鬼難しい!?バレーボールのライトオープンの打ち方!


Sponsored links

バレーボールのライト攻撃と言うと右利きには難しい打ち方かもしれません。
その中でも高さとパワーを必要とする打ち方が・・・

ライトオープンです!

こんにちは!かつて高校生相手にえげつないライトオープンをブチかました・・・赤鬼です!
我ながら素ん晴らしいスパイクでした。

まぁアウトやったんやけど・・・。

 

今回はそんなライトオープンの打ち方を解説していきましょう。
スパイクの中でもライトの打ち方は少し特殊で、先ほども書きましたが「右利きの選手には打ちにくい」という傾向が強いです。

 

小中学生の方なら「ある特徴」を理解できなくてネットにかけてしまう事も多いのではないでしょうか。
その点を踏まえて「ライトオープン」の打ち方を見てきましょう。

Sponsored links

1. ライトオープンの打ち方 一連動作

それではライトオープンのコツを見ていきましょう。
まずは一連の流れをざっくりと見てから画像で解説させていただきます。

〇 ライトオープンの打ち方 一連動作

  1.  相手からの攻撃で自分がボールを取らないとわかったら助走開始位置に移動する
  2.  「ライトー!」「オープン!」など掛け声をしっかりと行う
  3.  サードテンポなのでセッターがトス、もしくは他の選手から二段トスが上がったら余裕をもって助走開始
  4.  相手ブロッカーの位置を確認してコースを打ち分ける
  5.  両足で着地する

次に画像で細かく見て行きましょう。

r1

自分がカットしないとわかったら素早く助走の助走開始位置に移動する。
この時に写真の赤か青のサークル部分に開くようにしましょう。

 

逆に緑のサークルだとボールを点でしかとらえる事ができないので、かなり難しいと言えるでしょう。
緑のサークルからだとストレート打ちがやりやすいとは思いますが正直おすすめできません。


r2

タイミングは「サード・テンポ」のためセッターがトスを上げてから余裕を持って助走を開始する。

r3

バックスイングを大きくとりましょう。
オープン系のトスはタイミングに余裕があるので大きなフォームで打つようにして下さい。

r4

ボールの落下に合わせてジャンプします。
スパイクはタイミングが大事ですぞ~!(ムック風)

r6

右肘を下げないように、また左手をしっかりと上げて空中でバランスをとりましょう。

r7

ブロッカーの位置を空中で確認しコースを打ち分けましょう。

Sponsored links

2. ライトオープン補足説明

ライト側のスパイクは右利きには打ちにくいと冒頭で言いました。
それを解消するためのポイントを見ていきましょう。

 

よくライトからのスパイクをクロスやインナーに打ってネットにかけてしまう事があります。
その原因としては単純に「ボールを打つポイントが左になりすぎている」という事です。
ではどのように打つか写真で見てみましょう。

 rh2

センター側が「内側」 レフト、ライト側を「外側」と仮定します。
上記の写真はレフトのトスを打つために踏み込んでいるところですが、左足に注目してください。

 

ボールの落下地点よりも外側で踏み込んでいると思います。
これをもしもボールの落下地点に踏み入れて跳ぶと、たちまち「かぶる」スパイクになります。

rh1

逆にライトからのスパイクは落下地点に左足を踏み入れる必要があります。
これをもしも外側で踏み込むと、先程言った「ボールを打つポイントが左になりすぎている」状態となりネットにかけるスパイクになります。

rz

もう一つのポイントとしては自分の頭上を越える、もしくは頭上にボールが来るように跳ぶことが重要です。
いきなりボールを打つ練習だと難しいと思うので、最初はボールを空中でキャッチするやり方で行くと良いでしょう。
その際は、ちゃんと右手で打つ位置でキャッチする事を意識して行ってください。

