初詣に住吉大社はいかが?関西ナンバー1の神社がこれだ!


皆さん、こんにちは。
赤鬼ですヽ(´▽`)/

いつも、最後まで読んでくださり、
ありがとうございます。

さて、前回は、住吉さんのアクセス方法を紹介しましたが、
今回は、実際に参拝する方法と神社の疑問あれこれを紹介します。

最後に、管理人の身に起こった御利益を紹介します!
それでは、行きましょう!

Sponsored links

1. 参道から、鳥居の前にて

鳥居

どこの神社にも、必ずある鳥居ですが、
これは、一般家庭で言う玄関のようなものです。

ですから当然、鳥居をくぐるときは一礼が基本です。
これから、神様のいらっしゃる所へ入らせていただきます。
失礼します。と言う感じです。

そして、鳥居をくぐって参道を歩く際は端っこを歩きましょう。
真ん中は神様が通る道なので人は歩いてはいけません。
(´∀`)

2. 手水舎の作法

今度は、手水舎の作法です。

お手水場所

これも、やり方がありまして順にやってみます。
まずは右手で柄杓を持ち左手を清めます。

作法2

次に、左手に柄杓を持ち替えて右手を清めます。

作法1

最後にもう一度右手に柄杓を持ち替えて、
水を少しだけ左手に汲み、その溜めた水を口に含み清めます。
※飲まないで下さい(^_^;) 

もう一度左手を清めて、最後に柄杓を立てて、
柄の部分に水を伝わらせて、柄杓の柄の部分を清めます。

作法3

以上で、手水舎はオッケーです!

3. 住吉大社御祭神

今回御紹介している住吉大社は、
第一から第四本殿まであります。
順番では第四本殿からスタートです。

第一二本殿

向かって右が第四本殿、左が第三本殿です。
次の第二本殿が先の二つの奥にあります。

第三本殿

そして一番奥にあるのが第一本殿です。

第一本殿遠

住吉の神様は全部で4体。

第四本殿 底筒男命(ソコヅヅオノミコト)

第三本殿 中筒男命(ナカヅツオノミコト)

第二本殿 上筒男命(ウワヅツオノミコト)

第一本殿 息長帯比売命(神功皇后)
(オキナガタラシヒメノミコト)

海の神、航海の神、和歌の神、言霊の神で有名です。
平安時代には既に存在していたので、かなり歴史ある神社です。

さて、次はいよいよ参拝をして行きましょう!

Sponsored links

4. 神社での参拝方法

さて、本殿の前に着いたらいよいよ参拝です。
まずは、お賽銭を賽銭箱に入れ手を合わせます。

まずは神社の神様に、本日、来させていただいた御礼、
日頃、守護して頂いている御礼を述べます。
※可能ならば、天津祝詞を奏上すれば完璧です。

そこから日頃の悩み、願いを具体的に、
これでもかと言うくらい神様に聞いてもらってください。

そして、願い事を言ったら二礼 二拍手 一礼を行います。
まずは、2回お辞儀をします。
次に2回、手をパンパンと叩きます。
最後に1回お辞儀です。

これで一応、全ての参拝が完了です。
お疲れ様ですヽ(・∀・)ノ

5. 神社の疑問あれこれ

次は、少し気になる神社の疑問編です。
神主さんから教えていただいものなので信憑性は高いと思います。
ぜひ、ご覧下さい。

Q...お賽銭は、どれくらいの額が良いのか?

一般的には、「御縁があるように」5円を入れる方が多いようですが、
特に金額の定めはありません。

多いから、少ないからではなく、気持ちが込もっているかが重要です。
少し出したら痛いくらいの金額が丁度良いです。

Q...おみくじは何回引いても良いのか?


基本的には何回引いても構わないそうです。
また、持ち帰って財布などに入れていてもOK。

ちなみに住吉さんには、こんな巨大な おみくじが・・・

おみくじ

これが、なかなか振っても出ない!
しかも重い(´Д`;)

アームカールしたらパンプアップするレベル・・・
そんな重い思いをして出たのが・・・

大凶みくじ

・・・!?

大凶みくじ拡大

・・・!!?

・・・・え~(´Д`;)
住吉大社の おみくじは・・・
なかなか大吉が出ません!

今まで10回以上参拝しましたが、出たのは1回です!
また、おみくじは神様からの
現在の自分へのメッセージ。

一喜一憂するほどの事じゃござぁせん。
全然、気にしてへんし。

おみくじつける

・・・チッ(´・ω・`)
次、行きまっせ!

Q・・・御守りを何個も持つと神様同士が喧嘩して、良くない?


答えはNO
正神界の神様同士なので、むしろ相乗効果が出てなお良いそうです。

ただ、一年過ぎれば効果が切れるので、
その時はゴミ箱へ捨てないようにするべきです。

年末年始に、古い御札や御守りをお焚き上げするために、
回収する場所があるので、そこに持ち込みましょう。

Q・・・願い事が叶ったら、どうすべき?

