短いパスを上手くトスするにはどうすべきかやってみた!


今も昔もそうですが、短いパスを上手くトスに出来ない小中学生がいます。
今まで見た限りでは大半がネットから割れた(離れた)トスになってしまうのが多いように感じますね。
というわけで今回のお題は・・・

 

ネットから離れた短いパスを上手くトスにする方法です!

 

そのまんまやんけ・・・。
こんにちは!今日やるオーバーを昔やってネットを越えてしまった・・・赤鬼です!!

 

いやー、あん時のエースの怒りっぷりったら悟空と戦ってる時のブロリーばりでした。
さて、気を取り直して話を進めて行きましょうかね。
小中学生のセッターのあなた!これは比較的簡単なので覚えておいて損はありませんよ~。
それでは行きましょう!

Sponsored links

1. 短いパスを上手くトスにする方法

では最初に一連の流れを見て行きましょう。
今回は最も上げる確率が高いレフトへのトスです。

〇 短いパスを上手くトスにする方法

  1.  落下地点に素早く移動する
  2.  左足か右足を落下地点に置く
  3.  体を時計回りにさせながらレフトの方向へ向く
  4.  最終的にはへそがレフト側へ向くようにする

これだけではさすがにわかりにくいので画像で見て行きましょう。

膝の力を抜き右足で床を強く蹴り落下地点に素早く移動しましょう。
これはどの動きにも使えるのでぜひマスターして下さい。

ボールの落下地点に入りつつトスを上げる方向へつま先を向けて行きましょう。
左足でも右足でもかまいません。
基本的には左足が一般的です。

右半身を軸に体を時計回りに回転させましょう。

トスを上げたい方向を円の中心と考えてそこに向かってトスしましょう。
小中学生の大半はネットから離れたら、レフト側を向かずに上げるため割れた(離れた)トスになりがちです。
注意しましょう。

最終的にはおへそも向けるようにしてください。
よりトスの精度が上がります。

そうする事で美しい放物線を描いてレフト方向へボールが飛んでいきます。
さて、このシュート(?)は入るのでしょうか?

 

俺は運命に従っている。
そして・・・人事は尽くした。
だから俺のシュートは・・・

落ち・・・

・・・・。

隣にいた小僧がめっちゃ嬉しそうだったので、今度バレーシューズにセミの抜け殻入れてやりましょ・・・
ちなみに最初の動きの膝の力を抜いてってやつは下記記事で細かく解説しています。
用途は若干違いますが、最初の一歩を早めるための感覚を養うにはちょうどいいかもしれませんので合わせてごらんください。

■合わせて読みたい記事■
スプリットステップ バレーバージョン!これでディグを強力にしよう!

2. 短いパスを上手くトスにする方法 まとめ

もうびっくりするくらい短い記事でしたね。
それでは最後にもう一度おさらいしましょう。

〇 短いパスを上手くトスにする方法

  1.  落下地点に素早く移動する
  2.  左足か右足を落下地点に置く
  3.  体を時計回りにさせながらレフトの方向へ向く
  4.  最終的にはへそがレフト側へ向くようにする

最初にも書いてますが、この状況でトスを上げたらネットから離れる小中学生は結構います。
まぁ慣れてきたら自然と出来るようにはなるのですが、コツを知ってるか否かで上達のスピードは変わって来るでしょう。

 

オーバーでレフト方向へしっかり飛ばすには体の使い方も重要になってくるため、それも合わせて覚えておく事をおすすめします。
最初はどうしても飛ばせない場合もあるので、アンダーでトスを上げつつ、ゆくゆくはオーバーで全て上げれるようにしましょう。
それではまた。

■合わせて読みたい記事■
アンダーハンドで二段トスって出来る?二つの種類を大公開!

オーバーハンドパスがうまく飛ばない!?解決方法はこれ!

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る