京都嵐山 モンキーパークの旅。割引もあるでよ。


京都に秋の風が吹く季節。
嵐山をぶらりと歩いてきました。
その嵐山に面白い場所があるのをご存知ですか?

皆さん、こんにちは!
赤鬼です。

先日、京都 嵐山にある「モンキーパーク」に行ってまいりました。
そこはサルがわんさかいる楽しい場所です。
まだ紅葉が色づくには早かったのですが、十分に楽しめる内容でした。

では始めましょう!
モンキーパークの冒険を。

Sponsored links

1. モンキーパーク入口

モンキーパーク」は桂川横に入口があります。
宗像神社」と同じ入口で見落としてしまいそうですが,
看板が設置してあるので気付くと思います。
※後半に地図を載せておきます。

その神社の階段を登ると、モンキーパークの入口があります。

モンキーパーク入口

入口からここの料金所まで、だいたい20~30分くらい待ちます。
大した距離でもないのに何故か?
それは紅葉シーズンで訪れた人々が、たくさん並んでいるからです。
気長に待ちましょう♪

マップ

料金所で、こちらの地図を見せると割引料金で入場できます。
通常550円の料金が、100円割引の450円です。
※子供は250円から50円割引です。

このマップは阪急嵐山駅前でもらえるので、忘れずに受け取ってください。
これ一枚で5人まで割引されます。

2. 赤ちゃん連れでも大丈夫? ヒールを履いて行きたいんだけど行けるかな?

さて、料金の支払いが済めば、いよいよ入山します。
こちらの料金所から頂上まで約20分程度かかります。
準備を整えて行きましょう。

万が一 ハイヒールで来られた方は、料金所で靴のレンタルもしています。
ファッションに気を遣うオシャレなあなた。ヒールを履いていっても大丈夫です!

赤ちゃん

また、赤ちゃんと登る方も多数いらっしゃいましたが、
山道をベビーカーで登るのは困難なので、料金所に預ける事をおすすめします。
預けても大丈夫! 大丈夫! 力持ちの旦那さんが抱っこして登ってくれますよ!
ちなみにオムツ交換や授乳は、山頂で出来るのでそこまで頑張って下さい。

3. 山道~頂上

さて、料金所で準備を済ませたら登山開始です。

山道このようにモロに山道なので、休憩を挟みながら登りましょう。
参道途中に何箇所か休憩所があります。
また、先程の料金所には自販機も設置しているので、
夏場は水などを買っておき、熱中症対策をしておく事をおすすめします。

モンキーパーク頂上

登り始めて20分、山頂に到着です。
この施設では、中から猿のエサやりが出来ます。
小屋の中で100円でエサを購入。

その時に係のお姉さんが言いました・・・。
お猿さんたち、今はお腹がいっぱいなんです。
もしかすると食べないかもしれませんが良いですか?

なん・・・だと?
ここまで苦労して登ってきたのに!?

しかし、リンゴではなくバナナなら食べるかもしれないそうなので、
いちがばちか購入。
さっそく餌をやってみました♪

・・・・めっちゃ食うてるがな!
ちょっ!お姉さん!
ハムスターばりに口に含んでますよ!

・・・いや、何はともあれ良かった良かった。
これで食べないなら、僕が喰らい尽くしてやるつもりだったので・・・。

京都市

エサやりを終えて外に出てみました。
頂上からの眺めは最高で、京都市を一望できます。

親子猿

おっと、子猿を抱いた方がいますね~♪
頂上には数える程度ですが小猿もいます。

ノミ取りあっ、ノミ取り!
リアルで初めてみました♪
このようにモンキーパークの頂上では、
小屋内部だけでなく外でも猿達の生活を見る事ができます。

注意書きに
「お猿の目をじっと見ないでください。」
「お猿にさわらないで下さい。」
「食べ物を見せないでください。」
と書いてありますが、「そんな危険なのか?」と思うくらい可愛かったです。
そんなこんなで「嵐山 モンキーパーク いわたやま」の旅は終了です♪

Sponsored links

4. ボート乗り

モンキーパークで見学したら「ボートで桂川をのんびりする」のはいかがでしょう?
山を降りたらすぐ近くに、ボート乗り場があります。

ボート乗り場こちらでも先程のマップが役に立ちます。
一時間1500円が200円割引の1300円です。
三人乗りと書いていますが、この人数は絶対に厳守されます。

前にいた四人の家族連れの方(御両親、お子様2人)がいたのですが、
係の方は絶対に折れず、渋々帰って行きました。
安全面を考慮してのことなので仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。

桂川1

約30分ほど待ち、ようやく乗り込み完了。
今こそ、僕の鍛え上げた背筋が役立つ時が来ました♪

桂川上流2肩甲骨を引き寄せながらオールを漕ぐ!漕ぐ!!漕ぎまくる!!!
我が船は上流を目指して出航しました。
出航して間もなく、少しずつ秋色に染まった山々が目に映ります。

カモ

鴨も気持ち良さそうに泳いでいます。

停泊所

なんとボートに乗りながら食べ物も購入可能です。
上流にありますよ♪
ちなみに他の様子はこんな感じです。

ちなみにボート漕ぎは、10分くらいで大体マスターできますよ♪
さて、ここで男性陣に注意事項です。
一緒に乗っていらっしゃるレディに水をかけないようにしましょう。

僕は過去に3度ほどかけてしまい、
「ほんまシバくで」と言われたことがあるので(´;ω;`)
わざとじゃないのに・・・。

「優雅に軽やかに」これが紳士のボート漕ぎです。
僕のように背筋にモノをいわせて漕ぎまくるのも厳禁です。
不評なので・・・。

5. モンキーパーク ボート乗り場 料金 アクセス。

それではモンキーパークとボート乗り場の詳細を御紹介します。

●モンキーパークいわたやま

●料金 
大人 550円/1人 
小人 250円/1人
※30名以上で団体割有り。

●年中無休(大雨等、荒天の場合は休園)

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る