大阪市立科学館のプラネタリウムで雨の日のデートはいかが?


明日は彼と楽しいデート♪
まだ行き先は決まってないけど楽しみ~♫

 

翌朝…

 

何・・・やて?

 

雨やんけっ!

 

せっかくのデートなのに~!!!!
そんな時は…そうだ!プラネタリウムに行こうっ!

こんにちは!
最近、北斗七星の横に寄り添うように青く光る星が見える…赤鬼です!
(ワシ、年内に死ぬんか?)

 

これからデートって時に雨なんて嫌ですよね~。
そんな時は大阪市立科学館なんていかがでしょう?

 

そこは科学の宝庫であると同時に、プラネタリウムも見れる珍しいデートスポットです。
実際、現地に行った時も多くのアベック(死語)がいました。
今回はそんな大阪市立科学館の冒険のお話です。

Sponsored links

1. 大阪市立科学館のプラネタリウムはこんな感じ!

大阪市立科学館の正面入口を抜けると広い大きな吹き抜けのホールがあります。
そこから地下1階に向かいましょう。

インフォメーション

するとチケットインフォメーションがあります。
まずはここで科学館と展示場とプラネタリウムのチケットを購入しましょう。
展示場は大人一人400円、プラネタリウムは600円です。

 

さぁ、チケットを購入したらプラネタリウムに向かいますよ!!
ではこれから紹介して行く内容をざっと挙げておきましょう。

〇 大阪市立科学館プラネタリウム

  1.  展示場とプラネタリウムどっちが先が良い?
  2.  管理人おすすめの座席
  3.  大阪市立科学館のプラネタリウムってどんなの?
  4.  専門スタッフの方に気をつけろ!

以上の4点です!
では順番に解説していきます。

1-1. 展示場とプラネタリウムどっちが先が良い?

大阪市立科学館に来たら最初に悩む事が一つ。

 

展示場とプラネタリウムとどっちを先に行ったらええねん?

 

はい。
結論から言いましょう。
プラネタリウムからをおすすめします。

 

それは何故か?
この流れの方がスムーズに行けるからです。

 

過去に一度展示場から行った事があります。
しかし、展示場って結構見る物が多かったりサイエンスショーがあったりで見て回るのに時間がかかるんですよね。

だから先に展示場に行ってしまうと、あっという間に一時間経ってすぐにプラネタリウムに向かう羽目になります。
ですから最初にプラネタリウムに行くと良いでしょう。

1-2. 管理人おすすめの座席

さっそくプラネタリウムに行くわけですが、座席は一体どこが一番見やすいのでしょうか?
どの席でも見やすいと言えば見やすいのですが、僕のおすすめの座席があります。
それは・・・

 

ど真ん中の一番後ろの席から3列目の席です。

 

ここがプラネタリウムが始まって一番見やすいと感じました。
更にプラネタリムを見ている間も視界に星がすっぽり入って臨場感が増します。

ちょ~っとわかりにくいのですが、ホールを抜けると右に球状の投影機があります。
その後ろ側が僕のおすすめの席です。


プラネタリウム入口

この座先を確保するためにも開始20分~30分前には入口にて並んでおくようにしましょう。
チケットインフォメーションの後方が入口です。

 

大阪市立科学館は空いているように見えますが、プラネタリウム開始10分前くらいになると長蛇の列が出来上がります。
良い席を確保するためにも油断せずに行きましょう。

 

プラネタリウムは朝10:00スタートで、そこから1時間刻みで上映されます。
上映開始前には現地に到着すると良いでしょう。

※プラネタリムのスケジュールはこちら

1-3.  大阪市立科学館のプラネタリウムってどんなの?

プラネタリウム

さぁ、見事「椅子取りゲーム」に圧勝したあなたはベストな状態でプラネタリウムを堪能できます。
ところで大阪市立科学館のプラネタリムの特徴ってどんな感じなのでしょうか?
下記にまとめてみました。

〇 大阪市立科学館のプラネタリムの特徴

  1.  直径26.5mのドームスクリーンに本物に近い星が映し出される
  2.  専門スタッフの方がその日の夜に見える星座や宇宙に関する事を解説してくれる
  3.  椅子がフランス製で気持ち良い
  4.  時間は約45分
  5.  定員は300名の自由席(完全入れ替え制)

ざっと挙げるとこんな感じです。
特に専門スタッフの方の解説が面白いっ!

