バレーボールが上手くなるために心がけるべき5つの事


バレーが上手くなりません…。
出来ない自分が嫌になってきます…。
私には才能がありません…。

 

バレーを教えていると、こんなネガティブ発言をする子と度々遭遇します。
上手くならない?
才能?
そんな言葉だけで片付けて本当に良いの?

 

こんにちは。
バレーの才能なんて欠片も持っていなかった…赤鬼です!!

 

今回の記事は正直言ってプレイの事は何も書いていません。
この記事を読んだからといって、レシーブが上手くなったり強烈なスパイクが打てるようになれません。
ただの精神論であります!

 

しかーし!精神論と言って侮るなかれ!
心がけ一つで上達のスピードが変わる事だって十分にありえるのであります!

 

逆に人よりも飲み込みが早い子が、コツコツ努力した子に負けた事例も何度目の当たりにしたことか…・
という訳で、今までの経験から上達するための心がけを5つ厳選しました。

 

これはバレーの上手い下手なんて関係ありません。
その気になれば今日からだって変える事が出来る事なのです。
ではさっそく行きましょう!

Sponsored links

1. 「才能」「センス」って言葉に惑わされるな!

「お前はセンスが無い。」
「才能ないんじゃない?やめた方がいいよ。」

 

世の中には、平気で心無い言葉を投げつけてくる人がいます。

 

才能?

 

センス?

 

はぁ?(゚Д゚≡゚Д゚)?…

 

正直、過去にバレーを教えていた子にも、大人からの心無い一言でバレーの道から去っていた子が何人かいました。
「その子がその程度だったんでしょ?」って言われたらそれまでですが、本当に残念な事です。

 

今でも「先生から才能が無いって言われました。」「親にお前はセンスが無いからダメっていつも言われます。」って子から話を聞く事があります。
そんな時は僕は必ずこう聞き返します。

 

「じゃあ、君にとって『才能』『センス』って何?」

 

で、返ってくる答えが…

 

「えっと、教えられた事をすぐに習得できる能力です。」

 

「えっ?えっ?上達の早い子じゃないんですか?」

 

「所謂(いわゆる)天才です。」

 

……おバカさん (´Д`)ハァ…
そんな意味もよくわかっていない言葉に振り回されている暇があるなら、サーブ1本打ってる方がよっぽど有意義な時間を得られますよ。

 

そんな迷える子羊ちゃん達に更にこう質問します。

 

「君言ってる意味やと「天才」ってほとんど努力はいらない事になるよ?
じゃあ、世の中の『プロ』って呼ばれる人はほとんど練習してないの?

違うよね?『プロ』だからこそ血の滲むような努力してるやろ?
だから人を感動させるようなプレイができるんちゃんかな?」

 

こう問い詰めると「ぐうの音も出ない」様子。
けっきょく「才能」「センス」が無いから出来ないなんて言ってる子は、わざわざ自分の可能性を潰しているのです。

 

それに、親や先生に「才能が無い」だの「お前はダメ」だの否定されても無視すればいいんです。
親や先生は神様じゃありません。
近い将来、あなたが上達できるか否かなんて誰が予言できるのでしょうか?
ですからあえて言いましょう。

 

そんな曖昧な言葉で自分を「過小評価」してる暇があるなら気が狂ったかのように努力しよう!
「出来る、出来ない」じゃなくて「やるかやらないか」ですよ!

2. 待ち時間にも出来る事はある!

先程の「才能」「センス」で、あーだこーだ言ってる子程、プレイしていない時に「ただ突っ立ってるだけ」と言う傾向があります。
これは非常にもったいない。
自分がプレイしていない時というのは、実は「ゴールデンタイム」だったりするのです。

 

それはなぜか?
上級者のプレイを目で見て学べる時間だからです!

 

ですから片足に体重をかけてボーッとしている子、周りが声を出しているのにダルそうにしている子、ひどい場合は壁にもたれかかっている子。
そんな方で上達した人を僕は今のところ見たことがありません。

 

そしておそらく、これから先も会うこともないでしょう。(元々の能力がずば抜けて性格に難有りの子以外は)
それなりに実力をつけて、それなりの結果を出して終わる可能性大!

