献血のメリットとは?ダイエット効果はあるのか?検証してみました。


Sponsored links

世の中には、様々なボランティアが存在します。
その中で、わずか15分~20分で、
しかも体一つでできるボランティアがあります。

そう・・・
それが「献血」です!

皆さん、こんにちは。
赤鬼です。

先日、ちょいと小耳に挟んだのですが、
献血にはダイエット効果があるとの事・・・。

確かにネットでも載っていますが、
自分で確かめる「体当たり取材」が僕のブログのやり方です。

行ってきました。献血。
確かめて来ました。ダイエット効果。

スタッフの方の答えは・・・

Sponsored links

1. 献血のメリットやダイエット効果は実際にあるのか!?

さて、気になる献血のメリットと、
ダイエット効果はどうなのでしょう?

メリットは、後ほど紹介するとして
ダイエット効果は・・・

結論!
献血したからと言って、
ダイエット効果はありません!

間違いありません!
スタッフの方から、教えていただいので。
では、次の章から、詳細と僕の奮闘記を御紹介します。

2-1. 献血にダイエット効果が無い理由。

献血にダイエット効果が無いのは、
当然と言えば当然かと思います。

体重を減らすのは、食事制限をして摂取カロリーを抑え、
筋トレ、有酸素運動、ストレッチを行う事により、
効果が出てくるものです。

しかし、献血においては、
上記の条件を満たすものが何一つありません。

スタッフの方にも、直接うかがってみました。

看護師さん
「はい。ダイエット効果はありません。
確かに献血を行うと、血液が200ml~400ml減少します。

血液は、水に比べて比重が少し重いので、
400mlの血液を採取した場合、
約500ml分の重量が体重から差し引かれます。

しかし、当然のごとく、あなたが今お持ちのお茶(いただいた物)を飲むと、
体内に水分が入るので、体重は元に戻ります。

水分を摂取する事により、当然のように血液量は回復し、
体重も早々と戻ります。

余談ですが、ダイエット中に食事制限を行い、
空腹の状態で来てくださる方がいますが、
献血中にめまいを起こしたりされるので、
そう言った方は、献血はおすすめできません。

そのように、書き込みしていただけますか(笑)」

このような返事をいただきました。
ダイエットに奮闘中の皆さん、

楽して痩せたい

その気持ちはわかります。
僕も楽して、ムキムキボディを手に入れたいです。
しかし、そんな事は無理に決まってます。

自らの努力が痩せる近道ですよ♪
頑張りましょうね♪

2-2. 献血のメリット

ハート

では、せっかく献血するのだから、
少しくらいメリットがあっても良いじゃありませんか。

そんな献血のメリットを見ていきましょう。

●メリットその1 自分の血液の状態がわかる

献血を受ける際に、採血を行い血液の状態を調べます。
その血液検査の結果が、後日、送られてきます。

だからと言って、
血液検査目的の献血はやめておきましょう。

万が一、エイズや感染症などにかかっている時に、
献血を行うと、その血液が他の方の体内に入り、
感染を引き起こす可能性があるからです。

ですが、そうなる前に必ず断られますが・・・。
血液検査が目的ならば、近くの医療機関で行うようにしましょう。

●メリット その2 記念品や飲み物がもらえる。

せこい・・・せこいぞ! 赤鬼!
そう感じられると思いますが、
仕方ありませぬ(-_-;)

献血を行った後に、どこの会場でも飲み物を無料で配布してくれます。
場所によっては、何本もジュースが飲めたりします。

また、僕も今回が初めてなのですが、
こんなカードをいただきました。

カード

右の、プラスワンカードに注目していただきたいのですが、
これは、後ろに書かれてある期限内に、献血会場で献血を行うと、
記念品がもらえるそうです。

以前、献血をした時は無かったのですが、
献血業界も色々と工夫しているようですね。

また、献血会場に友達を連れて行くと、
場所や期間の指定はありますが、
そこでも記念品がもらえるようです。

景品目的では、せっかくの献血も、
偽善じみたものになるのでおすすめできませんが、
興味がある方は、友人を誘って、
献血会場に足を運んでみてください。

● メリットその3 人助けになる。

ハートを抱く女性

やはりこれが一番のメリットでしょう。
あなたが提供した血液で、
本来、助からないかもしれない方の命を救う事ができるのですから。

余談ですが、昔はO型は全ての人に血液提供が出きましたが、
今はやっていないそうです。

理由を、先程と同じスタッフの方に聞いてみたところ、
こんな答えが返ってきました。

看護師さん

「はい。 確かに昔は、血液型がO型の人は、
どの血液型の人にも提供ができました。

理由としては、別の血液が体内に入ると、
多少なりとも身体が反応してしまうからです。

とは言え、現在でもO型の血液を、
輸血する事はあります。

血液のストックがあれば問題ありませんが、
万が一無ければ他の場所から取り寄せる必要があります。

これが地方の方だと、すぐに届かない場合などがあるので、
そんな時にO型のストックがあれば、それで輸血をしているのも事実です。

時代は変わっても、O型は今でも「万能血液」のままなんですよ♪」

ご理解いただけましたか?
そこのO型の方。

あなたの血液は、全ての人に提供できる可能性があるのですよ!
立ち上がれO型!ヽ(・∀・)ノ

Sponsored links

3. 赤鬼の献血奮闘記

さて、ここまで来て、
「赤鬼、お前は本当に献血行ったのか?」

そんな疑惑が浮上している可能性もあると思いますので、
献血に行った証拠と、そして、一連の流れをご紹介ます。

笑いあり、涙あり、お色気ありの、
僕の「献血奮闘記」ご覧あれ!

