バレーボールのバックアタックのコツは?破壊力の秘密はアレにあった!


前衛で点数を決めていた好調のエースが後衛に下がってしまった。
対角のエースはイマイチ決定力に欠ける・・・。

 

ならばここはアレしかあるまい!
そう!! バックアタックです!!!

 

こんにちは!昔バックアタックを打ちすぎて腰痛になった・・・赤鬼です。
体幹トレーニングって本当に大事ですな。

 

さて、今回はバレーボールのスパイクの一種「バックアタック」のコツです。
バックアタックは高さとパワーが必要とされる、まさしくエース専用の武器。

 

チームがピンチの時に、後衛から大砲のようなスパイクが決まると一気に流れが変わります。
僕も中学時代に打ってましたが、決まると本当に気持ちの良いスパイクです。
そんなバックアタックの秘密・・・知りたくありませんか?

 

何と!?二つ返事で「YES」ですと!?
今時関心な若者です。
目が輝いておる。

 

それでは一連の流れから見てきましょう。
バックアタック編始まり始まり~。

Sponsored links

1. バレーボール バックアタック一連の流れ。

それではバックアタックの一連の流れをご紹介します。

○ バックアタック一連動作

  1.  後衛でセッターがトスを上げてくる可能性があるので準備をしておく
  2.  セッターがトスを上げたと同時に助走を開始する。(セカンドテンポ)
     ※サードテンポでも、もちろん可
  3.  ボールから目を離さずに助走を続ける
  4.  最後の1歩の踏み込みとバックスイングを大きくする
  5.  両手を上げながらジャンプする
  6.  空中で体制を整える(この時に右肘 左手を下げないように注意する)
  7.  大きく後方へ体を反らし溜めを作る
  8.  タイミングをはかってボールを叩く
  9.  しっかりと手首のスナップを使い腕を振り切る
  10.  両足で着地する

続いて写真で見ていきましょう。

b1

セッターがトスを上げてくると思って心の準備をしておきましょう。

b2

セッターがトスを上げたと同時に助走を開始します。
高さとパワーに自身があるならオープントスのタイミング(サードテンポ)で入りましょう。

b3

ボールから目を離さずに助走を続けます。
この時、味方の位置も確認しておきましょう。

 

助走中に接触する可能性があります。
それを防ぐためにもしっかりと声を出して打つ意思表示をしましょう。

b4

最後の一歩を大きく踏み込みながら大きなバックスイングをしましょう。
バックアタックはダイナミックなスパイクなのでフォームも大きくするように意識すると良いでしょう。

b5

バックアタックあるあるの一つ「ラインクロス」をしないように注意しましょう。
ラリーが竸ってる時にラインクロスをしてしまうと一気に流れが悪くなるので要注意です。

b6

ほかのスパイク同様「両手をバンザイするようにしながらジャンプ」しましょう。
これができないと左手が上がらず空中でのバランスが悪くなります。

b7

左手をしっかりと上げて右肘を下げないように注意です。
右肘が下がると打点が下がります。
バックアタックは、ある程度の高さが必要なので打点が下がるとミスる確率が高くなります。

b8

空中で右半身を思いっきり後方へ反らし空中で溜めを作ります。

b9

タイミングを見計らって力強くボールを叩きます。
体全体のバネをフル活用し腕を振り切るように意識しましょう。

b10

最後は両足で着地。
片足での着地は怪我をする可能性があるので注意が必要です。

 

以上がバックアタックの一連の流れです。
強力なバックアタックはとんでもないスピードで相手に襲いかかる、もしくはコートに突き刺さります。
バックアタックをそこまで協力にするためには、普段からしっかりとトスを合わせる事はもちろん「腹筋」「背筋」「高さを得るためのジャンプ力アップトレーニング」をしっかりやりましょう。

Sponsored links

2. バックアタック補足説明 威力をあげるために○○をやろう!

ここで皆さんに一つ考えて欲しいのですが「通常のスパイク」と「バックアタック」の決定的な違いとは何だと思いますか?

