バレーボール スパイクの打ち方!競技歴20年の集大成を今ここに


皆さん、こんにちは。
赤鬼です。

孫子の兵法にこんな言葉があるのをご存知でしょうか?
攻撃は最大の防御なり

 

では、バレーボールの攻撃と言えば?
サーブともう一つ・・・そう、スパイクです!!

 

バレーのスパイクって凄い人が打ったら大迫力ですよね!
「あんな凄いスパイクが打てたら格好良いなぁ・・・」
そんな憧れを胸にバレーの道に入った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかしバレーボールのスパイクは簡単そうに見えて、実はかなり複雑な要素を兼ね備えたものです。
体育の授業でサーブ、レシーブ等は、それなりに形になりますがスパイクはそうは行きません。

 

強烈なスパイクは未経験者では難しいもの。
否!バレーのスパイクは経験者にしか打てません!

 

今日は、そんな難しいスパイクを打つためのコツを解説していきたいと思います。
僕が今までのバレー人生の中で何千、何万と打ってきたスパイク・・・。

 

そんなスパイクのコツを余すことなく、これでもかと言うくらいご紹介させていただきます。
申し訳ありませんが、いきなり全てを書くのは非常に困難です。

 

少しずつ少しずつ継ぎ足して行くつもりなので定期的にご覧いただければと思います。
それでは基本的な事から行きましょう。

Sponsored links

1. スパイクのコツその1 助走

j

バレーボールのスパイクの打つコツとして、3つのポイントを押さえなければいけません。
助走」「タイミング」「フォーム」の3つです。
この3つをマスターして、ようやくスパイクが打てるのです。

 

そこで一番最初に、スパイクの初期動作である「助走」を覚えましょう。
一連の流れは以下のとおりです。

○ スパイク助走のコツ(3歩助走)

  1.  左足を前に出した状態でスタート。
  2.  左→右→左の順にステップを行う。
  3.  最後の右→左のステップは「タン、タン」ではなく「タタン」と速いリズムで。
  4.  最後のステップ開始時にバックスイングも開始(バックスイングは大きく)
  5.  最後のステップは大きく踏み込む(水たまりを飛び越えるように)
  6.  最後に両足は右斜め方向へ向ける。
  7.  最後は軽く体重を後ろに体重をかけてブレーキをかける(前飛びを防ぐため)

○ スパイク助走のコツ(4歩助走)

  1.  右足を前にしてスタート。
  2.  右→左→右→左の順番にステップ。
  3.  それ以外は1歩助走とポイントは同じ。

★ ここがポイント

最後の踏み込みの時に水たまりを大きく踏み越えるようにステップする事が重要。
大きく踏む込む事により膝をしっかりと曲げる事ができ高く跳ぶ事ができる。

以上が「スパイクの助走」のポイントです。
大人気バレー漫画「ハイキュー」にもこんな名言があります。

良いジャンプは良い助走から!

これは実に的を射た言葉だと思います。

 

どんなに脚力があっても良い助走が出来ないと、高いジャンプはできません。
当然高いジャンプが出来ないと、強烈なスパイクも打ちにくくなります。
スパイクジャンプを高めるためにも、まずは助走を徹底的にマスターしましょう。

 

バレーを初めて間もない方だと、助走だけ練習してもいいくらいです。
スパイクの助走は基礎中の基礎なのでしっかり一つ一つの動きを確認しながらやる事をおすすめします。
スパイクの助走を疎かにすると、いきなり壁にぶつかってしまうので要注意です。

 

実際に僕がバレーを教えている子達の中で、初期段階で適当にやっている子がいました。
そんな子はどうなると思いますか?
何ヶ月経ってもまともにスパイクジャンプができないのです。

 

この事からもわかるように、助走がいかに大事かおわかりいただけたはずです。
皆さんもこうならないためにも、ポイントをしっかりと押さえてスパイクの助走を練習しましょう。
関連記事に写真付きで公開しているので興味があればどうぞ。

バレーボール スパイク助走のポイント 重力の鎖を断ち切れ!