 

今の自分の実力は、過去の自分の積み重ねて来た結果です。
残念ながら過去は変える事はできません。

 

しかし未来なら?
今から変えようと思ったら変える事ができます。

 

そのためにも自分の行動を改めましょう。
例えばこんなものがあります。

〇 自分の練習の待ち時間を有効活用する方法

  1.  スパイク練習のボール拾いの時に先輩たちがどんな打ち方をしどんなコースに打つか観察する
  2.  サーブカットや強打レシーブの練習で列に並んでいる時に実際にやっている人のプレイなどをその場で真似する
  3.  上手い人の動きを徹底的に観察し部活ノート何度に書き留めておく
  4.  わからない事があればどんどん質問する

主なやり方としてはこんな感じです。
さすがに僕はバレーが上達する事はもうないのでやっていませんが、ムエタイではちゃんとやっています。

 

先生の蹴りが凄すぎて、リングサイドから穴が開くくらい観察してて「ある秘密」に気づくことができました。
そこから先生の動きを取り入れたら、蹴りの威力が上がったのです。

 

その喜びは格別でした。
このように「別の達成感」を味わえるのも観察の醍醐味。

 

とは言え、ここまでやっても実際に行動に移す選手はひと握りです。

 

「周りがやったら自分もやる。」

「他がやっていないのに自分だけやったら恥ずかしい。ういちゃうかも。」

 

ほどんどの小中学生がこんな考えをしてしまいがちです。
一歩先を行ってライバルを出し抜きましょう!

Sponsored links

3. 私生活を正せ!

こんな学校の先生みたいな事を言うのもどうかなっと思いましたが、あえて書きましょう。
あなたは部活をやるためだけに学校に行っているわけではありません。

 

部活以外の時間は当然、学校生活が待っています。
授業中の態度が悪かったり遅刻が多かったりしていては、いくらプレイが上手くてもスポーツをする者として失格です。

 

学校にもよりけりですが、普段の学校生活が悪いと実力があっても試合で使ってもらえません。
中には「完全実力主義」で、学校生活なんて多少問題あっても良いという指導者もいますが極少数でしょう。

 

また、あなたがもしも部活以外の時間で問題を起こしたら「〇年〇組の誰々」では無く「バレー部の誰々」となります。
そうなると様々なペナルティが発生し、結果的には練習時間が削られチームにも迷惑がかかってしまうわけです。

 

顧問の先生や担任の先生に怒られている間も、他のライバルはどんどん練習して行くわけなので実力の差は開くばかり。
時間がもったいないですよね。
普段の学校生活を正す事が重要かおわかりいただけましたか?

 

僕も学生時代は優秀だったわけではないので偉そうな事はいえませんが、私生活は全く問題ありませんでした(成績以外)
ですからあなたも優等生になれとは言いません。

 

チームに迷惑がかからないよう普通に学校生活を送りましょう。

4. 負の感情を利用しよう!

試合に負けた。
先生に怒られた。
「下手くそ」と馬鹿にされた。

 

そんな時に沸き起こるものは「悔しい」と言った負の感情でしょう。
一見、負の感情は悪いものとイメージされがちですが、上達をするためには実はとても効率の良いエネルギーとなっています。

 

事実、中学高校時代の僕も、この感情で上達したといっても過言ではありません。
当時の監督は本当に厳格な方で、毎日毎日怒鳴られたり殴られたりしていました。

 

あの時にムエタイをしていたら間違いなくタイキックをしていたはずです。
それくらい憎い存在でした。

 

その時に僕の中でうごめいていたものこそ「あいつ(監督)絶対に見返したるからな!」と言う負の感情だったのです。
おかげさまで本当に成長する事ができたので、今でも当時の監督には感謝しています。

 

あなたもきっと試合に負けたりすれば「悔しい」と感じるでしょう。
しかし、その感情を持ち続けて普段の練習の原動力にする事こそ大切なのです。

 

負けて「悔しい」気持ちがすぐに薄れているようでは、次も同じ相手に負けるでしょう。
なぜなら、負けた後でも相手は同じように練習するからです。

 

