バレーボールのトスの種類。「ジャンプトス」「バックトス」のコツ。


基本的なオーバーハンドパス(トス)ができたら、
人間、欲が出てきて新しい技をやりたくなるものです。
しかし、慣れない内は意外に難しい技が・・・。

皆さん、こんにちは!
赤鬼です!

いやぁ、久しぶりにバレーネタを更新です。
撮影場所が確保できなくて、全くバレーの記事を書けませんでした。
(T▽T)

しかし、ようやく場所の確保ができたので、
これからもガンガン更新するのでよろしくお願いします!

さて、復活記念(?)第一弾は「ジャンプトス」と「バックトス」のコツを公開します!

コツを掴めないと以外に難しいこの二つ。
先輩に聞いても先生に聞いてもよくわからない・・・。

そんなあなた!この僕が一肌脱ぎましょう!!
まずはジャンプトスから行きますよ~!

Sponsored links

1. ジャンプトスのコツ

その昔、先輩がやっていて憧れました。
「なんちゅう華麗な技や。」
それがジャンプトス!

しかし、このジャンプトスですが、
セッター以外のポジションだと、なかなか使う機会がありません。

強いて言えば、ワンタッチボールが自分の頭上を越えるような時くらいでしょうか?
大人気漫画「ハイキュー」で、西谷君がアタックラインを踏み越えてジャンプトスをしていましたが、
あのようなプレイをする人も見たことがありません( ̄▽ ̄;)

しかし、習得すればこんな場面で使えます。

(あなたが)ブロック跳びました→

後ろのプレイヤーがカットしました→

自分の真後ろに返球されました→

セッターが間に合いません→

しかもボールがネットを越えそうです→

(あなたが)ジャンプしながら二段トス→

エースが決める→

イエーイ!

てな事になるのです。
セッター以外の選手でも、ジャンプトスができるとカッコイイですよ!
前置きが長くなりましたが、さっそく実践に移りましょう。

ジャンプトス1

まずは基本中の基本「ボールの落下地点に素早く入る」です。
遅れてしまった時点で、空中で行う「ジャンプトス」はやりにくくなるので注意しましょう。

ジャンプトス2

膝を曲げてタイミングよく飛びましょう。
目安としては、ジャンプの最高打点でボールをキャッチする感じです。

ジャンプトス3

はい。こちらも基本的なことになります。
ボールが来たからと言って慌てて手を出さないようにし、オデコの前でボールを捕らえましょう。

ジャンプトス4

ボールをオデコの前で捕らえることができたら、手首のスナップをきかせてボールを返球します。

ジャンプトス5

手首の返す角度によってボールの軌道が変わるので、
自分の飛ばしたい場所をしっかり意識して練習しましょう。

最初はタイミングが合わずに、ジャンプするのが遅れてボールを捕らえてから跳ぶ、
逆にジャンプするのが早すぎて、落下時にボールを捕らえてしまうなんて事がよくあります。

そういう時は無理に返球せずに、3枚めの写真のように「最高打点でオデコの前でキャッチ」をして下さい。
少しずつジャンプをするタイミングを調整し、一番ベストなタイミングを掴めば必ず出来ますよ♪
さて、続いては「バックトス」に行きましょう。

Sponsored links

2. バックトスのコツ

バレーのラリーにおいてセッターは必ず習得しなければならないトス。
それが「バックトス」です。

セッター以外のプレイヤーでも極まれに使用するので、
ポジションに関わらず使えるようにしておいたほうが良いでしょう。
それでは実践に入ります。

バックトス1

これも全てのパスに共通する事です。
落下地点に素早く入りましょう。

バックトス2

ボールのほぼ真下に入るようにします。写真の赤のラインがバックトスの入る位置。
青いラインが通常の前に返球するボールを捕らえる場所です。

バックトス3

基本のオーバーハンド、ジャンプトスと同様に「オデコの前でキャッチ」しましょう。
ただ、今までのオーバーハンドと違うことがあります。

それは「アゴを上げる」と言うことです。
こうする事によりボールは勝手に後ろへ行くようになります。

バックトス4

ボールをキャッチしたら膝の屈伸をしっかりと使い、後ろに少しだけ体重をかけましょう。
そうする事によりボールは遠くへ飛びます。
補足として腰がアーチを描くようにすると良いでしょう。

最初は「空間認識能力」が無いので、距離感がわからないと思います。
そのためチームメイトなどに「こっち!」などと声をかけてもらいながら、
その声の方向を目標に飛ばすようにしましょう。

3. まとめ

今回のメニュー「ジャンプトス」と「バックトス」のポイントをおさらいしましょう。

● ジャンプトスまとめ

1. 落下地点に素早く入る。

2. 膝を曲げてタイミングよく跳ぶ。

3. オデコの前でボールをキャッチ。

4. 手首のスナップをきかせて返球する。

5. 返球したい場所へ向かって、両手を向けてボールを飛ばす。

続いて「バックトス」です。

● バックトスまとめ

1. ボールの落下地点に素早く入る。

2. ボールの真下へ入りオデコの前で捕らえる。この時にアゴを上げておく。

3. 膝の屈伸を使いつつ、少し体重を後ろへかける。

4. 手首のスナップをきかせてボールをとばす。

以上が「ジャンプトス」と「バックトス」のポイントです。

4. 赤鬼のつぶやき

いかがでしたか?基本的なトスに比べて変則的なやり方なので、
少し戸惑ってしまったのではないでしょうか?

この二つは慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、
慣れてしまえばどうって事はありません。
これができるようになれば、一気にバレー部っぽくなりますよ♪

僕も中学時代、冒頭の先輩以上に、
元セッターである監督のトスに憧れたものです。
その時にお手本を見せてくださったのが、今回の二つのトスです。

とっかかりは単純でもいいのですが、練習を行う時はガムシャラにやるのではなく、
しっかりとポイントをおさえた練習をして下さい。

基本段階で変な癖がつくと後で修正するのがとても大変です。
ポイントをおさえつつ問題を解く勉強とよく似ていますね♪

掛け算が出来ないと、割り算が出来ないのと同じです。
基本的なオーバー(掛け算)ができて、
初めてジャンプトス、バックトス(割り算)ができます。

これを理解した上で練習に取り組めば、 あなたはきっと上達し、
試合でも活躍する機会が増えるでしょう。

焦らずじっくりと、かつ真剣に練習に励んでください。
それではまたヽ(・∀・)ノ

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る