2. スパイクのタイミング

t

スパイクの助走がしっかりとできるようになったら、次に押さえるポイントは「タイミング」です。
いくら助走がしっかりとできても入るタイミング、跳ぶタイミングを間違えると強烈なスパイクは打てなくなります。

 

例え何十年も経験しているベテランの人でも、タイミングが合わないと100%のスパイクを打つのは難しいのです。
この事からもわかるようにスパイクのタイミングも重要な役割を担っています。

 

タイミングを掴むためには、まずは「テンポ」を覚えましょう。
主に4種類があるので見ていきましょう。

 

○ スパイクのタイミングその1「サード・テンポ

  1.  高く上がったトスに対して、スパイカーが余裕を持って助走を開始するのが「サード・テンポ」
  2.  特徴としては自分でタイミングを合わせやすい
  3.  オープン系スパイクの時のタイミング

○ スパイクのタイミングその2「セカンド・テンポ

  1.  セッターがトスを上げた時、ほぼ同時に助走を開始するのが「サード・テンポ」
  2.  特徴としてはトスが低かったり高かったりすると少し打ちづらくなる
  3.  平行系のスパイクの時のタイミング

○ スパイクのタイミングその3「ファースト・テンポ

  1.  先に助走をしてきたスパイカーにセッターがトスを合わせるのが「ファースト・テンポ」
  2.  特徴としてはタイミングが合わなければたちまち強打が打てなくなる。
  3.  クイック系(速攻)スパイクのタイミング。

○ スパイクのタイミングその4「マイナス・テンポ

  1.  セッターが先にジャンプして空中で待っているスパイカーに対してトスを上げるのが「マイナス・テンポ」
  2.  特徴としてはセッターのテクニック、スパイカーのジャンプ力(空中で待機できるくらい)の2つが揃わないと出来ない。
  3.  クイック系のスパイクのみ使用可能。
  4.  セッター曰く「目標物(スパイカー)があるから非常に上げやすい。

 

以上、スパイクのタイミングまとめでした。
ちなみに個人的に最も難しいと思うタイミングが「マイナス・テンポ」です。
これに比べれば「サード・テンポ」「セカンド・テンポ」の打ちやすい事。
( ´∀`)

 

さて、初心者の方が良いタイミングで入るポイントとしては、まずは上がってきたトスのボールを打たずに自分の最高打点でキャッチする練習などをすると良いでしょう。
段々と自分のタイミングがわかるようになってきます。

 

もちろん試合の中ではトスが低い高い、長い短いなどがあります。
そこでスパイクを打つためにも、タイミングを自分で合わせる技術が必須になってくるのです。

 

しかし、これは経験などで場数を踏む必要があります。
経験に裏付けされるようになると、自分でベストなタイミングに調整できるようになってくるのです。

 

そのためにも練習あるのみ!
まずはスパイクのタイミングをはかるために次の関連記事を参考にしてください。
タイミングに関して基本的な事が書かれています。

バレーボール スパイクのタイミング 重要なポイントはこれ!

3. スパイクのフォーム

f

「赤鬼さんみたいなスパイクを打つにはどうしたらいいんですか?」
僕がコーチをしていた時、こんな事を聞かれた事があります。

 

 

だからいつもこう答えます。
強いスパイクを打つコツは、強いスパイクを打つのに適したフォームを身に付ける事です。」と。

 

では、強いスパイクを打つのに適したフォームとはどんなものか?
まずはそれを見てみましょう。

○ バレーボール スパイクのフォーム

  1.  助走の最後の踏み込み時に両足を斜め右方向へ向ける(時計の2時の方向あたり)
  2.  助走の最後の踏み込みの時に両手をバンザイするようにし上に上げる
  3.  左手と右肘をしっかりと上げ弓矢を引くようなポーズを取る
  4.  打つ瞬間に左手をしっかりと引き、右肘を下げないようにボールを打ちに行く
  5.  ボールを叩く瞬間、しっかりと手首のスナップを使いミートをかける
  6.  スイングはしっかりと振り抜く
  7.  両足で着地する

★ ここがポイント

フォームを整えるためには左手をしっかりと上げ適切な位置で打つ必要があります。
この適切な位置こそ最もパワーを発揮できる「ゼロポジション」です。

しっかりとゼロポジションを意識しながら打つ事が重要となります。
ゼロポジションの説明は下記リンクにも載せておきます。一度ご覧ください。

・ バレーボール スパイク ミートのコツ 上半身の動きを徹底検証!

以上がスパイクのフォームのポイントです。
冒頭でも書いたように、「助走」「タイミング」「フォーム」この3本の柱が揃って初めて強烈なスパイクになります。

 

細かく言うと筋力やジャンプ力などの要素もありますが、基本はこの3つです。
この3つの内どれか一つ欠けてもいけません。

 

バレーボールのスパイクのフォームを固めるには、スイングの練習をまず行いましょう。
フローターサーブ編でも紹介させていただいた壁際でのタオルスイングが効果的です。
それを家で行いつつ実際の学校での練習では、綺麗なフォームを固める事に専念しましょう。

 

最初は周りのベテランに対抗して強いスパイクを打つ事だけが目的になってしまいます。
そうなると大半の子が「無茶苦茶なフォーム」になります。

 

ドカっと強烈なスパイクを打ちたい気持ちは痛いほどわかりますが、最初は打てなくてもフォームをしっかりと身に付ける事を最優先にしましょう!
下記に添付した記事を参考に、スパイク練習の時に意識しながらやってみましょう。

・バレーボールのフローターサーブが入らない!? 原因と改善方法はこれ!