 

あなたは知っていますか?
大熊座の尻尾が熊なのに長い理由を…。

 

熊の尻尾は丸くて短いのが特徴です。
しかし神様が熊を星座にする時に尻尾を掴んでブンブン振り回し、天に放り投げました。
その結果、大熊座の尻尾は長くなってしまったのです。

 

…こんな感じで、専門スタッフの方によって星座や宇宙の事を色々教えてもらえます。
あっと驚く発見があるかも!?

1-4. 専門スタッフの方に気をつけろ!

プラネタリウムを見ていて一点だけ気をつけてほしい事があります。
それは…

 

眠気。

 

せっかくプラネタリウムを見に来たのに寝てしまっては勿体無い。

しかし椅子はこんな感じのフランス製。
たまにリラクゼーション音楽が鳴る。
そしてなにより眠気を誘うのが…専門スタッフの方のトーク。

 

いやいや、誤解しないで下さいよ。
話の内容がつまらないってわけではないんですよ。

 

専門スタッフの方の声がめっちゃ癒し系何ですよ!

 

いやいや、絶対に声で選んだやろ?ってくらい癒し系の声。
専門スタッフ辞めても絵本の読み聞かせでも食べて行けるレベルです。

 

僕は今まで3回行って2回寝ました( ̄▽ ̄;)
まぁ、どうしても眠くなったら…

 

寝てしまえいっ!!!!

 

実際に僕の周りの何名かは爆睡してましたしね。
こんなリラックス効果もプラネタリウムの醍醐味なんでしょう!
現場からは以上です。

日本初のプラネタリム「カールツァイスⅡ型投影機」(大阪市指定文化財)

Sponsored links

2. 科学館展示場

プラネタリウムが終わっても大阪市立科学館の冒険はまだ終わりません。
第2章では展示場を少しだけ紹介します。
4階から順番に見ていきましょう。


インフォメーション横にエレベーター乗り場がありますが、それに乗って地下から4階までエレベーターで一気に上がります。
さぁ、いよいよ科学の世界の始まりですよ。

2-1. 科学館4階 宇宙とその発見

4階ではこんな物が展示されています。

〇 大阪市立科学館4階展示場

  •  星と宇宙に関する展示
  •  科学の基礎的な原理や法則を調べる装置
  •  科学の歴史

先ほどのエレベーターで4階まで上がってきました。
すると眼前に広がるのは・・・

惑星

惑星の大きさを示した模型があります。
少しわかりにくいですが白い丸印をしている物が「地球」です。
この模型を見ると、いかに太陽が大きいかがわかりますね。

ちなみに地球のデーターはここの展示場によると・・・

〇 地球のデーター

  •  赤道半径 6,378km
  •  太陽からの距離 1億4960km(1天文単位)
  •  公転周期 1年
  •  自転周期 1日
  •  質量 5.974×1024kg
  •  平均密度 5.52g/m
  •  衛生数 1

これ以外にも宇宙の法則の展示物がたくさんあるので見て回ると楽しいですよ。

2-2. 科学館3階 身近に科学

3階の展示場ではこんな物が紹介されています。

〇 大阪市立科学館3階展示場

  •  金属
  •  プラスチック
  •  宝石
  •  薬
  •  上記のような我々の暮らしを支える物質の科学
  •  サイエンスショー(約30分)

少し見て回りましょう。
へぇ、色々あるなぁ。


虫

げっ!?
テラフォーマーズ!?(ゴキブリ)

 

ノーノー。
姿かたちはよく似ていますがこれはゴキブリではありません。
この昆虫は「ラックカイガラムシ」と言い何とプラスチックを作る虫です。

この模型はそのラックカイガラムシを1,000倍の大きさにしたものです。
プラスチックが出来る原理は近くのスタッフの方にたずねると、これでもかって解説して下さいます。


科学館の3階では「サイエンスショー」も見る事ができます。
今回は「慣性の法則」を専門スタッフの方に解説していただきました。
子供達も実験に大興奮です。

〇 大阪市立科学館 サイエンスショースケジュール(平日)

  •  10:00 団体専用(事前予約必要)
  •  11:00 団体専用(事前予約必要)
  •  13:00 団体専用(事前予約必要)
  •  14:00 先着約100名

〇 サイエンスショースケジュール(土日、祝日、学校長期休み期間)