これを強さの基準を数値化するとわかりやすくなります。
相手のチームの強さが7、あなたのチームが5。
現時点で2の差があるわけです。

 

試合が終わり今までと同じように練習していて、この2の差は縮まるでしょうか?
きっと、なかなか縮まらないと思います。

 

相手との実力差がほぼ同じなら次は勝てるかもしれません。
しかし、実力差がある相手を倒そうと思えば、それ相応の努力が必要になるわけです。

 

その努力を継続させる意味でも、繰り返しますが「負の感情」を上手く利用しましょう。
もちろん、あなた一人ではなく「チーム全体で」がポイントですよ。

5. バレーを好きになれっ!

日本の諺にこんなものがあります。

 

好きこそものの上手なれ

 

「好きなものでこそ人は熱心に努力するので成長が早い」と言う意味です。
あなたはバレーボールが好きですか?

 

僕は大昔、ボールを見ただけで吐き気がするくらい嫌いでした。
でも今は胸を張って言えます。

 

バレーが大好きです!

 

先ほどの章で出てきた鬼監督が、当時の僕たちにこんな事をおっしゃってました。
「お前らは今はバレー嫌いかもしれんけど、なんやかんやで続けて行くわ。」と。

 

監督の予言(?)通りバレーを継続し、早20年以上…。
まさかこんなに続けて、しかも教える立場になってブログまでやるなんて、当時の僕には考えられませんでした。

 

その根幹にあるのは、やっぱりバレーが好きと言う感情なのでしょう。
あなたもいつかバレーが嫌いになる日が来るかもしれません。

 

でも、長く長く続けて行けば実力もついてきて好きになる日が来ると思います。
そのためにも、多少馬鹿にされたり怒られたりしても挫けないで下さい。

 

いつか出来る自分を信じて一生懸命練習しましょう!
それが上達するためのコツですよ。
それではまた。

■合わせて読みたい記事■
スポーツが上達するために必要なセルフイメージとは?
Sponsored links

関連記事

コメント

    • 目指せスタメン!
    • 2017年 6月 26日

    こんばんは!!!
    今日は・・・悪い知らせと言うか・・・何と言うか・・・
    先週から何となく膝が痛かったんです・・・
    けど、大丈夫かな?と思って練習をしていたんですけど・・
    土曜日の一日練習の後に、かなり痛みが強くなって・・

    今日は取りあえず、ボール出しだけにしてもらったのですが・・
    接骨院に行って来たらジャンパー膝と言うものになってしまいました・・・
    部活停止10日~20日・・・(T△T)

    今は、階段登るのも痛くて辛いです・・
    けど、停止期間中も部活には行きます!
    バレーノートを作って研究します!

    そこで!!赤鬼さんにSOSです!
    膝をケガしている時でも出来るメニューは何ですか?
    宜しくお願いします!

      • 赤鬼
      • 2017年 6月 27日

      目指せスタメンさんへ
      な、何ですと~!!?
      あれだけ頑張ってたのに・・・・゚(´;ω;`)

      しかしジャンパーズニーやオスグットは、バレーに付きまとう症状です。
      なったらスパッと練習を止めて治療に専念しましょう。

      さて、怪我をしている時は自らの基本性のを上げるために筋トレをしましょう。
      スパイクに必要な上半身トレーニングはこちらです。

      http://ikkitousen0413.com/archives/5891.html

      とくに腹筋、背筋をしっかりやりましょう。
      中でも記事中にある「ロシアンツイスト」がおすすめです。

      腹斜筋を鍛える事により、スパイクスイングが早くなります。
      ただ、腰を痛めやすい種目でもあるので十分に注意しながらやって下さいね。

      後はボール感覚が鈍らないように、常にボールに触れたおいたり寝転びながらオーバーをするのも良いと思います。

      ジャンパーズニーは再発の恐れもあるので、ザムストのガッチリ膝を補助してくれるサポーターを購入する事をすすめます。
      ちと高いですが、怪我の治療費の方がきっと高いはず!

