レシーブで膝を使う方法がわからない!?ある部分を意識すべし!


Sponsored links

レシーブで膝を使えってよく言われるのですが、イマイチ感覚がつかめません。
たまーにされるこの質問。

 

レシーブの基本にして、丁寧な返球には欠かせないこの技術。
昔、バレーを教えていた子も同じ質問をしてきた事を昨日のように思い出します。

 

教え子(当時)「赤鬼さん、先輩にもっと膝でボールを運べって言われるんですけど何かコツとかありますか?」

 

赤鬼「膝を使え?こんな感じやっ!」

これと同じような画像を送った結果・・・・こう返信が来ました。

「さすが赤鬼さんっ!安定してますねっ!!

 

ウザさがっwwww

 

こんにちは!
目指すはウザキャラNo.1・・・赤鬼です!

 

今は数人の卒業生から「殺意が湧いてくる」とまで言われるようになりました。ウェーイwww
あいつら全員覚えとけよ・・・。

 

さて、今回はレシーブの基本動作でありながら、おそらく初心者が最初につまづくであろう「膝の使い方」です。
「膝を使って!」「膝の屈伸を使ってボールを運べ!」「もっと腰を落として膝を柔らかく!」
だいたいこんな感じで色々と言われると思います。

 

これって意識しないとなかなか難しいんですよね。
しかも最初に癖をつけておかないと腕を振ってボールを運ぶようになってしまいますし・・・。

 

まさしく上級者への分水嶺ぶんすいれいと言っても過言ではないかもしれませんね。
だが、案ずるなかれ!
これから紹介する方法を試せば簡単に膝を使えるようになりますぜ!

 

実際に大阪の某中学校の新一年生で試した結果、すぐにマスターしました。
その全貌をこれから解説させていただきます。

Sponsored links

1.  膝を使ってのレシーブ一連の流れ

それでは最初に一連の流れからご覧ください。

○ 膝を使ってのレシーブ一連動作

  1. しっかりと腰を落としてボールの落下地点で待ち構える
  2. ギリギリまでボールを引きつける(迎えにいかない)
  3. ボールが当たる直前に左膝を伸ばす(地面を蹴る)

はい。
たったこれだけです。

 

では画像で詳細をご覧ください。
過去記事から引っ張ってきた画像なので、そこは触れずに生温かい目で見てあげてください。

チャンスボールが来たら落下地点に入り、腰をしっかりと落としてジッと待ちます。
ここでボールを迎えに行ってはいけませよ〜。
ボールコントロールが出来にくくなりますので。

 

焦らして焦らして焦らしまくってみてください。
焦らすのも女の武器ですよ♪(男は知りません)

これくらい低い位置でボールを取り、ここから左膝を伸ばすようにしてみてください。
伸ばすと言うより床を蹴るような感覚ですかね?
あなたのやりやすい方法でお試しください。

GIF画像で見るとこんな感じです。
少々大げさな動きをしていますが、熟練してくるとここまで左膝を伸ばさずともボールは返球可能です。

 

「腕を振るな」「膝の屈伸を使え」「アゴを上げるな」「腕と太ももを平行にしろ」等々、基本段階では色んな事をいっぺんに言われます。
ですが・・・・

 

そない ぎょうさんいっぺんに言われて、わかるかいなっ!!

 

まずは「低い位置で左膝を伸ばす」という事だけ、徹底的に意識するのをオススメします。
これが出来ないばかりに、中学3年生になってもチャンスボールがまともに返らないなんて事も・・・。

 

何事も基本が大事!
ですよ♪

2.  膝を使ってのレシーブ補足説明

補足説明に入らせていただきます。
やるほどのものか悩みましたが一応ね、一応。

 

先ほども紹介しましたが、ボールをギリギリまで引きつけるとありました。
しかし、タイミングを間違えると腕を引いて面の角度が適切でなくなったり、ボールを待ちきれずにう高い位置でレシーブする恐れがあります。

繰り返しますが、とにかくギリギリまで引きつける事を意識してみてください。
目安としてはレシーブの面に当たるか当たらないか程度です。

 

人間の脳は動作を行う信号が出されて0.3秒後に動き出します。
面に当たってから左膝を伸ばすと、若干遅くなるのでタイミングをしっかりと計るように練習しましょう。

3.  膝を使ってのレシーブまとめ

それでは最後に今回のお題「膝を使ってのレシーブ」をまとめに移ります。

○ 膝を使ってのレシーブ一連動作

  1. しっかりと腰を落としてボールの落下地点で待ち構える
  2. ギリギリまでボールを引きつける(迎えにいかない)
  3. ボールが当たる直前に左膝を伸ばす(地面を蹴る)
  4. ボールが当たるか当たらないかをタイミングの目安にする

以上、膝を使ってのレシーブの解説でした。
この動きはチャンスボールのような緩いボールに使用するレシーブです。

 

これが出来るようになると丁寧なカットが可能となり、セッターへの返球率も上がります。
初心者の方は、自然に出来るようになるまで意識しながら練習すると良いですね♪

 

これくらいですかね〜、今回の解説は。

 

何かね・・・冒頭で出て来た僕の元教え子の事を思い出したらムカッ腹が立って来ました♪
何が「右斜め45度から見た顔がブス」や( *`ω´)

 

神様・・・お願いです。
これから先の長い人生で、あの子が砂漠に遭難する事があれば真っ先に助けに行く権利を僕に下さい。
何もかも放り出して僕はあの子に飲み物を届けましょう。

 

・・・熱々のフルーツ オレを持って。

 

そして奴の前でキンキンに冷えたコーラを僕は飲む!
・・・・多分、強奪されるでしょうけど。

 

一応、この事を伝えたわけですよ。
そしたら返って来た返事が・・・

「別に砂漠に行く事ないし。」

 

でした。
真面目か・・・。

 

ちょっとフルーツ オレ買ってくる!
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る