今更ですがスパイクを高速スイングにする方法を検証してみた!


Sponsored links

ある日・・・クソ暑いジムの中でこんな会話をしていました。

赤鬼「パンチを打つスピードってどうしたら早くなるんですかね?」

ジムの先輩「腕のスピードは一定まで来たらそれ以上早くならないみたいです。だから腹斜筋の動きなどで早くすると良いですよ。」

なるほど・・・腹斜筋か・・・。
んっ?待てよ。
これってバレーにも応用できるんじゃ?
そう!バレーのスパイクに!!

 

こんにちは!この記事を書いている前日、腹斜筋のトレーニングをして筋肉痛の・・・赤鬼です!
くしゃみしても痛いがな(´;ω;`)

 

今回はズバリ「スパイクのスイングを早くする方法」をご紹介してみたいと思います。
本当に今更なんですが・・・。

 

しかし、わかっていたとしても意識すると意外に使える事がわかったので覚えておいて損はないでしょう。
では早速行きましょう!

 

この記事を読み終わる頃・・・あなたのスイングは超高速カメラにも映らないスピードになるでしょう。
おそらく・・・。

Sponsored links

1. 高速スイングは兎にも角にも〇〇が大事!

スパイクのスイングを早くするためには重要なポイントがあります。
それが・・・リラックスです!

 

試しにやってみていただきたいのですが、ガッチガチに肩に力を入れた状態でスイングをしてみてください。
いかがでしょう?
スムーズに回せたでしょうか?

 

筋肉が硬直して若干、回しにくかったと思います。
例えるならばボールを棒で叩いているようなもの。

 

逆にリラックスした状態でスイングし、インパクトの瞬間に手首に力を一気に込めてスナップして叩くと強力なスパイクが打てます。
これは棒とは対照的に「ムチ」のような しなやかなもので叩いている事になるのです。
ではこれを踏まえて一連の流れを見て行きましょう。

〇スパイクのスイングを高速にする方法

  1. 助走開始の段階から肩の力を抜く
  2. バックスイングの時はリラックスしても力を込めて跳んでもOK
  3. 空中で再度リラックスする
  4. 外旋と内旋を意識する
  5. 内旋を行う時に腹斜筋にグッと力を込める
  6. ボールのインパクトの瞬間までリラックスする
  7. インパクトの瞬間に手首にグッと力を込めてスナップを効かせて打つ

では画像で見て行きましょう。

助走開始の状態です。
画像ではわかりにくいですが、既に力を抜いています。

先ほどの一連の流れとは相反する事が書かれていますが、バックスイングの時は力を込めても問題ありません。
やはり人によって広背筋に力を込めた方が跳べるという場合もありますから。

スパイクジャンプをやり始めた状態です。
この時に肩に力が入っている方が初心者によく見受けられます。
ガチガチでは打ちにくいので力を抜く事を意識しましょう。

ジャンプをしたら右半身をしっかり後方へ引きましょう。
空中で後方へ引くためには広背筋の力が必要です。

いよいよボールを叩く瞬間が来ました。
打ち始めの時に左の腹斜筋(脇腹)にグッと力を込めて体を回転させましょう。
とは言えここで肩に力を込めると台無しなので注意してください。

 

この内旋のスピードこそ、高速スイングの要となります。
筋トレで強化できるので普段のメニューに取り組む事を強く勧めます。

ボールを打つぎりぎりのところまでリラックスし、叩く瞬間に手首のスナップで打ち込みます。

肩を起点にしてしっかりと振りぬくようにしましょう。
以上が高速スイングの一連の流れです。

Sponsored links

2. リラックスの基本はやっぱり〇〇でした!

試合のような緊迫した状態でリラックスをしろと言われてもなかなか難しいもの。
では、最も簡単にリラックスをするにはどうしらた良いのでしょうか?
それはある部分を脱力させる事です。

 

その部分とは・・・肩です!

