バレーボールのレシーブで手が痛いって?原因はこれだ!


Sponsored links

バレーボールを始めて間もない頃、レシーブをした時に感じた事があります。
おそらく、この記事をご覧のあなたも経験があるでしょう。
そう・・・・

 

レシーブする時にめっちゃ手が痛い!

 

こんにちは!
久しぶりにバレーをやったら、手にボールの後がついて赤くなった・・・赤鬼です!

 

バレーを教えていて、たまーーーーに聞かれます。
「レシーブしてて手が痛いんですけど、どうしたらいいですか?」

 

今回は、これについて解説させていただきます。
それではレッツゴー♪

Sponsored links

1. バレーのレシーブで手が痛くなる原因ってなんやねん?

   

バレーのレシーブやるにあたり、慣れない時ってどうしても手が痛くなるもんなんです。
簡単に言えば、まぁまぁ手がデカいオッサンに両腕をシバきまくられてるようなもんですからね。

 

さて、そもそも痛みというものはどうして起こるのでしょうか?
僕が骨折した時に、手術をしてくださった主治医の先生に聞いてみました。

 

そして返ってきた答えが・・・骨膜という神経が原因らしいです。
ついでにこんな質問もしてみました。

赤鬼
先生、空手などで砂袋を蹴ったり、硬いものを殴ったりして鍛えますが、これは骨が硬くなっているから痛くなくなるのでしょうか?
先生
厳密に言うと違います。骨膜という痛みを感じる神経の感覚が鈍ってくるので痛みを感じにくくなるんです。
赤鬼
じゃあ、骨は硬くならないのでしょうか?なったほうが相手にダメージとか与えやすいし、防御にも使えるので硬くしたいです。
先生
全く硬くならないってわけじゃありませんよ。ある程度は硬くなります。

これから岩を素手で破壊しようとしている人なんかには朗報ですな♪

2. 結局のところレシーブで手が痛くならない方法ってあんのかいな?

さて、今回この記事をご覧いただいているあなたは、きっと痛くならない方法も知りたいと思います。
では痛くならない方法とは?

 

先ほどの章で既に答えが出ていますが、要するに痛みの感覚を鈍くすれば良いのです。
バレーで言うと・・・

 

ひらすらレシーブしまくる!

 

・・・です。
僕もバレーを始めて間もない頃は、正直手が痛かったです。
しかし、毎日毎日、サーブカットやら強打レシーブをしまくった結果、半年もしない内に痛くなくなりました。

 

ですから、あなたも今はひたすら耐えるようにしてください。
必ず痛くなくなりますから。

 

・・・と言いましたが、長年続けている僕でもレシーブやって手が痛くなる事が今でもあります。
それはズバリ真冬の時!

 

手が冷え冷えの状態で強めのボールをレシーブしようものなら・・・痛ってーーー!!!!
となります。

そんな時はウォーミングアップをしっかり行えば痛みは無くなります。
怪我防止のためにも、しっかりと体を温めてから練習するように心がけてくだされ♪

 

最後に、バレーをやっていたら真冬になると手がひび割れになる事もあります。
僕が中学の時は外で練習する事がほとんどだったので、真冬は拳頭部分が十字に割れたりしたものです。

 

手をケアする意味でも、ハンドクリームなども使う事をオススメします。
以上、レシーブの時に手が痛くなる原因と解決方法でした。

3. レシーブの時に手が痛くなる原因と解決方法まとめ

それでは今回の記事のをもう一度おさらいしましょう。

◯バレーのレシーブで手が痛くなる原因と解決方法

  1. レシーブの時に手が痛くなるのは骨膜という痛みを感じる神経が原因
  2. レシーブをひたすらやれば痛みの感覚が鈍くなり、痛みを感じにくくなる
  3. 冬場はウォーミングアップをしないと、長年バレーをやっていても手は痛い
  4. 冬季練習は、ひび割れ等を防ぐためにもハンドクリームなどを使用する

以上、レシーブで手が痛くなる原因と解決方法でした。
僕の先輩で長年バレーをやってきた人ですら、しばらくバレーをやっていないとレシーブした時に「手が痛い」と行ってました。

 

その先輩の腕を見るとアザがくっきりと・・・。
先輩は「初心者マークついとるやんけっ!(泣)」と嘆いておりました。

 

このように競技歴が長くても、途中でやめてしまうと元にもどります。
ですから、長く長く続けるようにしてみてください。

 

手の痛みが緩和された時、あなたは次のレベルにいるでしょう。
僕のサイトでは、他にもレシーブの方法を紹介しています。

 