  •  11:00 先着約100名
  •  13:00 先着約100名
  •  14:00 先着約100名
  •  15:00 先着約100名

ちなみにテーマは3ヶ月毎に変わります。
子供たちは好奇心を掻き立てられ、大人は学生時代の懐かしい気持ちになれるかもしれませんよ。

2-3. 科学館2階 おやこで科学

このフロアでは小学校低学年くらいのお子様と、その保護者を対象としたフロアとなっています。
正直、大人でも楽しめますけどね(笑)
展示物を少しだけ紹介しましょう。


竜巻発生装置

これは竜巻発生装置です。
竜巻が出来る様子を肉眼で確認できる装置なんですが、隣で見てたチビッ子が目をキラキラさせながら見ていました。


浮かぶボール

これは空気の力でボールを浮かせる装置です。
子供の時に笛みたいなやつでこんなのありましたね~。

 

ええ。平成生まれの子に話したら「知らない」って言われましたよ~。
ジェネレーションギャップってやつか!


振り子ウェーブ

見ていて楽しい「振り子ウェーブ」です。
どのように動いて最後はどうなるのか?
ぜひ、実際に見てください♪


振り子

「カオティック振り子」です。
この振り子の動き、何とスーパーコンピューターでも神様でも予測不可能とのこと。

 

しかしな、カオティック振り子よ。
神様もスーパーコンピューターも予測不可能なのは何もお前だけじゃないんだぜ?

 

俺の行動パターンも予測不可能やっ!(主に愚行)

 

以上、親子で科学でした。

2-4. 科学館1階 電気とエネルギー

一回展示場

いよいよ科学館の展示場もラスト!
このフロアでは発電や送電の仕組み、なつかしい電化製品を見たりできます。

 

昔の家電2

これは大人の人はテンション上がるのではないでしょうか?
う~ん、昭和の匂いがしますね~。
中でもこれが一番懐かしさを感じました。


ファミコン

ファミコンです!
いや~懐かしい!
スーパーマリオブラザーズとかよくやりましたね~♪

 

今では携帯でゲームが出来るなんて、あの頃は想像もできませんでしたよ。
科学も家電も昔に比べると、とてつもない進化を遂げたわけなんですね。


発電機

このランニングマシーン何と自家発電が可能です。
もちろん僕も挑戦しました!

 

ピカチューも激昂ラージャン(モンハン)もビビるくらいの電気を発生してやろう!
目標は10万ボルトだぜっ!

 

意気揚々とチャレンジする僕。
結果は?

 

数ワット…_| ̄|○

 

まさか電気ウナギにすら負けるとは…(電気ウナギの発電量は約800ボルト)
最後の最後に惨敗して僕の科学館の旅は終わったのでした…。

 

このように科学館には、プラネタリウムだけでなく大人も子供も楽しめる展示物が多数あります。
今度の休みは「大阪市立科学館」に行ってみてはどうですか?
楽しい思い出が作れますよ♪

4. 大阪市立科学館1階ホール

はい。
プラネタリウムも展示物も見終わり大阪市立科学館の冒険も終わりに近づいています。
後はお土産や軽い食事でもいかがでしょうか?

 

ここ1階ホールにはミュージアムショップや軽食ができるレストランがあります。
まぁ、それだけじゃないんですけどね…。

4-1. 大阪市立科学館ミュージアムショップ

展示場を出たら最初に目に付くのがこちらのミュージアムショップです。


ここでは大阪市立科学館のオリジナルグッズを販売しており、科学や宇宙に関連した商品をい取り揃えています。
営業時間は10:30~17:00までとなっており、割と多くの方が商品を選んでいました。

 

支払いは現金のみなので、興味がある方やオリジナルグッズが欲しい方は現ナマ用意プリーズ。

4-2. 大阪市立科学館レストラン

展示物めぐりも終わり少しお腹もすいてきたのではありませんか?
ここ大阪市立科学館では軽い食事もできます。

ハヤシライス

今回、ハヤシライスを食べてきました。
何か学校給食を思い出しましたよ♫
他にもデザートメニューやドリンクメニューがあります。

ゆっくりとお茶をしながらケーキを食べるのも悪くありませんよ♪
メニューはコーヒーや紅茶、ジュース、モンブランにレアチーズ等があります。

料金はフードメニューが550円~850円(主にカレー)
ドリンクメニューが350円~450円
デザートが350円~700円(ドリンクとセット料金)となっています。

4-3. 1階ホールにロボ登場!?

レストランでハヤシライスをいただき外に出ると…


キューブ君

何だ?お前っ!