      ご両親に一度相談してみてください。
      お大事に・゜・(ノД`)・゜・

    • 目指せスタメン!
    • 2017年 7月 03日

    こんばんは!
    目指せスタメン!です(^_^)

    この間、ジャンパー膝と言ったのですが・・・
    靭帯やってました・・・・(。>0<。)

    接骨院の先生が「一度大きな病院に行ってMRIをとってきて」と言ったので
    検査をした結果・・半月板は無事でしたが、靭帯が・・

    切れたり伸びたりはしていないのですが・・
    一ヵ月は休養となってしまいました(T△T)

    復活した時に動ける様に、赤鬼さんに教えてもらった筋トレは頑張ってます!
    部活にも毎日顔を出して、研究もしています!

    早く復帰したい~~~o(T^T)o

      • 赤鬼
      • 2017年 7月 04日

      目指せスタメンさんへ
      こんばんは!赤鬼です。

      そうですか・・・靭帯だったんですね( ̄▽ ̄;)
      靭帯は無理して練習などをしたら悪化するどころか後遺症になりかねません。

      気持ちはわかりますが、目指せスタメンさんがおっしゃるようにトレーニング中心に励んでください。
      とはいえ、トレーニングばかりだと良質な筋肉は形成できません。
      良い筋肉は力を入れたら硬くなり、力を抜いたら柔らかいもの。

      ネコ科の動物のようなしなやから筋肉を得るため、ストレッチも同じくらいやりましょうヽ(*´∀`)ノ
      後はボール感覚が無くならないように、ボールに常に触れておくのもありかもしれません。

      これから猛烈に暑くなりますが熱中症に気をつけて下さいねヽ(・∀・)ノ
      頑張れ!目指せスタメンさん!

    • さく
    • 2017年 11月 24日

    同じぐらいのレベルの子にレギュラーを取られました。
    どういった練習をしたら上手くなりますか?

      • 赤鬼
      • 2017年 11月 25日

      さくさんへ
      こんにちは!赤鬼です。

      コメントありがとうございます。
      そうですか、同じレベルくらいの人にレギュラーを取られたのですね。

      具体的に何が基準で選ばれたのかがわからないので「これ!」と言う練習方法はわかりかねます。
      ただ「チームが勝つために何が基準になっているのか?」これを見極める必要があるでしょう。

      例えばサーブカットの返球率が悪いチームであれば、自分が率先してサーブカットを返せる選手になる。
      ここ一番での決定率に欠けるのであれば、自分がチームが苦しい場面で決めれるようになる。

      完全無欠のチームなんて存在しません。
      外から試合を見て何が足りないのか?これをしっかり観察する事がレギュラーへの道ですよ♪

      そして試合に出ていなくても、さも試合に出ているかのように大声で応援して自分の存在を監督にアピールする。
      ノートにチームの欠点等を書いて「これが欠けているので強化する必要がある。自分はこうしてこうしてチームに貢献できるように頑張る」等の決意表明を書くのも良いでしょう。

      レギュラーを他の人から奪い取るにはまずはアピール!
      そしてレギュラーがサボっていても自分は同じようにサボらない!
      むしろレギュラーの倍努力する!これくらいの気持ちがあればチャンスは必ず訪れます。
      頑張ってください!(^^)!

    • しまな
    • 2017年 11月 26日

    こんばんは!
    高校バレーをしています。
    ポジションはレフトです。
    スパイクの時、ライトからだとはっきりブロックが見えるのにレフトからだとぼんやりしかわからず、シャットばかりです。
    もともとオープントスを打っていたのですが、
    速いトスを打つようになって、スパイクフォームが乱れるようになりました。
    肘が先に出るかたちになってしまいます。
    インナーに打つ際、インナーを向かずにスパイクを打とうとするとすべてアウトになってしまいます。
    軽くスランプに近いのですが…
    どうすればいいでしょうか?

      • 赤鬼
      • 2017年 11月 28日

      しまなさんへ
      コメントありがとうございます。
      返信が遅れて申し訳ございません。

      レフトスパイクをシャットされると心折れそうになりますよね(^◇^;)
      さて、しまなさんの場合、シャットされるのはトスが早くなった事だけが原因ではないと思います。

      インナーを向かずにスパイクを打つと全てアウトになると言う事から、クロス方向を向いたまま打っておられるのでは?
      と言う事はネットに対して鈍角に助走して入っていないでしょうか?

