バレーの試合でミスした時の対処法は?4つのやり方がありました!


サーブカットを弾いた。
チャンスボールがセッターに返らなかった。
スパイクをネットにかけてしまった。

 

こうなったらさぁ大変!
監督からの怒号のオンパレードです。

「何やってんだ!!もういい!他の奴と代われ!!!!」

「あーあ、いつになったらそのボール取れるねん。」

「またお前のミスで負けるわ。」

こんにちは。
以前、相手のマッチポイントなのにジャンプサーブのトスを思いっきりミスして何とか前跳び!
ボールはネットを越えた事は越えたのですが・・・ラインクロスして1セット落としてしまった・・・赤鬼であります!!
試合中やのに全く違う事を考えてました(-_-;)

 

さてさて、日本には失敗=悪といった風潮があります。
仕事でも勉強でも、もちろんバレーの試合でもミスする事はダメなんだ!
悪い事なんだ!!って感じがとても強い。

 

実際、僕もバレーを始めた中学時代、試合中にミスしようものなら思いっきりビンタされるわ、靴飛んでくるわ、椅子飛んでくるわと今では考えられない事ばかりでした。
ここ数年でもバレーの練習中にミスして「死ね」と言ってきた奴もいます。
まぁ、僕も良い大人なんでスルーしましたけどね。

 

その時の心境ですか?
まぁ、僕も良い大人なんでね。
ソフトに言いますよ?

 

ぶっ〇す・・・

 

何でたかだかバレーの練習中のミスでそこまで言われなあかんねん。
本当に次にあいつと会ったら必殺技の跳び膝蹴りくらわしたるわ!!

 

とまぁ、僕のぶっころ宣言は置いといて・・・。
今回はミスする事はそんなに悪い事なのか、そして実際にミスしたらどう対処すべきかを紹介していきたいと思います。

Sponsored links

1. ミスする事はそんなに悪い事?

さて、試合においてミスするのは悪い事なんでしょうか?
結論・・・時と場合による。

 

バレーの試合においてどうしてもミスをしてはいけない場面と言うものがあります。
流れがこっちに来ているのにサーブミス。
相手のマッチポイントでこっちのミス(経験者は語る・・・)
味方がスーパーレシーブをしたのにスパイクを打ってアウト等々。

 

ですがバレーボールで絶対にミスをしない選手なんていません。
それを変に監督やコーチがガミガミ怒ったりするのでミス=悪と言った印象を受けてしまうのです。

 

言わば減点方式!
良いプレイをしても褒めらえる事はありません。
そして今現在注意知れている事が解決したら、また別の事で注意されるようになるのです。
これでは委縮してしまって良いプレイをするのは難しいのではないでしょうか?

 

まぁ、強くなるには厳しい環境での練習も必要かもしれませんが、何でもかんでも減点だとモチベーションも下がります。
ではミスをしたらどうすべきか?
それを具体的に見て行きましょう。

2. ミスをした時の対処法

中学時代、鬼監督の元でミスをする=死を意味する事でした。
そうなるともう大変。

 

頭の中は真っ白になり心臓はバクバク。
えっ?俺、今から誰かに告白でもすんの?ってくらい鼓動が早いビート刻むっつーか。
ただでさえまともにプレイできないのに、こんな状況だとなおさら良いプレイなんてできません。

 

僕のサイトにコメントをくれる方の中にも、ミスをしたらどう対処していいのかわからなくて困っている人もいます。
では具体的にどうすべきか?
それがこちら。

〇 ミスをした時の対処法

  1.  原因を探す
  2.  声を出す
  3.  開き直る
  4.  決まったら盛大に喜ぶ

この4点くらいが今まで僕が心掛けてきた事です。
では細かく解説していきましょう。

2-1. 原因を探す

その昔・・・トーマスが言ってたんですよ。

「失敗ではない。うまくいなかい1万通りに方法を発見したのだ。」

トーマスて機関車じゃありませんよ。
誰だ!?機関車トーマスと勘違いしている人は!

