64歳  25.85kg  (1755)

・65-69歳  24.68kg  (933)

・70-74歳  23.26kg  (935)

・75-79歳  21.98kg  (925)

※()内は被験者数

続いて男性です。

・年齢別握力平均値(男性)

・6歳  9.56kg  (1101)

・7歳  11.28kg  (1127)

・8歳  13.06kg  (1109)

・9歳  14.99kg  (1123)

・10歳  17.15kg  (1116)

・11歳  20.13kg  (1116)

・12歳  24.66kg  (1392)

・13歳  30.1kg  (1407)

・14歳  35.46kg  (1405)

・15歳  39.29kg  (1411)

・16歳  42.07kg  (1424)

・17歳  43.26kg  (1420)

・18歳  43.13kg  (1054)

・19歳  44.18kg  (799)

・20-24歳  48.11kg  (1555)

・25-29歳  47.96kg  (1614)

・30-34歳  48.24kg  (1671)

・35-39歳  48.2kg  (1844)

・40-44歳  48.01kg  (1833)

・45-49歳  47.43kg  (1701)

・50-54歳  46.62kg  (1651)

・55-59歳  44.47kg  (1546)

・60-64歳  42.12kg  (1587)

・65-69歳  39.34kg  (938)

・70-74歳  36.56kg  (933)

・75-79歳  34.26kg  (910)

※()内は被験者数

いかがでしたでしょうか?
ご自身の握力は平均値以上だったでしょうか?

仮に平均以下としてもガッカリしないで下さい。
次の章から紹介する方法で、必ず向上します。

では、実践に移りましょう。

Sponsored links

2. 握力アップ方法その1 ハンドグリッパー

握力を上げる定番中の定番がこちら・・・

指トレ器具

ハンドグリッパーです!
ちなみに右の大きな器具は、
スーパーグリッパー」と言う物で、
22kg~150kgまで調整可能なモンスター器具です。

Amazonで3,000円程度で購入可能で、
一台あればハンドグリッパーのように買い替え不要です。

スーパーグリッパー

こんな感じで握るだけでOK。
手が痛くなるので、手袋着用をおすすめします。

さて、この「スーパーグリッパー」ですが、
やはり難点があります。

まずは、調整するのにリストを確認する必要があるのですが、
注文先によっては強度計算表が入っていたり無かったりします。

これがとても腹立ちました
ただでさえ調節するのが大変なのに、
説明書無しとは・・・。

ですから、もしも購入される方は、
説明書の有無を確認しましょう。

もしも入ってなかったら、
Googleさんで「スーパーグリッパー強度計算」で検索して下さい。
簡単に計算してくれるサイトがあります。

では、逆に利点は何か?
先程も申したとおり、「一生買い替え不要」なところです。

いやほんと、130kgでも世界に5人しかいないので、
150kgなんて握れる方いるのでしょうか?
(^_^;)

もしも150kg行けたよって方、ぜひ見せて下さい。
本当に興味があります。
では続きに参りましょう。

今度は「ハンドグリッパー」を見て行きましょう。
「ハンドグリッパー」も「スーパーグリッパー」同様、
このように握ります。

ハンドグリッパー

難点はレベルの向上に合わせて買い換える必要がある事です。
それ以外は特に見当たりません。

利点はと言うと、「携帯に便利」な事と「比較的安い」事になります。
厚着の季節は、コートのポケットに入れてトレーニング可能となるので、
試しに一つ購入するのも良いかもしれません。

僕は持っていませんが、
マニアの中では「キャプテン オブ クラッシュ」と言うグリッパーが人気のようです。

サイトを見たら、値段は高いですが、
金属感丸出しのかっこいいデザインでした。

「俺は形から入る男だ!」
そんな方におすすめです。

3. 握力アップ方法その2 ボール

「ハンドグリッパー」が老舗の握力アップ器具なら、
こちらは最新(?)になると思います。

それがこちら。

ボール

ローラーリストボール」です!
やり方はとっても簡単、付属の紐を中のボールに巻きつけ引っ張ります。

後はひたすら回転させるだけです。
少し音がうるさいですが、かなり効きます。

これは本来なら手首を鍛えるものですが、
強く握らないと支えきれないので、指も鍛える事が可能です。

限界までやると、手首が悲鳴をあげる事でしょう。
文章だと説明がわかりにくいとおもいますので、
最後に動画をご覧ください。

以上が指を鍛える器具のご紹介です。
後編では、もう少しトレーニング方法も御紹介します。

本当は恥ずかしくて公開したくないのですが、
かなりマニアックな物も紹介しますので、お楽しみに。

それでは後半でお会いしましょう!

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る