端午の節句の由来とは?なぜ男の子の日になったの?赤鬼が答えます!


皆さん、こんにちは!
5月5日は子供の日!

昔、柱に背比べの跡を刻もうとして、
おかんに しばき倒された赤鬼です。
ヽ(・∀・)ノ

最近、小学生から子供特有のなぜなぜ攻撃にあいました。
今回はその時のお題「子供の日」について書かせていただきます。

子供たちには、
「ネットで調べろや!」
と、一括してやりたい所ですが、
やはり、我が国 古来より受け継がれし行事を知るのも大人の嗜みと思うので、
ちびっ子に変わり調べてみました。

すると、色々と面白い事がわかってきましたよ!

それでは、行ってみましょう!

Sponsored links

1. 端午の節句の由来

端午の節句の始まりは、
お隣の中国が最初でした。

昔の中国では、菖蒲やヨモギを、
門にテルテル坊主のように吊るしたり、
その菖蒲を「菖蒲酒」や「菖蒲湯」に用いて、
邪気や悪霊を払っていました。

この行事が日本に伝わり、現代の「端午の節句」が、
日本の行事として定着しました。

ちなみに、端午の節句の「」は最初と言う意味で、
月初めの五の日を端午と言い、午が五に通じるため、
5月5日が祭りの日となりました。

2. 元々は、女の子の祭りだった!?

皆さん、「五月忌み」と言う言葉を
ご存知でしょうか?

その昔、5月5日の田植えの前に、
「早乙女」と呼ばれる娘達が田んぼの神のため、
神社や小屋にこもり穢(けが)れを払い清める儀式がありました。
この行事により人々は、豊作を願ったのです。
この五月忌みこそが、女の子の祭りだったのです。

4. なぜ、男の子の日になったの?


馬

端午の節句が、男の子の日になったのは菖蒲が大きく関係しています。
日本が、まだ平安時代と呼ばれていた頃、
貴族が自身を「まろ」と呼んでいた時代(多分)
宮中の中で流鏑馬(やぶさめ)や競馬などの武芸事が行われていました。

そんな中で、やはり時代は違えと男の子。
大人の真似をして、鎧や兜を身につけて遊んでいました。
もちろん、本物ではありません。

その時に、男の子達が身につけて
鎧や兜の代わりにしていた物こそ
菖蒲」だったのです。

また、菖蒲には武芸を尊ぶ意味のある言葉
尚武」と「勝負」があり
それをかけて、「武芸を尊ぶ日」となり、
女の子の「五月忌み」が男の子を祝う日に変わりました。

いや~、今更ですけどよくぞ変わってくれたと思います。

3月3日の「雛祭り」も女の子の祭り。
これで、「端午の節句」までも女の子の祭りの日だったら、
年二回、仲間はずれにされる事になりますからね
(´・ω・`)

あの、雛祭りの時の

「雛祭りは女の子の祭り!

男の子は出て行って!」

攻撃は、年に一度で十分です。

端午の節句が男の子の日に変わってくれたおかげで、
雛人形に対し、
「五月人形に触んなや!」
と口攻撃で応戦できたのですから。

まぁ、今は大人になったので
そんな醜い争いはしませんけど。
(´∀`)

ちなみに、五月人形ですが、
4月前半から4月半ばの大安、友引に飾るそうです。
一夜飾りにならないためですね。
ヽ(・∀・)ノ

Sponsored links

5. こどもの日に、柏餅やチマキを食べるのはなぜ?

柏餅

こどもの日に欠かせないのが柏餅チマキ
この2つを食べる習慣も中国の故事から来ています。

古代中国の「楚」の国に
屈原(紀元前343年1月21日頃~紀元前278年5月5日頃)
と言う名前の政治家であり、また、詩人であった人がいました。

この屈原さんですが、楚の国の将来に絶望し、
汨羅江(べきらこう)と言う名前の川に身投げしました。

人々は、屈原の死を悲しみ
命日に竹筒に米を入れ、川に投げ入れていました。

そんなある日、屈原の霊が現れ、人々にこう言いました。
「あの~、すいません。私、「屈原」言います。
いつも、米を入れてくれはって、ほんまにおおきに。
ただね、めっちゃ言いにくいんですけど、
龍が、皆さんがくれはる米を横取りしますねん。

せやから、さしつかえなければ
龍が嫌がる「チガヤ」の葉に包んで糸で結んでもらえませんかね~。
いや、ほんまに堪忍ですよ。
できたらでええんで、よろしゅうたのんます。」

龍

屈原が関西弁だったのかは謎ですが、
この話が人々の間に広まり、
5月5日、「屈原の命日」にチマキが食べられるようになったのです。

さて、皆さんが そろそろ忘れているであろう「柏餅」について
お話させていただきます。
柏餅って、葉っぱに包んでいますよね?
あれ、ちゃんと意味があったんです。
柏の古い葉は、新しい葉が生えて、初めて落ちるそうです。

この事から、「子孫が絶えないように
と言うような願いが込められ柏餅が食されるようになりました。
いつの時代も、「子孫繁栄」は人々の願いだったんですね♪

6. 鯉のぼりが飾られるのはなぜ?

こいのぼり

こどもの日と聞いてすぐに頭に浮かぶのが
鯉のぼり」でしょう。

この鯉のぼりも中国の故事が由来で
黄河の上流の先にある龍門を登った鯉は龍になる
と言い伝えがありました。

この故事に、ちなんでその鯉のように
男の子が強く逞しく育ちますよように
というような願いが込められ江戸時代、町の人たちが鯉のぼりのを立て、
男の子の出世を祝いました。

また、鯉は汚れた川のように劣悪な環境でも生き、
まな板の上に置かれても、じたばたせずに じっとしている事から
昔から、強い魚とされていました。

ポケモンのコイキングはめっちゃ弱かったですけど・・
さて、写真の鯉のぼりですが、様々な色があったり、
風車のような物もありますよね?
これもちゃんと意味があります。

まず、てっぺんにある丸くクルクル回る玉が
龍玉」と言い神様を招く働きがあります。

そのすぐ下にある風車の名前が「矢車」。
カラカラ音を立て邪気を払う力があります。

この「龍玉」と「矢車」の下にある鯉の形をしていない物が
吹流し」と言います。

写真は青色ですが、本来は、
中国の五行「木火土金水(もっかどごんすい)」を意味する、
赤・青・黄・白・黒の五色です。

魔除けの役目を果たし、鯉を食べようとする龍を
遠ざける効果もあります。

後は歌にもあるように
黒い真鯉がお父さん
赤い緋鯉がお母さん。
小さい子鯉は子供たち。
子供が生まれる度に数を増やして行くのです。

・・・以上が、端午の節句の由来のお話です。
この説明で、うまく伝わったでしょうか?

皆さんも、子供たちから質問されたら、
是非とも教えてあげてください。

僕も、小学生と再び相まみえる時、
大抵のことは答えれる理論武装ができました。

それでは、またお会いしましょう。
最後まで、お付き合い頂きありがとうございます。

ヽ(・∀・)ノ

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る