 

よく緊張している人に対して投げかける言葉として「リラックスして!」の他に「肩の力を抜け!」というものがあります。
人間は緊張すると、肩が若干上がって力んだ状態になるのです。

 

ですから、スパイクの高速スイングをやるためには意図的に肩の脱力を意識する事が重要になってきます。
他にも、肩を脱力する事で体の緊張が解け、体が動かしやすくなるという利点があります。

 

事実、この記事を書いている前日にムエタイのスパーリングの時に肩を脱力する事で相手の攻撃等を防ぎやすくなりました。
また、視野も広がるので相手の動きもよくわかるというオプション付き。

 

自分のレベルが一つ上がったと感じた瞬間でした。
体も心も緊張していると感じたのであれば、肩の脱力を意識するようにしましょう。

3. 高速スイングにはあれも必要!

スパイクの高速スイングは体を脱力させる事が大事と口が臭くなるまで言ってきました。
しかし、これでもまだ不十分です。
更にスピードを上げるためには体の連動性を意識しましょう。

 

ボクシングなどでは右ストレートを打つ際、後ろに引いた右足を捻りながら体を回転させて打ちます。
順番としては右足首から捻り、その後に腰を回転させてパンチを放つのです。

 

体幹で発生した捻り運動に加えて、肩と肘の伸びる運動を加えます。
最後に、拳を内側にえぐりこむようにして回転させる事で強力なパンチになるわけです。

 

これをバレーのスパイクを例にすると、空中なので足首の回転運動はありません。
先ほどの説明にもあった「外旋」「内旋」の横回転、体を少し前に曲げる縦回転に加え、肩を起点にした縦回転で高速スイングは発生するのです。

 

またジャンプ力がある選手なら、最高到達点から体が落ち始める時に打つと体重の落下する力が加わるので、更に強力なスパイクを打てるようになるでしょう。
体のリラックスと同時に体の動きもしっかりと意識してみてください。

4. スパイクの高速スイングまとめ

では、今回のお題「スパイクの高速スイング」をまとめましょう。

〇スパイクのスイングを高速にする方法

  1. 助走開始の段階から肩の力を抜く
  2. バックスイングの時はリラックスしても力を込めて跳んでもOK
  3. 空中で再度リラックスする
  4. 外旋と内旋を意識する
  5. 内旋を行う時に腹斜筋にグッと力を込める
  6. ボールのインパクトの瞬間までリラックスする
  7. インパクトの瞬間に手首にグッと力を込めてスナップを効かせて打つ

〇 補足説明

  1. 意識的にリラックスをしたいのであれば肩を脱力させる
  2. 肩を脱力させる事でスイングがスムーズにできる
  3. 「外旋」「内旋」をしっかりと使う事で高速スイングは生まれる
  4. 体幹トレーニングをしっかりと行う

以上がスパイクの高速スイングのやり方です。
どちらかと言うと男子向きの打ち方ですが「私、めっちゃパワーありますよ!リンゴ握り潰せます!」って言う「怪力女子」の方も挑戦してみましょう。
スイングが早ければ早い程スパイクは強力になりますからね。

 

相手チームのブロッカーの指をへし折るくらい強力なスパイクを目指しましょう!
ちなみ僕は折った事が・・・ありません!
いや・・・そんなん相手の子が可哀そうやん。

 

相手の指をへし折るのはあなたの道徳心に任せます。
もちろんトレーニングをする事をお忘れなく。
それではまた。

■合わせて読みたい記事■
バレーボールのスパイクを筋トレで強力にするメニューはこれ!
 
Sponsored links

関連記事

コメント

    • ゆう
    • 2018年 1月 30日

    赤鬼さん、こんにちは!
    以前バレーが嫌いになりかけてたんですが、なんとか引退まで頑張ろうと思いました。高2です。

    先日交流大会があり、実力不足ということもあり結果は良くなかったのですが、人数の少ない中出場できました。
    そこで質問なんですけど、大会の後の練習って基本的になにをすればいいのでしょうか?(メニューは自分たちで考えています)
    試合前はシート練や6人でのサーブカットなどチーム練を主にやっていました。
    もうしばらく目先の大会がないため、なにを目標にすればいいか迷っています。

    また、試合前は二段トスを強化しよう、ということで2人組で対角に二段トスの練習をしてました。結果、大会で二段トスを使う場面が多く、練習の成果が出たとコーチにも言われました。
    この練習は続けた方がいいのでしょうか?