これは、人間社会と同じでお礼参りに行きましょう。
先に記述している参拝の時に、
「神様のお陰で、〇〇の願いが叶いました。
ありがとうございます。」

このような感じで、きちんと御礼を言うとベストです。
大体、皆さんが疑問に思うのはこんなところでしょうか?
最後に、僕の身に起こった御利益を お話します。

6. 住吉の神々の奇跡

日本の神道に数多の神あれど、住吉の神々程、
お世話になったのは他にありません。

僕は以前、かなり過酷な労働環境で仕事をしていました。
正直、精神的に追い込まれすぎて、
飛び降りようと思ったのは一度だけではありません。

そう。俗に言うブラック企業に勤めていたのです。
こんな生活には、もう耐えれない・・・
苦しい時の神頼み。

住吉の神々に助けを求め正式参拝を行いました。
正装に着替え、神々に捧げる浄財を持ち、
自分の番を待ちました。

真冬の風を受けながら外で待っていると、
自分の名前を呼ばれました。

神前で神主さんの到着を待ち、少ししてから神主さんが到着。
厳粛な雰囲気の中、神主さんの祝詞を奏上し始めました。
神主さんの祝詞奏上を聞きながらこう願いました。

「神様、私はもう限界です。
出来るなら、今の職場から解放され、安定し、
働きやすい職場に勤務できるようにしてください。」

正式参拝を終えて後は神々にお任せするだけでした。
その参拝以後、すぐに願いが叶うはずもなく、
月日は流れて行きました。

来る日も来る日も激務に追われ、心身共に疲弊しました。
気が付けば1年が過ぎ、年があけました。

そして・・・
忘れもしない「2013年1月5日」1本の電話がなりました。

「俺の会社、一人欠員が出て募集してんねんけど来るか?」
その時、寝ぼけていたので何の事かよくわからず、
意識がはっきりした瞬間、
「面接してください!」
そう返事をしました。

翌々日、早速面接。
そして・・・
次の日に採用が決まりました。

そして、現在・・・
僕は、ホワイト企業で伸び伸びと仕事をしています。
地獄のような日々でしたが、仕事を変えるという大きな願いに、
住吉の神様は応えてくれました。

大きな願いは時間がかかるので、
それまで本当に辛い日々でしたが、
あの時、住吉大社に行って本当に良かった!
今は、本気でそう思います。

今度は、皆さん自身が体験してください。
そして他府県の方々、関西に来られたら、
ぜひ!住吉大社の神々に会いに行ってみてはいかがでしょうか?
ヽ(・∀・)ノ

(アクセス方法はこちら

身も心も清められますよ。
あなたの身に、僕と同じ奇跡が起こる事を願います。
ヽ(;▽;)ノ

太鼓橋セピア

Sponsored links

関連記事

コメント

    • 美雪
    • 2015年 11月 22日

    住吉大社を検索していてたどり着きました。
    私もご利益がありました。
    前の会社を退職して就職活動をしていましたが、年齢のこともあり
    約1年間面接にすらたどり着けない状態で生活保護を考えておりました。
    ふと、住吉大社に立ち寄りお祈りしました。
    しかもお金もないので、「仕事が決まったら必ずお賽銭します。ごめんなさい」と
    賽銭なしでの祈願。
    そして1週間後!ある会社から「うちで働きませんか?」とのお誘いが!!
    しかもかなりの高待遇。雰囲気もよく信じられないくらい良い会社です。
    これは住吉大社のご利益としか考えられません。
    お賽銭を握り締め、早速お礼参りに行こうと思います。
    住吉大社って仕事関係に強い神様なんでしょうか?(笑)

      • 赤鬼
      • 2015年 11月 24日

      美雪さんへ。
      コメントありがとうございます。住吉大社は関西ナンバー1と言われる神社で、
      仕事だけでなく、色んな願いを叶えて下さる神社です。

      実際に、僕の先輩の恋愛が成就するために「お百度参り」をした事がありますが、
      一ヶ月も経たないうちに良い知らせを聞きました。

      本来は海の神、言霊の神とある文献に書いています。
      このように、どのような神様が知ってから行くと、より一層願いを聞いて下さるそうです。

      人間も自分のことを知ってくれている人に好感が持てるのと同じ事です。
      今度は別の願い事をしてみてはいかがでしょうか?
      美雪さんの新たなる願いも叶うと良いですねヽ(・∀・)ノ

      あっ、伝え忘れましたが、お礼参りも忘れずに行く事をおすすめします。
      せっかく願いを叶えてあげたのに、お礼くらい言いに来てくれてももいいじゃないか・・・。
      ってなるので( ̄▽ ̄;)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る