 

トーマス・アルバ・エジソン(1847~1931)ですよ!!
ご存知「発明王」エジソンですが、彼の発明品は全て成功したわけではありません。

 

数えきれない失敗作の元、蓄音機や発熱電球などの発明をしたのです。
エジソンの失敗した回数に比べたら、僕たちのミスなんて屁みたいなもんですよ(エジソン本人は失敗とは言ってませんが・・・)

 

ただ、この話をすると二通りの解釈をする人がいます。
一方は「これは失敗じゃない。新しい発見だ!ウェーイwww」と何も考えないタイプ。
もう一方は「今のミスは何が原因なんだろ?相手のサーブが伸びるタイプなのに対してフォーメーションが前すぎたのかも・・・。」
原因究明タイプ。

 

同じミスをした者同士でも、この差は本当に大きいです。
ちゃんと何が悪かったのか考える人はミスの回数が段々と減ってきます。
反対に何も考えない人は2~3ヶ月過ぎても、同じような事で監督に怒られているのです。

 

孔子(紀元前552~479)のおっちゃんも言ってました。

「過(あやま)ちて改あらためざる、是(これ)を過ちという」

「失敗しても改めようとしない。これを本当の失敗って言うですよ」って意味です。
普段の練習からミスしたら「これがダメだから失敗したんだ。じゃあ、今度はこうやってみよう」と言った姿勢で取り組むようにしましょう。

 

具体的なアドバイスもしてくれなく「お前~!何でそんなボール取れねーんだよっ!!!」と怒るだけの監督なんて気にしない気にしない!一休み一休み!
(晩年が最悪の生臭坊主 一休宗純)

Sponsored links

2-2. 声を出す

あなたは知っていますか?
人間の脳はとても騙されやすいと言う事を。

 

とんでもない高性能なのに本人(?)は頭蓋骨の中の真っ暗闇の世界。
例えばここに一輪の花があるとしましょう。
でも、脳自身はこれを花と認識する事はできません。
目で見たり触ったり、匂いを嗅いで初めて「これ・・・花ですやん!」と認識するです。

 

ですからミスをしたら「やってしまった・・・」と言うような嫌な顔や泣きそうな顔をいつまでもしないようにしましょう。
そして声を出す!
そうする事で脳は「あれ?こいつ、ミスしたのに全然平気やん。自分の勘違いやったんや。ほな、アドレナリン出さなあかんわ。」と勘違いするのです。

 

それにミスをしてずっと黙ったり泣きそうな顔をしていると、相手に狙われる確率が大幅に上がります。
気を付けてください。
世のバレーボーラーは良い人ばかりではありません。
僕のように人の嫌がる事に無上の喜びを感じる鬼もいるのです。

2-3. 開き直る

ミスをしたら反省はもちろん必要です。
何かミスをしたら監督がギャーギャー文句を言って来ても気にしない。
パッと反省してミスの原因を究明し「うるせー!今にお前を見返すくらいのすげープレイをしてやるから黙ってろ!バーロー!」くらいの気持ちでいましょう。

 

どうせどんなに頑張っても人間ミスする時はします。
冒頭の僕のように試合中に別の事を考えて死刑レベルの珍プレイする奴だっているんです。

 

今できない事を嘆く暇があるなら、何がいけなかったのか考えて今後の自分につながるミスに変えてしまいましょう。
それがやがて試合中のスーパープレイにだってつながるのです。
開き直る・・・かなり使えますよ。

■合わせて読みたい記事■
スポーツが上達するために必要なセルフイメージとは?