    ちなみに平日の練習時間は一時間半です。

    あともう一つ、サーブを大会本番でよくアウトになってしまうのですが、ミスをしないように強く打つにはやはり練習しかないのでしょうか?
    質問多くてすみません(T ^ T)

      • 赤鬼
      • 2018年 1月 31日

      ゆうさんへ
      返信ありがとうございます。
      赤鬼です。

      交流大会お疲れ様でした。
      反省する面もありますが、自分たちの成長を感じる事もできたようですね。

      さて、大会が終わった後の練習メニューなんですが、まずはチームでミーティングをしましょう。
      そして「個人での反省点」「チームでの反省点」をい皆で出し合い、ノートにまとめてください。

      そうすれば自ずとやるべき事が見えてくるはずです。
      例えば個人の反省点が「サーブカット」の人が多いのであればサーブカットの強化。
      スパイクでアウトにしたりネットにかけるミスが多いのであればスパイク強化。

      チームでチャンスボールがなかなかチャンスボールが返球できなかったなどであれば基本練習中心といった感じです。
      また、反省点は「いつまでに改善するか」をちゃんと記入しておきましょう。

      2つ目の質問の強打からの二段トスは実践的なので、そのまま続けてください。
      より実践的な練習方法をしたいのであれば、相手コートからスパイクを打ってもらいそれをディグで上げて二段トス。

      そしてそこからレフトの選手がスパイクを打つといった感じで取り組めば、効率の良い練習ができますよ。
      何はともあれ良いメニューなので継続しましょう。
      平日の練習時間も少ないようなので工夫が必要ですしね。

      最後にサーブについてですが、アウトになるという事は若干かぶり気味で打っているかボールの下の方を叩いている可能性が高いですね。
      以上の2点を一度確認する事をおすすめします。

      また、サーブエリアが後方へ広いのであれば後ろから打つのも有りですよ。
      自分のところにボールが飛んでくる時間が若干長いのでサーブカットがやりにくいので。
      引退まで頑張ると決意新たに出発するご様子なので「自分の進化」を楽しみましょう!(о´∀`о)

      期日が定められていないとズルズル時間だけが過ぎて行きます。
      オフシーズンなのでトレーニングなどでフィジカル面を鍛えるのもありですね。

    • mana
    • 2018年 2月 01日

    こんにちは
    小5の娘がバレーをしていて
    ライトポジションです

    アタックが下手でジャンプ力も
    肩も良いと言われるのに
    試合などになると余計に力を発揮できずに
    気持ちよくスパイク打たせてあげたいなと思い

    何か良いサイトはないかなと
    探して見つけたのがこちらでした

    こちらにあるスパイクのこつを
    拝見して娘に出来ていないところを沢山発見しました!
    が、経験者でないので
    いまいちここが一番ダメというところが
    わからないんですけどね????????

    ただすごく勉強になりました
    文字に写真解説どちらも丁寧なので
    本当に参考になります
    ありがとうございました

      • 赤鬼
      • 2018年 2月 02日

      manaさんへ
      コメントありがとうございます。
      赤鬼です。

      ざわわざありがとうございます。
      ご息女は身体能力は高そうですが、体の使い方をイマイチわかっていない状態のようですね。

      スパイクは助走、タイミング、フォームの3本柱を身につけて初めて打てるものです。
      後は実践の中で自分の得意な攻撃や、状況に応じたスパイクが打てるようになります。

      こうなるとバレーがめちゃくちゃ楽しくなります。
      ぜひご息女の参考に当サイトをご利用いただけるのであれば光栄です。

      ちなみにスパイク関連の記事はこちらの全てまとめております。
      新しい記事が出来上がりしだい継ぎ足して行くのでブックマークでもしていただけたら幸いです。

      http://ikkitousen0413.com/archives/3588.html

      また何かわからない事があればお気軽にどうぞ( ^∀^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る