3. ライトオープンの打ち方 まとめ

それでは本日のお題「ライトオープン」のポイントをまとめましょう。

〇 ライトオープンの打ち方 一連動作

  1.  相手からの攻撃で自分がボールを取らないとわかったら助走開始位置に移動する
  2.  「ライトー!」「オープン!」など掛け声をしっかりと行う
  3.  サードテンポなのでセッターがトス、もしくは他の選手から二段トスが上がったら余裕をもって助走開始
  4.  ボールの落下地点で左足を踏み込んで跳ぶ
  5.  ボールが自分の頭上を越えるもしくは頭上に来るようにする
  6.  バックスイングを大きく行いジャンプする
  7.  相手ブロッカーの位置を確認してコースを打ち分ける
  8.  両足で着地する

ライトのポジションは相手のレフトスパイカーをブロックするための位置取りや、対角であるセッターが拾ったボールを二段トスであげるなどスパイク以外にもやる事があります。
それらを上手くこなせたら、あなたは素晴らしいライトプレイヤーになれるでしょう。

 

しかし一番はスパイクです。
ライトのスパイクが最も難しいので、ポイントを押さえた練習を行い猛打を目指しましょう!
それではまた。

■合わせて読みたい記事■
 バレーボールのスパイクを筋トレで強力にするメニューはこれ!

ライトからのスパイクでコース打ちって難しい!?やり方はこれ!

Sponsored links

関連記事

コメント

    • 佐藤
    • 2018年 7月 02日

    再びすいません。中2の佐藤です。今、3年生が引退して、ポジションが変わるかもしれません。で、そのローテーションが、前衛レフト175cm(最高300)、前衛センター155cm(セッター)、前衛ライトは僕で165cm(最高260)、後衛ライト157cm(セッター)、後衛センター177cm(最高270)、後衛レフト156cm(最高245cm)です。これを回していくんですけど、いい攻撃方法がわかりません。セッターの技術やスパイカーの技術は関係なく、このローテーションならどんな攻撃がいいのか教えてください。コンビなどです。

      • 赤鬼
      • 2018年 7月 04日

      佐藤さんへ
      コメントありがとうございます。
      なるほど、中学生には珍しくツーセッターなんですね。

      ただ、さすがにこの情報量だとコンビの組み合わせを判断しろと言われても正直難しいです。
      どんなフォーメーションで、どの状況でどちらのセッターがトスを上げるのかなどによでも変わってきます。

      また、コンビバレーをやるにあたって必須条件が「クイックが打てる事」「レシーブがセッターに返球される事」です。
      どのコンビバレーもそうですが、クイックが囮になってなおかつ、相手がセンターを警戒して初めて生きてくるモノ。

      大塚高校などの全国区のチームなら当たり前のように使っていますが、ほとんどの学校はコンビバレーを使っていません。
      むしろ使えないと言った方が正しいのかもしれません。

      変にコンビバレーをするよりもオーソドックスな攻撃で攻める方が良いと思いますよ。
      しかし、どうしてもやりたいと言うのであればシンプルなコンビを二つだけ紹介しておきます。

      センターがBクイックに入り、レフトがセミを打つ。
      もしくはAクイックからのセミ。
      組み合わせは色々とありますが、比較的使用頻度が高く決まりやすい攻撃はこの2点です(特にBとセミ)

      ただ、繰り返しますがこれも返球がしっかりとできてこそ可能な攻撃方法となります。
      付け焼き刃のコンビよりもシンプルイズベストでの攻撃をオススメします。

    • 佐藤
    • 2018年 7月 04日

    ありがとうございます。コーチとも相談して、最近自分自身がレフトからブロックを良く見れたり、滞空時間が伸びて、サイドラインにインナーぎみに打ててます。なんで、ポジションは相談します。

      • 赤鬼
      • 2018年 7月 06日

      佐藤さんへ
      返信ありがとうございます。

      そうですね、体格の子の高さは魅力的なので、裏エースを目指すのもありかと思います。

      やはりここ一番で決めれる人がレフトに相応しいので、ブロックが見えるのは素質ありです。
      頑張ってください!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る