お中元の時期っていつなの?マナーと一緒に覚えよう!


Sponsored links

皆さん、こんにちは。
赤鬼です。ヽ(´▽`)/
今日は、もうすぐやってくる、
お中元の事についてあれやこれやと調べてみました。

主に、お中元を贈る時期と、由来、マナーについて記事を書いております。
参考にしていただければ、幸いです。
それでは行きましょう!

Sponsored links

1. お中元の由来

4ち動く「

お中元の由来は、お隣、中国から来ています。
中国の三大宗教と言えば、仏教、儒教、道教の3つですが、
その内の一つ、道教の暦法を次のように表します。

上元 1月15日

中元 7月15日

下元 10月15日

この3つを総称し、「三元」と言います。
やがて、仏教と道教の共通の祭日となり
三元節」と呼ばれ始めました。
やがて、仏教が日本に伝来。

この内の中元が、お盆の行事である、「御霊祭り」で、
お供え物を贈りあうという、習慣になりました。
その当時は、家族間だけでと言うのが普通でした。

あれ?
それでは、現在のようにお世話になった人に贈るようになったのはいつでしょう?
時を遡ること、約120年前の1897年。(明治30年)京都帝国大学が、創立された年ですね♪

その年、百貨店等で、ある人は考えました。
「う~ん、やっぱり、夏場は売上が落ちるね~。
そうだ!大売出しをしよう!」
そこで、大売出しを開始しました。

それに伴い、お中元の贈答習慣が定着し、
また、時期も夏場だったため、この季節にに定着しました。
これにより現在のような、お中元の習慣が出来上がったのです。

2. お中元を贈る時期

そうめん

お中元の送る時期は、各地方によって異なります。

以下にまとめてみました。

北海道   7月15日~8月15日

東北地方  7月01日~7月15日

関東地方  7月01日~7月15日

北陸地方  7月01日~7月15日

地域により 7月15日~8月15日 ※両方がかかる7月15日が無難です。

関西 近畿  7月15日~8月15日

中国地方  7月15日~8月15日

四国地方  7月15日~8月15日

九州地方  8月初旬~8月15日

沖縄地方  旧暦の7月15日まで

以上が、各地域の送る時期ですが、
年々、早まっている場所もあります。
お相手の方と普段からコミュニケーションを取り、
時期を把握しておく事も重要です。

また、相手や自分が喪中の場合祝い事ではないので、
贈ってしまっても問題ありません。
その時は、水引などは用いず、白無地の短冊か、奉書紙に表書きをすればOKです。

Sponsored links

3. 贈ると失礼な物

お中元で贈るのはタブーな物も勿論、存在します。
例を いくつか御紹介すると・・・
相手から、踏みつけられると捉えられる
」「靴下」。

「より勤勉に」と言う意味の「時計」。
目上の方に、「より勤勉に」は失礼に当たります(^_^;)

更には、「アクセサリー」「宝石」「下着」。
これは、家族や恋人だけにしましょう。
最後に、「ギフト券」や「現金」です。
これは「相手を低く見ている」と言う印象を与えるそうです。

しかーし!場合によっては喜ばれるので、
失礼とは存じますが・・・
と、一言だけ添えればOKです。

4. 添え状 礼状

便箋

お中元を贈る際には、添え状も同封しましょう。

デパート等から、品物を直送する際は、添え状も忘れずに
商品と一緒に送って下さい。

うっかり忘れたり、デパートからの発送ではなく、
業者から直送の場合、別便でOKです。
さて、ここで添え状の例文を御紹介します。

拝啓 

暑さ厳しき折り、皆様にはますますご清祥のことと、

お慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

つきましては、本日お中元のお印までに

別便にて心ばかりの品、お送りさせていただきました。

ご笑納いただければ幸いに存じます。

まずは書中ご挨拶まで。

敬具

今回は、業者からの直送と言うシュチュエーションで例文を作りました。
状況によって、作り替えて下さいね♪

また、お中元をいただいた際に
商品が届いた旨を伝える手段と、
御礼の返事として出す、礼状の書き方は、こんな感じです。

拝啓

毎日照り付けるような日差しが続いております。
皆様お元気にお過ごしでいらっしゃいますか。
私どもは、この春、長女が小学校に入学し、
慌ただしい毎日を過ごしています。

さて、このたびはご丁寧に暑中の贈り物を頂きまして、
細やかなお心遣いに恐縮しかりでございます。

忙しさを言い訳に、お付き合いもだんだんと横着をしてしまっておりますが、

このようなお心遣いを頂きやはり絆とは大変に有難いものだと、嬉しく思っております。

我が家では、長女が、実はかなりの甘党でして、

頂戴しました冷菓はお恥ずかしい事に、あっという間に平らげてしまいそうです。

まだまだ暑さはこれからとのこと、お体どうぞご自愛くださいませ。
略儀ながら、書中にてお礼まで。
敬具

                平成27年8月1日

                     赤鬼

青鬼様

あくまで、例文ですよ(^_^;)

さていかがだったでしょうか?
お中元は、夏の贈り物であると同時に
日頃、お世話になっている人への感謝の気持ちを表す行事です。

贈り物にも高い、安いもあるかと思いますが、
お相手に贈る品物を一生懸命選ぶ過程や、
手間暇をかけ礼状や商品を贈る行いこそが
最も尊いのではないでしょうか?

 

一番大切なのは、あなたの「贈る気持ち」そのものです!

皆さんの気持ちが届き、
お相手の方、共々幸せな気持ちになれますよう
願っております。
ヽ(・∀・)ノ

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る