大阪城公園のアクセス方法を知り、現地で歴史の舞台を堪能しよう!


大阪城を建てたのは?
大工さ~ん!!
子供の頃、よう言いましたね。
今、思い返すと、めっちゃアホ

気を取り直して、
皆さん、こんにちは。
赤鬼ですヽ(*´∀`)ノ
先日、数年ぶりに大阪城へ行ってきました。
大阪の桜の名所の一つでもある大阪城。
そんな大阪城について今回は紹介させていただきます。
最後に、アクセス方法も載せていますので、
現地に行かれる方は、参考にしてください。
ヽ(・∀・)ノ
それでは行きましょう!

Sponsored links

1. 大阪城が築城される前の日本

元亀四年七月、将軍、足利義昭が挙兵。

その義昭を打ち破り、事実上政権を握った武将がいました。
その武将こそ、あの有名な織田信長です。

織田信長

室町幕府から、織田政権になり年号も「元亀」から「天正」に改め、
更に、足利義昭を京に追放。
まさに信長フィーバーでした。

そんなイケイケだった信長は、三年後の1575年天正3年)、
「長篠の戦い」において、当時、戦国最強と謳われた、
甲斐の武田軍を大量の鉄砲で撃破しました。

更に翌年、信長は、京都に近い琵琶湖畔に安土城を築城し、
「楽市・楽座」の制作をとり、古いしきたりの政治や社会制度を廃止。
順調に、全国統一の道を開いて行きました。

しかし・・・。
そんな信長に悲劇がおとずれます。
1582年天正10年
豊臣秀吉(羽柴秀吉)の救援のため中国地方に向かっていた
明智光秀が裏切ったのです。

光秀は、丹羽亀山城を引き返し、本能寺に宿泊中の信長を襲い、
寺に火を着けました。
夜間の奇襲に、耐え切れずに信長は、自ら命を絶ち49年の人生に幕を閉じました。

そんな信長亡き後に、全国統一の跡を継いだのが、
「豊臣秀吉」でした。

秀吉は、本能寺の変の時に、備中(岡山県)にある高松城の
毛利氏と対陣していました。

「本能寺の変」を聞きつけた秀吉は、毛利氏と和議を結び、
急いで引き返し、光秀を討ち取ったのです。

こうして光秀の天下は、わずか三日間で秀吉の手より幕を閉じました。
光秀の天下は、三日間だけ続いたので「三日天下」と呼ばれたそうです。

まぁ、現在の日本に何万も存在する「かかぁ天下」に比べたら、
三日も天下があったので、「比較的長かったのでは?」と思うのは僕だけでしょうか?

さて、光秀を討った後、織田家の実力派ぞろいの武将を倒し、
見事、信長の跡を継いだ秀吉さん。

1580年天正8年)の時に、「石山合戦」で焼失した石山本願寺の跡地に、
遂に大阪城の築城を開始したのです。
1583年(天正11年)の出来事でした。

その大阪城の築城の際、
信長の事を想っての事か、見本としたのは、安土城でした。

安土城

その後、大阪城は豊臣政権の拠点となりましたが、
慶長19年1614年)、大阪夏の陣で江戸幕府により滅ぼされ、
豊臣政権と共に、戦火の中に消えて行ったのです。

2. 現在の大阪城の姿

大阪城間近

話は現在に移りまして、
今の大阪城は火災等に遭い3代目となります。

何と言ってもでかい!
本当にでかい!

今まで、二回の焼失から復活を遂げたためか、
どこか威厳を感じます。

大阪城のスケールに比例するかのように、周辺もかなり広く、
周囲、約10kmほどあるので、ランナーや、家族連れ、
また、国内外問わず、多くの観光客で賑わっています。

天守閣には周囲から徐々に近づいて行くのですが、
広すぎて迷いそうになります。

そんな広大な敷地を歩いていると、
大きな堀を渡るためにこんな橋を渡ります。

城前橋

城前橋」です。
この城前橋を渡り、ずんずん進むと・・・

城門

こんな城門青屋門)があります。
とにかくビッグスケールです。

大阪城に着くまでに、本当にクネクネした道を進みます。
おそらく、敵が攻めにくいように設計した動線だと思われます。

実際に歩いてみると感じますが、
昔の城攻めの時に天守閣に辿り着くまでに、
かなりの犠牲者が出た事でしょう。

3. 大阪城内部は、歴史的価値の高い品の宝庫!