11月3日、僕の中での「献血作戦」が決行されました。
場所は、阪急グランドビル25階にある献血センター

さぁ!私の血液を好きなだけ抜くがいい!!
ふははははは!

献血ルーム入口

意気揚々と行ったものの、看板には・・・・
「現在、A,AB,B型の血液しか受け付けておりません。
ご協力ありがとうございました。」

まさかのO型拒否( ;∀;)
しかし!私のあくなき探究心は、
これしきの事では折れないのである!

場所を変えて・・・

献血車

はい、やって参りました。
京橋駅前広場!
ちゃんと、献血バスが停まっています。

献血看板

ちゃんと、「O型」も募集していました♪
受付で、身分証明を行い、簡単な問診をしました。

問診はこんな感じです。

● 不特定の異性または新たな異性との性的接触があった。

● 男性同士の性的接触があった(あるわけがない)

● 麻薬・覚せい剤を使用した。

● エイズ検査の結果が陽性だった。

● 4週間以内に海外へ行った。

他にも、かなりの数の問診がありました。
もちろんオールクリアーです。

ちなみに献血を受けるには、色々と条件があるようです。
詳細はこちら。

さて、問診が完了したら、続いて「血圧の検査」です。
クリアファイルに入れた書類を持って血圧検査開始。
こちらも無事にクリアできました。

血圧検査が完了したら、続いて「血液検査」です。
先程の問診と同じような質問に、口頭で答えます。
その質問が終われば採血開始。
こちらも無事、クリア。

問診 ⇒ 血圧検査 ⇒ 血液検査 ⇒ 献血
上記の流れになります。
さぁ、いよいよ本番です。

・・・・・おや?
心臓が鳴っている・・・。
ここまで来て、まさかの緊張。
(´Д`;)

なんて事だ。
私が恐れている・・・・。

しかし・・・。
敵前逃亡は、「士道不覚悟」で切腹です・・・。

とは言え、ぶっとい針は嫌だ。
気分が悪いと言って中止にするか?

・・・・否!!
こんな事で怖気づいてどうする!

」の旗の元に知っていった、
浪士達に申し訳ないと思わないのか!?
見ていて下さい!近藤局長!!
いざ、参る!!

089735

意を決して、池田屋 献血バスに飛び込みました。
中に入ると、リクライニング付きの椅子があり、
そこに腰掛けました。

スタッフの方「赤鬼さんですね。本日はよろしくお願いします。
それではですね、袖をまくっていただいてよろしいですか?」

服の袖をまくり、消毒開始。
腕にゴムバンドを巻いて、血管が浮き上がると・・・

来た・・・。
献血用の針だ。

な、なんて太さだ。
ポッキーくらい太い。

もしくはプリッツ。
11月11日は、まだ来てないぞ!

スタッフの方「少しチクッとしますね~。」

そう言うやいなや、僕の腕にブスリ。

スタッフの方「大丈夫ですか?」

赤鬼「だ、大丈夫であります・・。」

スタッフの方「その言い方だと、
大丈夫ではないようですね(^_^;)」

献血中

こうなれば、こっちのものです。
あ~、吸われてる。
吸われてる感じがしますね~。

チュパカブラでも、
ここまで吸いませんよ~。

細い管を通ると、
隣接するパックに血液が取り込まれていきます。

献血パック

傷つけても・・・・
傷つけられても流れる赤い血

とても道とは言えぬ程・・・
か細く狭い その管こそ

恐れ合う偏見を・・・・
血で血を洗う戦いを

かくも た易くすり抜けて
絵空に描く幻想よりも

確かに見える
”タイヨウ”へと続く道。

赤鬼『ジンベエ・・・。 俺の仲間に!・・・』

スタッフの方「あっ、赤鬼さん。終わりましたよ。
ご協力ありがとうございました♪」

赤鬼「あっ、わかりました。ありがとうございました!」

戦いは終わった・・・。
僕の提供した血液で、誰かの命が救える・・・。
こんない嬉しい事はない。
ララアならわかってくれるよね?

そう思い、日が沈む京橋を走り始めたのでした。

・・・・ぜえ=3 ぜえ=3
あかん・・・血が足りひんわ・・・。

※献血が終わった後に、走るのはやめましょう。
管理人はノリで走って、えらいことにんりました。

と言う訳で、これで僕の「献血奮闘記」は終わりです。
皆さんも、機会があれば、ぜひ献血をお願いします。

明日に使用される血液は、
もしかしたら、あなたの善意から提供された
熱い血かもしれませんよ!

それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る