      この助走の入り方だと、がっつりブロックがいる場所に真っ向勝負するような形になります。
      そこからブロックをかわそうとしてクロスを向いたままインナーに打つと、相当高さがあり、なおかつ肩の柔軟性が無いとアウトになりやすいでしょう。

      ですから、おすすめしたのがインナー方向を向いて助走を開始し、そこからクロス、ストレートを打ち分けるようにするといいでしょう
      これは僕の記憶が正しければ石川祐希選手も同じ打ち方に変えたと言ってました。

      そうする事で視界が広がりスパイクも打ちやすくなったそうです(曖昧な記憶ですが)
      また、ネットに対して鋭角に入る事はボールを点ではなく、線でとらえる事ができるので打ちやすくなります。

      更に短めのトスにしてもらえばインナー方向にほぼフリーで打てる可能性も出てきます。
      セッターと打ち合わせをして要所要所で短くしてもらうのもありかもしれません。

      こちらにレフトのコース打ちを詳しく載せていますので参考にしてください。
      また結果を教えてくださいね(о´∀`о)

      http://ikkitousen0413.com/archives/7363.html

    • しまな
    • 2017年 11月 29日

    返信ありがとうございます!

    さっそく昨日からとりかかってみているのですが、
    クロスに向いたままインナーに打とうとこだわっていたみたいです。
    鋭角に入って打つようにしてみてから、
    インナーに少しずつですが打てるようになりました!

    本当にありがとうございました!

    また質問等をし、お聞きしたりすると思いますが
    その時はよろしくお願いします????

      • 赤鬼
      • 2017年 12月 01日

      しまなさんへ
      返信ありがとうございます。

      さっそく挑戦されたのですね。
      少しずつですが改善されてよかったです。

      すぐにやる行動力と改善する実力をお持ちのようですので、コース打ちが出来るようになるのも時間の問題でしょう。
      またコメントくださいね(^-^)

        • しまな
        • 2017年 12月 01日

        コースの打ち分けがなんとなくできるようになってきました!
        今、スパイクフォームを修正中です。
        修正してるからなのでしょうか?
        肩が痛いです…笑
        慣れれば治りますかね…!?

        キャッチが苦手で下手と言われます。
        落下点に入れません。
        どうしたら落下点がわかるのでしょうか。
        どうしても腕の位置が一定しません、、
        下すぎたり、上すぎたりと。
        キャッチは数多くやらなければいけないものなのですが、今すぐできる解決法ってありますか?

          • 赤鬼
          • 2017年 12月 02日

          しまなさんへ
          修正と言うよりもフォームかボールを取っている位置が関係しているかもしれません。

          この三つのフォームの中のストレートアームスイングやサーキュラーだと肩を痛めやすいかもしれません。
          下記記事を参考にしてください。

          バレーボールのスパイクのフォームは3つある!?各打ち方はこれ!

          後はかぶりすぎて肩を痛めるケースもあるようですので、もし該当するのであればやや後方から踏み込むようにしてください。

          バレーボールのスパイクがかぶる!?原因と解決方法はこれ!

          後はキャッチを素早くするため、落下地点に早く入るためには最初の一歩を早く出す動作をしなければなりません。
          スプリットステップに挑戦してみましょう。

          バレーボールのレシーブの基本にして極意!これが出来たら上達する?

          腕を振らないようにするためにはガッチリ固定したような感じでやると良いでしょう。
          この方法をマスターすれば腕はほとんど振らなくてもカットできますよ♪

          サーブカットができないのはもう終わり!レベルアップの方法はこれ!

          課題は多いように思えますが一つ解決するとその分上達の喜びを味わえます。
          焦らずじっくり意識してやってみてください(^-^)

            • しまな
            • 2017年 12月 05日

            ご丁寧にありがとうございます!!

            一つずつ自主練などを通して、課題をクリアしていきたいと思います!