2-4. 決まったら盛大に喜ぶ

先ほどの「脳は騙されやすい」と言いました。
これを上手く利用するとテンションを上げる事も可能です。

 

例えば自分がミスをしました。
でもその後、スパイクやサーブが決まったとしましょう。
その時がチャンス!!
思いっきり喜ぶのです。

 

そうすると、またまた脳は騙されアドレナリンを分泌させパフォーマンス向上につながるのです。
大阪のとある女子バレー部なんて、劣勢であろうと1点決めたら本当に「3点くらい決めたんか?(;^ω^)」ってくらいお祭り騒ぎをしています。

 

最初は恥ずかしい気持ちもあるとは思いますが、バレーをやっている時は「別の自分」になりきって大はしゃぎしましょう。
そうすれば監督が罵詈雑言をあびせて来ても、そこまでテンションは下がりません。

■合わせて読みたい記事■
チームメイトのやる気を高める方法ってある?私の答えはこれです!

3. ミスをした時の対処法まとめ

いかがでしたがでしょうか?
少しはミスに対するイメージが変わったのではありませんか?
それでは今回の記事をもう一度おさらいしましょう。

〇 ミスに対する対処法まとめ

  1.  原因を探す(失敗を失敗で終わらせない)
  2.  声を出す(ミスをした時こそ気持ちを奮い立たせるためにも声を出す)
  3.  開き直る(ミスは誰にでもあるものなので過剰に気にしない)
  4.  決まったら盛大に喜ぶ(お祭り騒ぎこそ気力アップにつながる)

日本の部活指導のスタイルは、前時代的な「とにかく厳しくする」と言う名残が今でもあるように感じます。
僕自身、そういった環境で育ったため否定をするつもりは毛頭ありません。
実際、それで結果を出しているチームはたくさんありますしね。

 

ただ、中学生時代の僕は監督の怒鳴り声にビクビクしながら普段から練習していたのも事実です。
監督の性格を変えるなんて、よほどの事が無い限り不可能でしょう。

 

ですから、ミスをした時はあなたの心構えや行動を変えて行くしかありません。
 ミスを恐れず全力プレイ!この姿勢でいれば気持ちも随分と楽になってくるものですよ。
頑張りましょう!
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

    • せいや
    • 2017年 12月 25日

    ご無沙汰してます。ジャンプフローターとジャンプサーブを掛け合わせたサーブではお世話になりました。

    今は女バレの顧問の先生から紹介された整体に通いつつ、バレーしてます。あと親指の筋?が切れて、サポーターがないとバレーできないほど体壊してます(笑)サーブとる時にオーバーで取ろうとして、サーブに親指持ってかれました????本当はオーバーでとる時は親指は横じゃないと持ってかれるんですね・・・

    今でも謎のジャンプフローターをやりますが、あれですね。スパイク以上に体幹が大事ですね。

    さて、その謎のジャンプフローターなのですが、若しかしたら、普通のジャンプフローターなのではないでしょうかという疑問があるのです。

    なんと謎のジャンプフローター、うちの部長が打ってました????
    うちの女バレのジャンプフローター専門で打ってる子がいて、その子は走ってからトスをあげて打ちます。
    その子に「走ってからトスあげて打つとトスあげてから打つのは何か違いがあるの??」
    と聞くと「その人の打ちやすい方じゃないかな〜。女子でもトスあげてから打つ人も居るし〜。」
    との事でした。

    もしかしたら、ただのジャンプフローターの可能性もありますという事です????まぁ、打てればいいんですけどね。

    駄文失礼しました。

    追伸:以前レッグライズという筋トレの記事を書いておりましたが、あれは腸腰筋の筋トレに一番いいらしいですね。腸腰筋はジャンプ力にも効果がかなりあるらしいので・・・

      • 赤鬼
      • 2017年 12月 28日

      せいやさんへ
      ご無沙汰しています。
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      強いボールをオーバーで取る場合は、通常のオーバーとは違い指を弾くようにしなければ、突き指の原因になります。
      注意してください。