それは・・・前飛びをしているか否かです。
まずはこちらの写真をご覧下さい。

 比較

ジャンプするポイントと着地ポイントの2枚の写真です。
この写真からもわかるように、かなり前飛びをしているのがわかると思います。

 

この前飛びをする事により「前方に行く力」が発生し、バックアタックの威力がより一層上がるのです。
今度、Vリーガーの試合などを観る機会があれば確認してみましょう。
かなり前跳びしていますので。

 

これがタイトルにもあった「破壊力の秘密」です。
意外に簡単な事なので拍子抜けされたのではありませんか?
しかし、とても重要な事なので覚えておいて損はないはずです。

3. バックアタック補足説明その2 前跳びするには足の幅を広くしよう

さて、前飛びの重要性を理解していただいたところで、今度は前飛びをするにはどうすればいいのかを見ていきましょう。
やり方はとても簡単。
普段やっているスパイク助走を少し改良するだけです。

 

その改良すべき部分は最後の踏み込みの時の「足の前後の幅」です。
この間隔を通常のスパイクよりも少し広くするだけで簡単に前飛びが可能となります。

bh4

これが前衛でのスパイクジャンプの最後の踏み込み時です。
足の前後が狭いのがわかります。

bh3

反対にバックアタックの場合はどんな感じなのでしょうか?
ご覧のように前衛のスパイクよりも足の前後の間隔が広くなっています。
このように足の間隔を広めに取る事によって、前跳びしたスパイクジャンプになるのです。

 

間隔の目安としては通常のスパイクジャンプの足の前後の間隔より、足の横幅1足~2足程度に取ると良いでしょう。
これ以上になると逆にジャンプ力が下がってしまうので注意が必要です。

4. バックアタック補足説明その3 バックアタックの狙うコース

バックアタックを打つ際にはど真ん中に真っ直ぐ打ってはいけません。
ブロックにかかる可能性もありますし、何よりアウトになる確率が上がるからです。

 

狙うべきコースはズバリ、相手コートの両サイドです。
ボールを打つ場所から斜め方向に打つため、真っ直ぐに打つよりも少しだけコートの距離が伸びます。

kr1

こんな感じで両サイドを狙って下さい。
真ん中でも打てる事は打てますが、距離が短い分高さが要求されます。

さらに相手ブロッカーに止められる可能性もあるので、やはり両サイドを狙う事をおすすめします。
普段の練習から両サイドに打つよう心がける事をおすすめします。

5. バックアタック まとめ

それでは本日メニュー「バックアタック」のポイントをまとめましょう。

○ バックアタックのポイントまとめ

  1.  後衛でセッターがトスを上げてくる可能性があるので準備をしておく
  2.  セッターがトスを上げたと同時に助走を開始する。(セカンドテンポ)
     ※サードテンポでも、もちろん可
  3.  ボールから目を離さずに助走を続ける
  4.  最後の1歩の踏み込みとバックスイングを大きくする
  5.  両手を上げながらジャンプする
  6.  空中で体制を整える(この時に右肘 左手を下げないように注意する)
  7.  大きく後方へ体を反らし溜めを作る
  8.  タイミングをはかってボールを叩く
  9.  しっかりと手首のスナップを使い腕を振り切る
  10.  両足で着地する
  11.  バックアタックの威力を向上させるために「前跳び」をする
  12.  「前跳び」をするためにスパイクジャンプの最後の踏み込み時足の前後の間隔を広くする
  13.  バックアタックを打つ時は相手コートの両サイドを狙うようにする

以上、バックアタックのコツでした。
バックアタックは高さ、パワーが必要な分、体力も筋持久力も必要です。

 

試合の後半になるにつれ、打つのもキツくなるスパイクとなっています。
しかーし!チームのピンチを救ってこそエース!

 

ここ一番で決めれるように、ポイントをしっかりと押さえて練習に励んでいきましょう。
また、バックアタックはかなりの体幹の強さを要するため筋トレも合わせて行うようにしてください。
それではまた。

■合わせて読みたい記事■
バレーボールのスパイクを筋トレで強力にするメニューはこれ!
Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る