            • 赤鬼
            • 2017年 12月 06日

            しまなさん、こんばんは。
            赤鬼です。

            おぉ!やる気満々ですね!
            その意気ですよ!!

            もしかしたら壁にぶちあがるかもしれませんが、それはちゃんとあなたが前進している証拠です。
            頑張ってください。
            そして僕でよろしければいつでもお話を聞かせていただきます(^-^)

    • みかん
    • 2017年 12月 05日

    こんにちは。
    中学女子バレー部のみかんです!
    ポジションはリベロですが、私はレシーブがとても苦手です。
    特に前に落ちるボールが苦手で、サーブカットも弾いてしまいます。
    連続でミスすると、1人で盛り下がってしまい、迷惑しかかけていない状態です。
    元々はセンターだったのですが、3か月程前になぜかリベロになりました。
    リベロは嫌いではなく、むしろ好きですが、なぜ自分より上手なもう一人のリベロではなく自分がレギュラーなのが不思議です。
    私は、一旦調子が下がると自分で上げることができません。それがコントロールできれば、かける迷惑が少し減ると思っています。
    試合、普段の練習共にどうすればいいでしょうか?

      • 赤鬼
      • 2017年 12月 08日

      みかんさんへ
      コメントありがとうございます。
      返信が猛烈に遅れて申し訳ありません(´;ω;`)

      あなたがセンターからリベロに転向したのは、きっと何か光るものがあったらかではないでしょうか?
      そうでないとわざわざ全く違うポジションにはさせないでしょう。

      サーブカットの前に落ちる球って難しいですよね。
      ボールが来たらバランスを崩して膝をついていませんか?
      膝をついたらその時点で決められてしまうので、とにもかくにも落下地点に素早く入る事をまずは意識してください。

      さすがに中学で急に落ちる変化球を打ってくる人はいないと思いますが、万が一そんな人がいたらレシーブの時の足の前後の間隔を少し広めにとるようにしてください。
      そしてボールが落ちたら前に体重をかける。
      これだけでも弾かれる可能性は下がりますよ♪

      問題はミスした時の対処法ですよね。
      とにかく気持ちを下げないように声を出す。決まったら盛大に喜ぶでしょうね。
      そして失敗の原因をちゃんと普段の練習から考えるようにしてみる事です。

      そうすればミスはミスでなくなります。
      成功の糧に早変わりするんです。
      せっかくなので、あなたのお悩みを記事にしたいと思います。

      近日中には公開するので絶対にみてくださいね。
      みかんさんのコメントのおかげで書こうと思ったので(^-^)
      まずは上記の事を試してみてください。
      それでは新しい記事でお会いしましょう!(^^)!

    • 匿名
    • 2017年 12月 27日

    こんにちは!

    中学でバレーをしています。

    私は一様スタメンなのですがスパイクもレシーブもスタメンのメンバーの中で一番
    下手です。
    特にサーブカットが下手で、私のところにボールが来ると腕を振ったり腰が高くなったり
    して横に弾いてしまいます。ボールが上がってもネットに近くなってしまい、なかなかつながらず
    顧問の先生に怒られてばかりです。

    どうすれば腕を振ったりする癖が直りますか?
    また、ネットに近くならないようにどうすればいいでしょうか??

    宜しくお願いします!

      • 赤鬼
      • 2017年 12月 29日

      匿名さんへ
      コメントありがとうございます。
      そして返信が遅くなり申し訳ありません( ;∀;)

      サーブカットですか・・・僕も苦手でした。
      数学かサーブカットかってくらい苦手でした・・・
      今もですけど・・・。

      さて、サーブカットなんですが匿名さんの場合「典型的なミス」を犯しています。
      それは・・・我慢が出来ていない!って事です。

      中学生の指導を長年していますが、サーブカットが苦手な人ってボールが飛んで来たら待てないんです。
      ですからボールを迎えに行ってポイントがずれて弾く。
      腕を振ってボールと喧嘩して弾く。