・バレーボール スパイクのフォームを整えて猛打を目指そう!

鋭いスパイクを打つ選手とはスパイクフォームが綺麗な人ばかりです。
身近な上級者のフォームを見ながら真似するのも良い練習になるので、先輩や上級者などのフォームも確認しましょう。

 

僕も中学1年生の時、憧れの先輩のフォームばかり見てました。
今でも当時の先輩のフォームを説明できるくらい、繰り返し繰り返しチェックしたものです。

 

必ず理想のスパイクのフォームの人がいるので、皆さんもやってみましょう!

4. 実際にスパイクを打ってみよう!

ではこの章より各ポジションのスパイクの打ち方を見ていきましょう。
スパイクの打ち方はレフト、センター、ライト、そしてバックアタックがあります。

 

その中で「オープン」「平行」「クイック」があり、それぞれにタイミングや打ち方が存在します。
それを細かく紹介します。
では早速行きましょう!

4-1. 小細工不要! 高さとパワーで点を奪う「オープンスパイク」

LEC

助走、タイミング、フォームの3つの基本を習得したら、実際にスパイクを打ってみましょう。
まずは「オープンスパイク」の打ち方です。

 

オープンはかなり高いトスになるので高さとパワーを兼ね備えたスパイカーに適した攻撃です。
特徴としては下記の通り。

○ オープンスパイクの特徴

  1.  トスは非常に高い
  2.  タイミングは余裕を持って助走を始めるサード・テンポ
  3.  高さ、パワーを兼ね備えたプレイヤー向き
  4.  ブロッカーに100%マークされる
  5.  威力が高いと強引に点数を奪える

小細工は不要。
力任せに点を強奪。
そんな表現がピッタリのスパイクです。

 

しかし、オープンは苦手な人が多いのが事実。
ブロックもつかれやすいので、試合中そんなにお目にかかる事はありません。

 

と言っても、練習しなくても良いと言うわけではありません。
実際に二段トスでオープンが上がる事も度々あるので習得しておくべきスパイクです。

 

オープンスパイクはタイミングとしては「サードテンポ」になるので、展開としては他のトスに比べタイミングに余裕があります。
しっかり助走をとって高く跳び、相手コートに強力なスパイクを叩き込みましょう!

○ バレーボール オープンスパイクの打ち方(ポジション別)

・バレーボール センターオープンの打ち方。

・バレーボール レフトオープンの打ち方。

・バレーボール ライトオープンの打ち方。

4-2. テクニックやコンビで点を取る「平行スパイク」

S8

さて、今度は比較的お目にかかる機会が多いスパイク「平行」です。
平行のスパイクの特徴は下記の通り。

 

○ 平行スパイクの特徴

  1.  オープンよりもトスが低い
  2.  タイミングはセッターがトスを上げると同時に助走を開始するセカンド・テンポ
  3.  コンビバレーやブロックアウトなどのテクニックを駆使して点数を取る
  4.  攻撃パターンがオープンよりも早いので、セッターの実力によっては相手ブロッカーのマークが軽くなる
  5.  試合中、最も多い攻撃パターン

タイミングによっては、オープンスパイク同様「真っ向勝負」が可能です。
しかし、せっかくコンビやブロックアウトなども使えるので様々な方法で点数を取れるようにならないと勿体無いと思います。

 

さて、練習方法ですが、いきなりレフト平行やライト平行に挑戦すると難しいです。
ですから、初心者はセンタースパイクの「セミ」から挑戦しましょう。

セミでタイミングやフォームを固めた後は「レフト平行」を練習し、最後に一番難しい「ライト平行」にチャレンジすると良いでしょう。

平行トスを打つと言う事はエースの証。
どんな時でも決めると言う強い意志と、それに伴う膨大な練習量が必要です。

 

しっかりと練習をして平行スパイクのコツをつかみ、試合でバンバン点を取りましょう!
目指せ!エーススパイカー!