 

彼(彼女?)の名前は「キューブくん」
何と彼、ルービックキューブを攻略するすごいロボットなんです!

 

ふっふっふ…。
悪いけどこの赤鬼、ルービックキューブは はんぱねぇっすよ。

 

最初にカチャカチャ回しすぎてどんどん泥沼にはまった経験ありですから。
その「THE 泥沼」の僕を横にどんどんルービックキューブを回していくキューブくん。

 

結果…見事攻略!

 

すげぇぞキューブくん!!
pep○erもメじゃないぜい!!

 

と、やや興奮気味の僕の右に目線を送ると…


学天則

どなた?

 

こちらのロボットなんですが「学天則」と言い、1928年(昭和3年)に、大阪毎日新聞の西村真琴さんが作ったものです。

 

人類初の人造人間(ロボット)と言われ、東洋では初めてだったそうです。
天則(自然界・宇宙の法則)を学ぶという意味で「学天則」と名付けられたそうです。

 

ちなみにこれ、ちゃんと動きます!
タイミングさえ合えば・・・

5. 大阪市立科学館周辺観光スポット

大阪市立科学館で楽しんだ後は周辺の観光スポットものぞいてみましょう。
周辺マップは下記にて載せておきます。

ここは国際国立美術館です。
地下3階まであるフロアに多くの芸術作品を紹介しています。
科学館のすぐ横にあるためアクセスも楽です。

※ 国立国際美術館のアクセス方法は?内部もちょっと紹介!

 

大阪市立科学館から福島駅に向かう途中に「玉江橋北詰」の交差点がありそこから川沿いに東へあるくと中之島リバークルーズがあります。

ここでは約20分間クルージングを楽しむことができます。
夜は大阪の夜景を堪能しましょう。
ちなみに期間限定みたいです。

〇 中之島リバークルーズ

  •  運行期間 2017年3月4日(土)~12月25日(月)
  •  料金 大人(中学生以上)900円 子供(小学生)400円 小学生以下 大人一人につき一人無料
  •  運行時間 始発17:00から30分毎に運行 21:00最終便
  •  クルージング時間 約20分

※中之島リバークルーズ公式HPはこちら

 

 

そろそろお腹がすいてきたかも…。
そんな時は福島駅周辺にGO!

 

色んなお店があり歩いているだけで楽しいかも!?
めっちゃ飲み屋が多いぜい。

こちらは福島駅の北側に位置する通称占い商店街。
その名のとおり数々の占いの店が存在します。

 

食事のついでに行ってみてはいかがでしょう?
あなたの人生の道しるべになるかもしれませんよ。

※福島占い商店街公式HPはこちら

 

5. 大阪市立科学館アクセス 料金等

最後に大阪市立科学館の詳細をご紹介して終わりにします。

〇 大阪市立科学館 基本情報

  •  住所 〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1
  •  ☎ 06-6444-5656
  •  開館時間 9:30~17:00(展示場入場は16:30まで)
  •  休館日 月曜日(祝日の際は開館で、翌平日休館)
  •  観覧料(展示場) 大人400円/1人 高校・大学生 300円/1人 中学生以下無料
  •  観覧料(プラネタリウム)大人600円/1人 高校・大学生450円/1人 中学生以下300円/1人(3歳以上中学生以下)

〇 最寄駅

  •  京阪電車中之島線「渡辺橋駅」2番出口から南西へ徒歩5分
  •  地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」3番出口から西へ徒歩約10分
  •  JR大阪環状線「福島駅」南へ徒歩約15分
  •  JR東西線「新福島駅」2番出口南へ徒歩約10分

〇 アクセスマップ

※上記周辺観光スポットと混同しています。

〇 駐車場情報 美術館北側 Times中之島

  •  駐車台数253台
  •  最大料金 入庫後12時間以内 1,300円/24時間以内 1,500円
  •  通常料金 8:00~22:00 30分/300円 22:00~8:00 60分/100円

〇 駐車場情報 美術館南側 Times

  •  駐車台数6台
  •  最大料金 駐車後 5時間 1,200円
  •  基本料金 8:00~22:00 30分/300円 22:00~8:00 60分/100円

※大阪市立科学館の西側にも大きな駐車場がありますがバス専用です。

 

いかがでしたか?
「大阪市立科学館にちょっと行ってみようかな~?」と感じていただけたでしょうか?

 

大人も子供も楽しめる観光スポットなので一度訪れてみてください。
きっと楽しい休日が待っていますよ。
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る