UNISTの曲とメンバー紹介!


Sponsored links

皆さん、こんにちは。
赤鬼ですヽ(´▽`)/

随分と暖かくなってきましたね♪
今日は、僕の大好きなアーティストを御紹介します。

そのアーティストとは・・・
UNISTです!

知らない方もいらっしゃるかと思いまずが、
かなりおすすめアーティストです。

今回は、そんなUNISTの曲とメンバーを見ていって下さい。
それでは独断と偏見に満ちた、管理人のUNISTベスト10!
行ってみましょう!

Sponsored links

第10位 おもいで切符


線路

JR九州のCMソングにて流れていた曲です。
ベタな感想ですが、むっちゃ旅に出たくなります。

旅行中の新幹線の中や、
全然関係ないけどフェリーの中でもよく聴きました。
ヽ(・∀・)ノ

旅のお供に、おすすめです。
一緒に行こうぜ!
おもいで切符で♪

第9位 カンフーパンチ


中華

タイトル通りカンフーっぽいイントロでスタート。
カラオケで歌えば、かなり盛り上がります。

プロモーションビデオでは、
あの人気ドラマのパロディで某係長が登場し、踊りまくりです♪
振り付けもマスターし、目指せ!盛り上げ役!

第8位 MY Family


家族

家族を題材にした曲で、
メンバーの思い出を元に作詞された(?)歌詞です。

反抗ばかりしてきたけど、

自分の夢を支えてくれたのはやっぱり家族でした。

そんな感謝の気持ちを込めた内容です。

家族って、やっぱりいいな~って感じる曲ですね♪

Sponsored links

第7位 Summer Days


夏

THE 夏の曲!

真夏のドライブの時に、車内でガンガンに流したくなります!

「どこまでも~♪」の歌詞の後に、

行ける!

って、叫ばないといけない部分があるのですが、
UNISTさんのライブで野郎だけで叫ぶってのがありました。

僕は上流家庭の出身のため、執事のセバスチャンに、
「人前で大きな声を出すのは、はしたないですぞ!」
幼少期より、きつく言われているのでできませんでした。

・・・冗談です。
本当は、女性が多すぎたため、恥ずかしくて言えませんでした
UNISTさん、あの時はすいませんでした!

次は、個人的に指名してくれ!
ヽ(;▽;)ノ

第6位 13月のソラノシタ


冬

え~、最初に言っておきます。

現在、失恋中の方、聴かない方がいいです。

歌詞が切なくて、きっと泣きます。
まさしく、失恋ソング。

以前、恋人と別れた後に聴いて、
テンション、ダダ下がりになりました。

いや、めっちゃええ曲なんですよ!
寒い冬にぴったりやし。

どうしても「13月のソラノシタ」を聴きたいなら・・・
黄色いハンカチを用意を用意しといてくれねぇか?

俺を、まだ待ってくれているなら、
ハンカチをベランダに干しといてくれよ・・・。

後半戦突入!でも、その前に。

いよいよベスト5ですが、ここでUNISTってなんなん?
どんな人達?
って、気になる方も多数いらっしゃるかと思います。

そんな方々のためにUNISTを紹介します!
詳細は下記をご覧ください。

・UNIST(ユニスト)

個性(unique)を持ち寄って、

ギターを弾く(stroke)の頭文字を合わせてグループ名を構成。

・メンバー

・GAKU(植草 岳)

1981年8月22日生まれ

ギター、ボーカル

千葉県出身

O型

GAKUさんは千葉県民なのに、
ノリが完全に関西。

常にテンションが高い。
明るく愉快なリーダーです♪

・TAMA(玉出 ゆういち)

1981年11月7日生まれ

ギター、ボーカル

東京都出身

AB型

TAMAちゃんはハットがトレードマークの男前。
間近で見たら、同じ人類と思えないくらい男前。
綺麗な声と、優れたギターテクニックで女性ファンのハートを鷲掴みっす♪

・ZEN(上間 善一郎)

1985年12月28日生まれ

ギター、ボーカル

沖縄生まれ、大阪育ち

A型

ZENちゃんはUNISTのムードメーカー。
ライブでは、ほぼ高確率で度数の高い酒を飲まされる。

カウントダウンライブの時は、僕の1m前で踊りまくってました♪
以上、ざっくりと紹介しましたが、
UNISTの皆さんは非常に明るく気さくな人たちです。

そして、全員・・・
人類の敵、イケメンです(・∀・)

さぁ、メンバーの紹介も終わったので、残りのベスト5を紹介しまっせ!
・・・と、おもったのですが、続きは次回に持ち越しっす。
次の時も、お楽しみにヽ(´▽`)/

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る