      そしてジャンプフローターの件は実物を見てみないとわかりませんが、ジャンプサーブとジャンプフローターの中間に位置するため異なるものと思います。

      決定的な違いは、とにかく高さが重要ですね。
      その高さを確保するためにも腸腰筋を鍛える必要があります。

      しかしよく調べましたね。
      腸腰筋は発達している人は足の付け根に斜めに線が入っています。

      陸上のボルト選手なんかはかなり発達しているので、ぽっこりお腹になっているそうです。
      それくらい鍛えっておけば高いジャンプも夢では無いでしょう。

    • 気持ちと実力が反比例
    • 2018年 1月 14日

     はじめまして。ライト希望の中学1年生(女)です。
    夜練にも行ってます。
    昨日、部活がありました。練習メニューがラインタッチ→パス→3人レシーブ→2段トスの練習→前衛からのスパイク→バックからのスパイク→試合でした。
    スパイクは2つのチームにポジションごとに別れてやりました。スパイクも決まってとても喜んだりしました。(私たちのチームが最初)そして、もう1つのチームがスパイクを打つとき6人入ってカットして返すのをいつもやっていて、最初(相手がレフトから打つとき)ライトのもう1人の子が入り、相手がセンターから打つときに私がカットに入りました。そして、相手がライトから打つので交換したら、顧問の先生に「〇〇←私の名前、交換しなくていいから続けて。」と言われてもう1人の子には申し訳ないけどとても嬉しかったです!カットも上手く返せて…それはもう嬉しくて仕方がなかったんです!
     で、その後の試合でも最後まで出していただけて(人数少ないのもあるけど)いたんですが、サーブのカットミスやスパイクミスを何度かしてしまい、3回試合をしたのですが全部負けてしまいました。(-_-
    先輩は、「私先輩の

    • 気持ちと実力が反比例
    • 2018年 1月 14日

    ミスが多かったからだよ。皆、ごめんね。」と。
    (すいません、途中で切れました。(>_<))
    ミスはしていたけど、皆ミスしていたので皆で反省しました。結構私も落ち込みました。私はミスすると勝手に落ち込んで皆に迷惑掛けてしまうので、試合中は表に出さないようにしています。
     試合が終わり、部活も終了。先生からの話も終わり、帰る準備をしていました。そしたら相手チームのセンターの子に(元はライト希望だったけど4人もいて移動した)「〇〇、今、深刻なライト不足だから、ちょっとライトで練習してみて」と先生が。
    今の1年生は2人希望していて2年生は3人。2年生には、ライト多いから移動しろ、とか言うのになんで1年生は2人で少ないの!?、と思った私。1年生全員に聞こえる声で言っていて、試合での悔しさとその子はカットが上手いので、もしかしたら今の1年生のライトのレギュラーをとられるかもしれないという思いで、なんでか泣きそうになってしまいました。
    27日には大会があって明日から部活の延長。延長届けを出さなければいけなかったので出すときに「先生、気持ちの切り替え(ミスしたときとか)ってどうすればいいんですか?」と聞くと、色々アドバイスとかもらって涙ぼろぼろ。笑 先生には「泣くほど真剣に部活してるんだから、応援してる。頑張れ!」と言われまたぼろぼろ。笑
    先生は信じてくれてて、とても嬉しかったです。
    でも、夜練に行ってて親に迷惑がかかってるのに「レギュラー取れなかった」とは、絶対言いたくないです。レギュラーが欲しい、バレーを楽しみたいという気持ちは部活の中で一番だと思うし、応援だって一番声出しています!
     そこで赤鬼さんに質問です。サーブカットがとても苦手なのですが、なるべくセッターに返せる方法を教えてください!赤鬼さんのを見てだいぶ上手くなりましたが、まだまだ下手くそです!まだまだ物足りないんです!その子(先生にライト練習しろと言われた子)に絶対負けたくないんです!サーブとかスパイクとかどんな練習でも、家で練習するのもするので教えてください!
     長文失礼しました!よろしくお願いします????