ぜひ、基礎から応用のやり方も参考にしてみてください。
それではまた。

■合わせて読みたい記事■
【バレーボール レシーブのコツ】初級~上級と実戦編を大公開!
Sponsored links

関連記事

コメント

    • ライトマン
    • 2020年 3月 29日

    はじめまして。初めて記事を拝見させて頂きましたが、とても参考になりました!!
    記事とは違う話になるのですが、私は中学からバレーを初めて高校でもバレー部に入部しました。ライトのアタッカーか、ミドルブロッカーで女子です。
    そして悩みなのですが、私は中学でも高校でもずっと中途半端なままです。
    練習には真面目に取り組み、手を抜いたりはしていません。上手になりたい。勝ちたい。という気持ちも充分あります。

    今年から高校3年生になって総体が近づき、焦る気持ちもあります。二個下に上手な子がいて、レギュラーに残れるかも心配です。
    バレー部の顧問は春高経験者でオーラもあり、厳しい方です。
    どこの顧問もそうでしょうが、高3だからといってレギュラーに残してくれるなんて甘くないし、完全に実力で決まります。
    私は実力がありません。というか、そもそも自分に対して自信を持てません。
    先生からよく、自信を持ってプレーをしろと言われますがどう考えても自分が自信を持って良い選手には見えません。
    スパイクもチームのエースになれるほど強くもないし、レシーブも上手ではないです。更にチームを盛り上げられるムードメーカーでもないです。
    全てが平均か、凡人の1歩手前という感じです。

    性格的に自分を客観的に見て否定してしまう癖があり、普段から自分に自信が持てません。正直辛いです。
    どうやったら自信が持てるでしょうか?
    これだけ練習したから大丈夫と思うほど練習していない自分が悪いのは分かっているのですが、きっとどれだけ練習しても私は自信が持てません。

    コートの中で自分がチームの役に立っているのかも分かりません。私は要らないんじゃないかと思うばかりです。
    部員数は14人です。高校のレベルとしては県で真ん中より少し上くらいです。

    自信が持てる方法はありませんか?また、メンタルも弱いです。メンタルトレーニングもしているのですがミスを引きずってしまい、気持ちを切り替えるのも下手くそです。
    アドバイスもらえないでしょうか!!

      • 赤鬼
      • 2020年 3月 29日

      ライトマンさんへ
      コメントありがとうございます。

      最近はコロナの影響で部活もやりにくくて大変ですね・・・。
      大阪も感染者が全国2位になってしまい、いつも以上に手洗いうがいに気を使う毎日です。

      お互いコロナには気をつけましょ♫
      さて、ライトマンさんはご自身に自信を持てなくてお困りの様子。

      そうですねー、これは性格的な問題が大きく関係してますので、なんとも言えません。
      ・・・が!何を隠そう、僕も昔は自分に自信なんて全く持てませんでした。

      どれだけ練習しても周りとの実力差も開くばかり・・・
      ウェイトも自主練もちゃんとやってきたにもかかわらずです。

      ですが、ある日気がついたのです。
      小さな成功体験が大事なんだと。

      それまでの僕は、例えばサーブの威力が上がっても「こんなんじゃ通用しない!」とばかり思ってました。
      でも、そういう思考はやめて「おぉ!サーブの威力上がったやん!よっしゃー!」と小さな上達喜ぶようになりました。

      それを繰り返していくうちに、例え今は出来ないプレイでも「俺は必ずできる!」と根拠のない自信が生まれるようになったのです。
      ライトマンさん・・・あなたは仮にも中学から今までバレーを続けてきたのです。

      これって実は凄いことですよ!
      たくさんの人間が辞めていく中で、あなたは中学からこうこうせいの現在まで継続してきたのです。

      ですから、あなたは継続力はあるので、まずは小さな目標を立ててください。
      1セットでサーブで2点取るや、スパイクでコースを打ち分けれるようになるなどでも良いです。

      そしてそれが出来るまで徹底的にやる。
      出来ないなら出来る人のプレイをみて研究するか、それでもわからないなら誰かに相談する。

      こうすることで技術というものは必ずできるようになります。
      そうすれば自ずと自身もわいてきます。

      後はミスを引きずるなんて時には、とにかく声を出して自分の気持ちを奮い立たせるようにしてください。
      人間の脳はものすごい性能をなのに、けっこう騙されやすいのです。

      声を大きく出したら「おぉ!こいつ何か興奮してるやん!アドレナリン出そう!」ってなるのです。
      ぜひお試しください♪

      まぁ、偉そうにアドバイスしてますが、僕もメンタルめっちゃんこ弱いですよw
      それでもバレーをほぼ引退して、ムエタイと呼ばれる世界で有数の危険な武術の世界に飛び込んだのも、根拠の無い自信があったからです。

      今は厳しいかもしれませんが、根拠がなくても自信を持てるようになったら、その内「習慣化」します。
      それでも挫けそうになったら、いつでもこのサイトにコメントください。

      一緒に頑張れる方法を考えましょう。
      いつでも待ってますよ(´∀`)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る