長い道のりを経て、やっと城の中に到着しました。
内部では、当時の甲冑や巻物など、歴史的にも貴重な物を展示しています。

中は撮影禁止の場所が多いので、
撮影が可能だった物をいくつかご紹介します。

鯱虎

虎と鯱。
天守閣の屋根にもある鯱の等身大です。
鯱って体が魚で、顔が虎と言う伝説の生き物です。

合戦ジオラマ

合戦

当時の合戦の様子のジオラマですが、本当にたくさんの人が、
戦場に趣いた様子がよくわかります。

こんな大人数の中から、敵将を選別して倒しにいくのですから、
昔の人って大変だったはずです

他にも展示物が、沢山あって紹介したかったのですが、
先程も申し上げたとおり、撮影禁止が比較的多かったので、
残りは、あなたの目で確かめてください。

個人的には、秀吉の生涯を映像とジオラマの合作で紹介する
展示物が一番良かったです。

秀吉が、1582年(天正10年)から土地ごとに米の収穫高を調べ、
土地の等級と石高を示す検地帳を作成した、「太閤検地」や、
1588年(天正16年)の「刀狩り令」等の様子なども見れるので、
学生の方も非常に勉強になるとおもいますよ

そして、その勉強の後にこんな景色はいかがでしょう?

大阪城ホール

この写真に写っている円形の建物が、
大物アーティスト達がコンサートを行ったりする大阪城ホールです。
去年、永ちゃんのライブに行きました♪

シャチホコ屋根

二枚目が先ほどの鯱です。
天守閣最上階は四方を一周できるので、
大阪の町並みを堪能してみてください。
色んな発見がありますよ

Sponsored links

4. 大阪城アクセス方法

大阪城

アクセス方法まとめは以下のとおりです。

大阪城天守閣住所

〒540-0002 大阪市中央区大阪城1番1号

●電車で行かれる方(最寄駅)

地下鉄谷町線:谷町四丁目駅(1-B)

天満橋駅(3)

地下鉄中央線:谷町四丁目駅(9)

森ノ宮駅(3-B)

地下鉄長堀鶴見緑地線:森ノ宮駅(3-B)

大阪ビジネスパーク駅(1)

JR大阪環状線:森ノ宮駅

大阪城公園駅

JR東西線:大阪城北詰駅

京阪電車:天満橋駅、京橋駅

近鉄電車:鶴橋駅にて下車。

先程の環状線の最寄駅まで乗車。

●市バス:大手前、馬場町

水上バス:大阪城港、八軒家浜船着場

※いずれの駅から徒歩15分~20分

●車で行かれる方

阪神高速東大阪線

大阪方面からだと、法円坂下車

奈良方面からだと、森ノ宮下車

最後に、天守閣の案内です。

●開館時間

午前9時~午後5時まで

(入館は午後4時30分まで)

※例年春・夏・秋には時間延長有り。

●休館日

年末年始(12月28日~1月1日)

入館料 大人600円 

    中学生以下無料

※学生証を忘れずにね♪

(15人以上団体割有り)

3階、4階の展示室では

2ヶ月毎に、展示品を入れ替え。

例年、春・秋には特別展有り。

※トイレは2階の一ヶ所のみなので

気をつけて下さい。

いかがだったでしょうか?
数百年経った今でも、現在にこうして そびえたつ大阪城は、
のんびり過ごすも良し、歴史の勉強をするも良し。
大阪の観光名所の一つです。

もうすぐ、桜も咲くのでご家族で行かれてはいかがでしょうか?
きっと楽しい思い出が作れますよ。

それでは、また

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る