○ バレーボール 平行スパイクの打ち方(ポジション別)

・バレーボール スパイク「レフト平行」のポイント解説

・バレーボール センタースパイク「セミ」の打ち方のコツ

・バレーボール ライト平行の打ち方とスパイク以外の役割

4-3. バレーボールのスパイクで最も早い攻撃「クイック」

aic

 

バレーボールのスパイクで最も速い攻撃。
それが「クイック系スパイク」です。

 

A~Dまでのクイックがあり、A,B,C,Dと順番に難易度も上がっていきます。
特徴として下記のとおり。

 

○ クイック系スパイクの特徴

  1.  バレーボールのスパイクで最も速い攻撃
  2.  タイミングはセッターがトスを上げる時にジャンプする、もしくはジャンプが完了しているファースト・テンポ
  3.  タイミングが早ければ早いほど、相手ブロッカーがつられて跳ぶ
  4.  基本的に囮になりサイドアタッカーのブロックのマークを外す
  5.  初心者でも比較的打ちやすい

 

クイック系スパイクは、攻撃のスピードが早ければ早いほど相手ブロッカーを翻弄できます。
それにより、自分のチームの他のスパイカーのマークを軽くする事ができるのです。

 

また、トップスピードでスパイクを打つと、相手ブロッカーは反応できずに棒立ちとなります。
この快感はクイック系スパイクならではでしょう。

 

クイック系のスパイクを打つのコツとしては、とにかくスピード命!
余計な動きを全て排除し、電光石火の動きで点数を稼ぎましょう!

 

まずはクイック系スパイクに適したフォームを下記の記事で学び、Aクイックから練習して行きましょう。
Aクイックをマスターしたら、B,Cクイックにも挑戦する事をおすすめします。

○ バレーボール クイック系スパイクの打ち方(種類別)

・バレーボール クイック系スパイクを確実に決めるためのポイント

・バレーボール aクイックの打ち方のコツ

・バレーボール bクイックの打ち方のコツ

・バレーボール cクイックの打ち方のコツ

4-4. エースは後ろからもやってくる!「バックアタック」

baec

バレーボールのスパイクは、必ずしも前衛からしか打ってはいけないわけではありません。
前衛のスパイカーがなかなか決まらない場合、後ろから攻撃してもいいのです。

 

その後ろからの攻撃こそが「バックアタック」です!
このバックアタック、個人的に最もダイナミックなで豪快なスパイクだと思います。
特徴はこちら。

 

○ バックアタックの特徴

  1.  後衛からのスパイク
  2.  タイミングは人によってはサード・テンポ。基本的にはセカンド・テンポ(最近ではファースト・テンポでも打つ)
  3.  打つ選手が比較的少ない
  4.  決まればムードが一気に良くなる可能性が高い
  5.  相手ブロッカーにドシャットされにくい

後衛からのスパイクである「バックアタック」
この攻撃は、とてつもない威力のだと、敵味方関係なく賞賛を送りたくなります。

 

比較的、難易度は高いスパイクですが、コツを掴めばチームに「後衛の大砲」が搭載されます。
攻撃の幅も広がるので、高さとパワーに自身がある方は挑戦してみましょう!

 

ただし、ダイナミックな動きのため体幹が弱いと腰などを痛めやすく、多用すると体力を一気に使うと言うデメリットもあります。
筋トレやランニングなどで自身の基本性のも向上させましょう。

・バレーボールバックアタックのコツ 破壊力の秘密はアレにあった!

5. 終わりに

僕が中学1年の冬、大阪の某中学校で練習試合をしました。
試合に出してもらえるチャンスを監督にいただき、ラリー中にAクイックを打つ事に。

 

しかしガチガチに緊張し、かつスパイクの基本もまだまだだった僕はフェイントしかできませんでした。
だけど3本目にしてやっと決まったのです。

 

得点板の数字が1点加算されたのを見て、「あの1点は間違いなく自分で取ったものなんや」と感慨深い気持ちになったのを今でも鮮明に覚えています。

 

今でこそ当たり前のように打っているスパイクですが、僕自身もこんな時代がありました。
もしも今、スパイクを打てなくて悩んでいる方がいるのなら心配しないでください。

 

しっかりと練習し、努力研鑽を怠らなければ必ず凄いスパイクは打てます。
大切なのは「猛打スパイクを打つ」と言う目標が達成するまで挫けない、折れない、腐らない事です。

 

道はとてつもなく長く険しい道ですが、千里の道も一歩から。
少しずつでも良いので確実に前に進んで行きましょう。

 

強烈なスパイクを習得したあなたは、時には相手の心も破壊するでしょう。
そんなスパイクを目指して今から頑張ってみませんか?

 

全てのプレイヤーが試合に出れるわけではありませんが、僕が中1の冬に味わったあの感動を一人でも多く体験していただけたらと思います。

 

そのためにこの記事が皆さんのお役に立てたならば、僕自身も励みになり「スパイクのコツの記事」を書いた甲斐があるというもの。

 

あきらめずに努力し空中戦を制する大エースを目指しましょう!
それではまた。

 

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る