aクイックの打ち方にコツはある?最強の囮を目指そう!


Sponsored links

突然ですがバレーボールの攻撃で「最も速い攻撃」って何だと思いますか?
それはズバリ!Aクイックです!!(B,Cクイックもですが・・・)

 

Aクイックは主にセンタープレイヤー(ミドルブロッカー)の攻撃手段です。
役割としては試合の序盤で切り込んだり、相手ブロッカーを引き付けるための囮になったりします。

 

この事からもわかるように、比較的重要な攻撃なのです。
今回は、そんなAクイックのコツを見ていきたいと思います。

 

ポジションがセンターの方、もしくはセンターになりたい方、コツを掴んで「最強の囮」になりましょう!
別に点数バンバン取って「囮」になる必要もありませんが・・・。
では、行きますぞ~!!

1. Aクイック 一連の流れ

まずは大まかな流れを見ていきましょう。

○ Aクイック一連動作

  1.  味方がセッターに送るパスに合わせて助走開始(理想はボールよりも先に入る)
  2.  タイミングはスパイカーが先に助走に入ってきてセッターがトスを合わせる(ファースト・テンポ)
  3.  バックスイングを大きくとりネットに近づきすぎない位置で踏み込みを行う
  4.  左手をしっかりと上げ右肘を下げないように注意する
  5.  手首のスナップをしっかりと使いスイング
  6.  タッチネットに注意し両足で着地する

今度は画像で見ていきましょう。

a1

自分のコートにボールが返って来たら、助走を開始するスタートポジションまで素早く移動します。
この時に自分の右側にボールが抜けていった場合、右に体を向け肩ごしにボールを見ながら味方のパスを確認しましょう。

 

左だと左に体を向けて肩ごしにボールを見ます。
そして味方のパスにタイミングを合わせて助走開始です。

a2

バックスイングを大きく取りましょう。
大きいバックスイングこそが高いジャンプを生み出します。

a3

ネットに近すぎない、遠すぎない位置で最後の踏み込みを行います。

a4

左手をしっかりと上げてバランスをとり、右肘を下げないように注意しましょう。
右肘を下げると打点が低くなるので、必ず肘は上げるようにします。

a5

Aクイックの真骨頂であるスピード。
そのスピードをフルに活用し、一瞬で相手コートにボールを叩き落としましょう。

a6

最後は両足で着地して終了です。
この時に勢い余ってネットに触らないようにしましょう。

 

以上、Aクイックの一連動作でした。
次は補足説明に行きましょう。

Sponsored links

2-1. Aクイック補足説明その1

Aクイックにおいて大切なものはスピードです。
攻撃スピードが早ければ早いほど相手ブロッカーをつるができ、両サイドのスパイカーにつくブロックの枚数を減らす事ができます。

 

ですから、タイミングはとにかく早く入る事を意識しましょう。
はっきり行って先程の一連動作で見せたAクイックだと少し遅いくらいです。
理想を言えばボールがセッターの手に入る前にジャンプし、空中でボールを待っておいて、トスが来たら思いっきりボールをしばき倒すのがベストです。

 

このスピードのAクイックだと、ブロッカーが反応しにくいと言う利点があります。
また、早めにブロックを飛ばないと間に合わないので、ほぼ1枚ブロックがついてきます。
よって、サイドのブロックの枚数が減るのです。
このように早ければ早いAクイックは良い事づくしなので、スピードを意識したスパイクを目指しましょう。

2-2. Aクイック補足説明その2

先程のスピードの説明をもう少し掘り下げて行きましょう。
Aクイックの打ち方とレフトやライトのスパイクの打ち方の違いって何だかわかりますか?
それはフォームです。

 

レフトやライトの平行、オープンスパイクのようなダイナミックなフォームに比べて、Aクイックは少しだけコンパクトなフォームになります。
下の2枚の写真をごらんください。

ah

ah2

アングルが違うのでわかりにくいですが、上がAクイックのフォームで下がオープンや平行のフォームです。
後方への体の反り具合や、右肘の引き具合が全く違うのがおわかりいただけるかと思います。

 

このようにフォームを少し小さくする事により、少しだけスピードが上がり早い攻撃をしやすくなります。
また、ボールを叩く時もフルスイングをする事よりも手首のスナップを使う事を意識しましょう。

 

そうする事により、相手コートに叩き落としやすくなります。
以上、補足説明でした。

3. Aクイックまとめ

それでは「Aクイック」のポイントをもう一度見ていきましょう。

○ Aクイック一連動作

  1.  味方がセッターに送るパスに合わせて助走開始(理想はボールよりも先に入る)
  2.  タイミングはスパイカーが先に助走に入ってきてセッターがトスを合わせる(ファースト・テンポ)
  3.  バックスイングを大きくとりネットに近づきすぎない位置で踏み込みを行う
  4.  左手をしっかりと上げ右肘を下げないように注意する
  5.  手首のスナップをしっかりと使いスイング
  6.  タッチネットに注意し両足で着地する

○ 補足説明

  1.  とにかくスピードを意識する(理想は空中でトスを待つスタイル)
  2.  一瞬で相手コートにボールを叩き落とすためにフォームも少しコンパクトにする

これがAクイックのコツです。
このスパイクは、僕がバレーボールを始めた頃から常に慣れ親しんだスパイクです。

 

当時はまともに打てるわけもないので、ひたすら囮として跳んでいました。
トスが来ても、びびってフェイントしか出来ない有様でした。
しかし今では最も得意とするスパイクまで昇華しました。

 

一瞬で相手コートに叩き落とす感覚は、レフトやライトで平行やオープンを決めるのとはまた違った快感があります。
皆さんもポイントをしっかりと押さえた練習を行い「最強の囮」を目指し、
ゆくゆくはAクイックでバンバン点数が取れるプレイヤーを目指してください。
それでまた。

■合わせて読みたい記事■
 バレーボールのクイック系スパイクを確実に決めるためのポイント
Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る