      それを解消するためには、ボールの正面に入ってしっかりと引き付ける事がポイントです。
      そして面をセッターにちゃんと向けて当てるだけ。

      バレーボールのサーブで、ネットを越えるようなボールは大体 当てるだけで綺麗に返ります。
      もちろんヘロヘロのボールだと少し腕や膝の屈伸を使ってボールを飛ばさないといけませんが、基本的には当てるだけでOK。

      そうすればネットを越える事も減るかと思います。
      そしてネットを越えるような事があったのであれば、次にミスをするのであれば「逆のミス」をしなければいけません。

      ネットを越えるのであれば、今度は短いパスになるようにと言った感じです。
      そして微調整して綺麗の返るようにすれば良いんですよ♪

      こちらの記事にサーブカットの方法を載せていますので参考にしてください。
      教えた子、全員のプレイが改善された方法です。

      最後の顧問の先生がギャーギャー言って来ても気にしなくて大丈夫です。
      むしろ「うっせー!バカ!!今に度肝抜くカットしたるから待ってろ!!」くらいの強気で行きましょう!
      ファイトー( ^ω^ )

    • Chisa
    • 2018年 1月 06日

    初めて読ませていただき、とても参考になりました!
    そこで質問なんですけど、私は部活の中の誰よりバレーが好きという自信はありますが、全部のプレーがそこそこ止まりで強みがありません。
    練習をたくさんしたいのですが、中1なので毎回ボールは触れず、3日に1回だけです。もちろんコートに入れない日でも声出しは部活1の大声でしています!でも声出しでは技術が上がらないのは分かっているので、練習中の自主練(球拾いをしなくていいときにボールを好きに使えます)を頑張りたいんです。コートの端の方で、一人でできる練習はありますか?今やっているのは、壁にサーブを打って跳ね返ったものをレシーブすること、壁打ちくらいです。縦はコート半分とサーブを打つ範囲ぐらいの長さ、横は1m50cmほどしか使えません。先輩は今まで一度も勝ったことがなく技術面で頼れませんし、同級生もいまいちやる気がなく(それでも11人中私を含む8人はジュニア経験があり、県一位、二位のチームから集まったので実力はあります)ずっとお喋りなどをしているので、一人でしかできません。
    分かりにくい文ですが、簡潔に言うと『一人でできる自主練メニューを教えて』ほしいです!もちろんボールなしでも大丈夫です。ただ、ストレッチ以外で座ること、寝転がるのはだめです。注文が多くてすみません。よろしくお願いします!

      • 赤鬼
      • 2018年 1月 08日

      Chisaさんへ
      コメントありがとうござます。
      返事が遅くなり申し訳ありません(-_-;)

      いやー、コートの端での練習なんて懐かしいですね~。
      サーブを壁に当ててカットをするのは、返ってくる場所が丸わかりなのでカットの性能を上げる目的よりも、より丁寧に性格なフォームを固める目的でやる事をおすすめします。

      Chisaさんと同じような練習をしている中学生をたまに見かけますが、手を振っているだけのレシーブなので結局そういった子は成果が伴っていません。
      腕では無く膝の動きでボールを運べるように徹底的に練習しましょう。

      そして中学だと強力なスパイクが来るよりも、移動してカットをする事も少なくありません。
      そのため素早い動きが必要になってきます。

      まずはボール無しでスプリットステップ等を身に着け「床を蹴る感覚」を養いましょう。
      スピードがあがるのでレシーブのプレイの幅が広がりますよ。
      こちらの記事で詳しく載せてありますので参考にして下しさい。

      http://ikkitousen0413.com/archives/6673.html

      また、相手がいる場合は色んなレシーブにチャレンジしてみましょう。
      強打だけではなく肩付近のボールの取り方やバックアンダー、色々なボールを処理できるようにしてください。
      それら全てもこちらにまとめてありますのでご一緒にどうぞ。

      http://ikkitousen0413.com/archives/3304.html

      後は壁打ちが出来るならミートの練習もやってみてください。
      特にスパイクを打つのであれば「ゼロポジション」は重要です。

      http://ikkitousen0413.com/archives/4592.html

      まずはこちらの三つをやってみましょう。
      また何かあればお気軽にどうぞ( ^ω^ )

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る