ネットにボールが引っかかった!?こうやってトスすべし!


味方がレシーブしたボールがライナー気味でネットに突き刺さる!!
ここは腕の見せどころ。
ばっちり二段トスを上げてみせますよ!!
行くぜ!!!

 

結果・・・・失敗・・・。
なぜ!?どうして!?
原因がわからないよ~!!!!

 

こんにちは。
赤鬼です。

 

今回は「ネットに引っかかったボールをどのようにしたら上手く処理できるのか?」そんな疑問に鋭いメスを入れてみたいと思います。

 

ちなみにこの記事は、ある読者さんからのリクエストです。
本当にありがとうございます。
問題が解決できますよう、微力ながらお手伝いさせていただきたと思いますので最後までお付き合い願います。
では行きましょう。

Sponsored links

1. ネットに引っかかったボールの処理方法 やってしまいがちなミス

いつもなら「一連動作」から行くのが定番ですが、今回の記事に関しては「やってしまいがちなミス」から見てきましょう。
さっそく写真で確認しますよ~!

n1

まずは体がネットに近い通常モードでやってみましょう。
ボールが勢いよく飛んできてネットに引っかかりました。
ここからトスを上げてみましょう。

n2

写真のように体がネットに近い状態だと、ボールを高い位置でしか処理できないのでコントロールが難しくなります。

n3

その結果、腕だけのコントロールとなり上手くトスが上がりません。

n4

かなり高い確率でネットから離れたトスになります。
あなたも経験があるのではないでしょうか?

n5

一番最悪なパターンは、ボールの勢いが強くて自分から見て左側でトスを上げようとする事です。
これをやってしまうと思いっきりネットから離れたトスになります。

 

中学生の試合では「えっ?そんなとこに行っちゃう?」と言うくらい、とんでもない方向へ行く事もしばしば・・・・。
いかにネットに体を近づけた状態で、今回のボールを上げる事が難しいのかがおわかりいただけたかと思います。
では次に上手くトスにできる方法を見ていきましょう。

 

Sponsored links

2. ネットに引っかかったボールを上手くトスにつなげる方法

ネットに引っかかったボールをトスにつなぐためのポイントは以下のとおりです。

○ ネットから離れたボールを上手くトスにする方法一連動作

  1.  ネットにボールが引っかかったら、自分の体の位置をネットから少し離す
  2.  ボールを迎えに行かないように下で待ち、低い位置でボールに触る
  3.  膝の屈伸と体の横回転を使いトスを上げる(大きくゆったりとした動きでやる)
  4.  トスが上がったらすぐにブロックフォローに入る

以上です。
では写真で見ていきましょう。

n6

ネットから離れた状態でボールを待ちます。
そして足の横幅を少し広めにとりましょう(肩幅か、肩幅より少し広めで)

n7


足の幅を広めに取ると、勢いが強くてネットから離れてしまったボールや、勢いが弱くてネットに引っかかってすぐに落ちてしまうボールの両方に対応できます。

n8

低い位置でボールを拾います。
こうする事により膝の屈伸による下から上への上下運動と、体の回転による水平運動により丁寧なトスワークが可能となるのです。

n9

つい先ほどの説明のとおり、しっかりと膝の屈伸を使いましょう。

n10

勢いが弱くてすぐに落ちるボールと、勢い良く跳ね返ったボールの落ちるおおよその位置です。
赤の矢印の部分は少しネットから離すようにトスを上げ、緑のラインのボールは少しネットに近づけるようにしましょう
こうすれば味方のスパイカーが打ちやすいトスになりやすいです。

n11

最後までボールを目で追いブロックフォローに行きましょう。
これでミッションコンプリートであります!!

3. ネットに引っかかったボールの処理方法まとめ

では「ネットに引っかかったボールを上手くトスにする方法」をまとめましょう。

○ 上手く行かない原因

  1.  ネットに体が近いためボールを高い位置でしか拾えない
  2.  高い位置でボールを取ると腕だけでトスを上げるためコントロールが難しくなる

○ ネットから離れたボールを上手くトスにする方法一連動作

  1.  ネットにボールが引っかかったら、自分の体の位置をネットから少し離す
  2.  ボールを迎えに行かないように下で待ち、低い位置でボールに触る
  3.  膝の屈伸と体の横回転を使いトスを上げる(大きくゆったりとした動きでやる)
  4.  トスが上がったらすぐにブロックフォローに入る

いかがでしたが?
意外に簡単で拍子抜けしたのでは?

 

とにもかくにも「ネットから体を離す」事が重要です。
もう一つあえて付け加えると「慌てない」事でしょう。
慌ててしまうと、ほとんどの方が高い位置でボールを触ってしまいます。

 

松岡修三さんも言ってました。
「焦らない焦らない。一休み一休み。」
「どんうぉーり。び~はっぴ~(Don’t worry be happy)」
と。

 

慌てず騒がず焦らずに、それがネットに引っかかったボールを上手くトスにする方法です。
もしもネットに張りがボールが落ちそうになったら、無理にトスを上げようとせずボールを高く上げて味方につなげる事を優先しましょう。

 

以上、ネットに引っかかったボールの処理方法でした!
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

    • BBAプレイヤー
    • 2016年 11月 10日

    改めて、ありがとうございますヽ(*´∀`)/

    「慌てない」

    これ、すべてに通ずる事ですよね。。。
    プラス、予測が大事だなぁ〜と(ボールの強弱による落ちる位置)。

    ここで疑問2つあります。
    ネットの張り具合って多いに関係しますよね?って事と、
    お問い合わせの時もチラッと書きましたが、やはり「ネットに刺さる前に処理」が理想なんですよね?
    まぁ、レセプションがしっかりしているチームさんだと、こんな心配もないんでしょうけど(笑)

    でも、改めて記事にしていただいた事で、再確認が沢山ありました!
    本当に感謝です(゚人゚)アリガトゴザイマス!

      • 赤鬼
      • 2016年 11月 11日

      BBAプレイヤーさん
      コメントありがとうございます。

      疑問にお答えさせていただきます。
      まず、ネットの張り具合はお察しの通り大いに関係あります。
      ゆるゆるだとどうしても跳ね返って来ないので(;´∀`)

      しかし、大人が準備をする以上ゆるゆるなんてほぼ無いと言ってもいいはずです。
      小中学生だとありえますが・・・・。
      万が一、ゆるゆるの場合だとボールの勢いにもよりますが通常よりも少しネットに近づくようにした方がいいと思います。

      もう一点「ネットに突き刺さる前に処理」ですが、どちらでもいいかと。
      ボールの勢いが弱いなら比較的トスが上げやすいので突き刺さる前にトスをしても上がりやすいです。
      しかし、勢いが強いととんでもない方向へ行ってしまう事もあるのでネットプレイもありかな~と。

      曖昧な返事で申し訳ありません。
      ただ言える事は「臨機応変に使い分ける」これが大事ですね。
      ですから、両方使いこなせるようになるのがベスト!

      まぁ、そこまで正確なトスは上げにくいのでレフトのスパイカーに任せましょう。
      多少の誤差はエースならフォローできて当然ですから(`・∀・´)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る