    • 気持ちと実力が反比例
    • 2018年 1月 14日

    メールアドレス間違えてコメント書きました!こっちです。すいません。よろしくお願いします。

    • 気持ちと実力が反比例
    • 2018年 1月 14日

    もしかしてですが、コメント投稿なってませんでしょうか?(私のに出てこないので(-_-;))だったらもう一度書くので、なってなかったら言って下さい

      • 赤鬼
      • 2018年 1月 14日

      気持ちと実力が反比例さんへ
      コメントありがとうございます。
      赤鬼です。

      ちゃんとコメントされていますよ♪
      冷やかしコメント対策として承認されたコメントのみ表示されるようになっていますので(;^_^A

      いや~、しかし熱いコメントですね!
      大寒波が来てるのに、ここのコメント欄だけは夏真っ盛りですね(笑)

      さて、気持ちと実力が反比例さんはサーブやスパイクの自宅で出来る練習をしたいとの事。
      そうですね~。
      まずは移動するスピードを速めるためにも「床を蹴る感覚」を養ってみてはどうでしょう?

      去年、僕の知り合いの中学バレーの先生と話をしていた時に「中学生って床を蹴る感覚掴めて無い子多い」と言う結論が出ました。
      実際に中学生の動きを見ていると、サーブカットの時に少し移動して取るボールはすぐに弾かれてしまいます。

      上半身が先に出て下半身が後からついてくる。
      その結果、倒れこんでボールが取れないってパターンがめちゃくちゃ多いんですよ。

      僕はバレー以外にもムエタイをやっていますが、武術ってとりわけステップワーク(歩法)がめっちゃ大事なんですね。
      でも、最近バレーも足の運びが重要ってのに気づきました。

      多分、どこの中学の先生も「ステップワークなんて感覚だろ!そんな事に貴重な練習時間は割けない!」って人がほとんどだと思います。
      ですから徹底的に床を蹴る感覚を養って下さい。
      ここに詳細が載ってますので参考にして下さい。

      http://ikkitousen0413.com/archives/6360.html

      家で練習する時は出来る限り腰を落とした状態でやる事をおすすめします。
      段々と足腰が鍛えられ「粘り強い下半身」が手に入りますよ(経験者は語る)

      スパイクは壁にテニスボールでミート練習や筋トレがおすすめです。
      筋トレの特にわき腹を鍛えるロシアンツイストや背筋を鍛えるメニュー、そしてスクワットが有効ですね。
      後はふくらはぎでしょうか。

      ロシアンツイストはこの記事の最後の方にのっています。

      中学生ならこの背筋がおすすめですね。

      ふくらはぎはこの記事をごらんください

      ロシアンツイストは腰への負担が大きいのでフォームに注意してやってください。
      もしも無理そうならクロスクランチというメニューが良いでしょう。
      申し訳ないのですが、クロスクランチのメニューはまだありません。
      YouTubeなどで検索してください(-_-;)

      サーブカットはとにかく一本ずつミスる原因を探りながら練習しましょう!
      この記事は、あなたと同じ年代の子に教えて効果があったので強くすすめます。

      http://ikkitousen0413.com/archives/7165.html

      話がわかる顧問の先生のようなので練習前にこう言ってみてはどうでしょう?
      「先生!これからサーブカットでいっぱい弾くかもしれませんが、一本ずつ原因を探って改善して行くので許してください!
      でも必ず返球率上げます!」と。

      あなた達くらいの年代の子で、プレイ中のミスなんて多くて当たり前です。
      それをミスしたから自分はダメだと落ち込むのではなく、何が原因か探るのが大切です。

      過ちて改めざる これを過ちと云うって言葉があります。
      失敗して改めない。これを本当の失敗って言うんだぜって孔子の言葉です。

      どんどんトライ&エラーをして改善して行けば良いんですよ!
      頑張ってください(^-^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る