勉強で眠い時の対処法ってある?色々と検証してみました!


Sponsored links

学生時代、勉強の時間にとてつもない敵と遭遇した事があります。
そう、それは睡魔・・・

 

授業、自習問わず、勉強中に突然やってくる強烈な眠気。
眠い・・・眠い・・・
こんな状態でまともに勉強なんて出来るわけねーズラ。

 

ならばやるべき事はただ一つ!
眠気を覚ます方法を試すしかない!

 

こんにちは!
学生時代は眠い気持ちと常に戦ってきた・・・赤鬼です!
今では戦わずに素直に寝てます♡

 

受験勉強や学校の宿題。
それらを行なっている時の眠気って本当に厄介ですよね。
冒頭でも申し上げたように、僕も学生時代の睡魔との戦いは本当に苦労しました。

 

眠い時のまぶたの重さって、重量挙げの選手でも苦戦するんじゃないんですかね?
おそらく、この世で最も重いものって「眠いたい時の瞼(まぶた)」だと思います。
そんな最重量のものを上げるために、今まで色々と試してきました。
今回、その検証結果を一挙公開する事にしたのです。

 

かつての僕と同じ苦しみを味わっているあなた!
今日から睡魔バスターを名乗る事が出来るでしょう(多分)

Sponsored links

1. 勉強で眠い時の対処法6選

それでは勉強で眠くなった時の対処方法をご紹介しましょう。
今回の項目は以下の6選です。

○ 勉強中の眠気を覚ます方法

  1. ミント系タブレットを食べる
  2. 運動をする
  3. 立って勉強をする
  4. 顔を洗う
  5. 満腹まで食べないようにする
  6. いっそのこと寝てしまう

では、順番に解説していきます。

1-1. 眠気を覚ます方法その1 ミント系タブレットを食べる

勉強に眠い時の対処法その1は「ミント系タブレットを食べる」です。
ミント系タブレットと言えばコンビニなどで売っている「ミンティア」や「フリスク」が有名ですが、僕個人としては「ミンティア」がおすすめです。

 

割と安い値段での購入が可能で、まぁまぁの量が入っているので長持ちします。
また携帯性に優れているため、こっそり授業中や会議中に食べてもバレません。

 

ミントのレベルも色々あるので、眠気を吹っ飛ばすために強力なやつを購入しましょう。
僕も仕事中に眠気に襲われると、時々口にするようにしています。

 

少量では眠気は治まりませんが、段々と目が覚めてくるので非常に助かるんですよね。
もしも購入する際には、コンビニよりも薬局やディスカウントショップや薬局に行きましょう。
コンビニよりも安価で購入可能です。

1-2. 眠気を覚ます方法その2 運動をする

睡眠5

続いての方法は「運動をする」です。
学生時代、提出期限が迫っている課題をする時「眠気」は最大の敵でした。
そんな眠気を覚ますためにやっていたのがこの方法です。

 

僕は専ら空手を眠気覚ましにやっていました。
経験者の方ならわかっていただけると思いますが、空手はかなりの集中力を要求されるスポーツです。

 

練習後もその集中力が継続し、更に目がバッチリ覚めていました。
その感覚が研ぎ澄まされた状態の後では、2時間過ぎようが3時間過ぎようが全く眠くなりませんでした。

 

おかげで課題は一度も提出が遅れた事はありません(それが当たり前なのですが・・・)
ただし「運動をする」と言っても一つだけ注意点があります。

 

それは「水泳」や「ランニング」などの持久系スポーツややらないほうがいいと言う事です。
持久系、特に水泳などは全身運動になるので、運動終了後、猛烈に眠たくなります。
水泳の授業の後に強烈な眠気に襲われた方もいらっしゃるのではありませんか?

Sponsored links

 

また、あまりにも激しすぎる運動だと今度は興奮してしまい、逆に眠れなくなる恐れも・・・。
何事もほどほどにしましょう。

1-3. 眠気を覚ます方法その3 立って勉強する

眠くならない方法その3「立って勉強する」です。
これも学生時代に体験したのですが、勉強中に眠くて眠くて仕方ない時がありました。
例えるならばそうですね・・・フラン○ースの犬の最終回くらいですかね。

 

そんな事にならないために僕が開眼したのが「立って勉強をする」でした。
むむっ!?これは!!!
眠くない!!すごいぞ!しかも立って勉強なんて二宮金次郎みたいじゃないか!
こう感じたのを今でも鮮明に覚えています・・・(遠い目)

 

実際にこれを職業でやっている方もいらっしゃいます。
それは・・・学校の先生です!
先生が眠い状態で授業を行っているかは定かではありませんが、立ちながら勉強を教えているので眠くなるわけがありません。

 

また、学校の先生が膨大な量の教科書の内容を把握しているのも「立っている状態」で勉強を教えているからです。
立ちながら勉強する事は暗記にも一役買います。

 

これは科学的にも証明されているため、実践しないわけには行かないでしょう!
眠気覚ましにもなるし、勉強もはかどるのでぜひ実践する事をおすすめします。

1-4. 眠気を覚ます方法その4 顔を洗う

睡眠1

眠くならない方法その4!「顔を洗う」です!
もはや顔を洗う行為は、眠くならない方法の王道ではないでしょうか?

 

僕も今でもよくやる方法ですが、即効性、効果、どちらも高いんですよね。
ひとつだけ付け加えるとしたら「冷水」で洗うと効果が高いように感じます。
顔を洗った瞬間に目が覚めるような感じですね。

 

しかし、授業中に眠くなった時はどうしたらいいでしょう?
さすがに授業をこっそり抜け出して行くわけにはいきません。

 

授業の最中にトイレに行く事すら、アウェイ感出まくりの我が国の学校事情。
それが大だった場合、友人にバレたら最後。

 

「うわー!!!赤鬼が授業中にう○こしてたでー!!」
と人伝いに拡散する危険性があるくらいです。(あの当時、現在のようにSNSがなくて本当に良かったと心から思います)

 

しかし今回は眠気覚ましが目的です。
いっその事、はっきりと先生に伝えましょう!!

 

「先生!授業を集中して聞きたいので顔を洗いに行く許可をいただきたいのですが!!! 30秒で戻ります!!」
こうお願いしたら、どの先生も比較的「おうっ!行ってこい!すぐに戻れよ!」と快く送り出してくれたものです。
ただ、あまり多用したら本当に怒られる場合があるので注意しましょう。

 

余談ですが、画像の犬は嫌がっているように見えますが全くの逆です。
猛烈に喜んでいます。
水が異常に好きなんで(笑)

1-5. 眠気を覚ます方法 その5 満腹まで食べないようにする

お昼ご飯が終わった後の授業って、午前中よりも眠く感じる事ってありませんか?
これは体内の血液が胃腸に集まり消化活動が始まるからです。

 

先ほどの水泳同様、食べ物を消化する事は脳や心臓、膵臓を使う全身運動のようなもの。
多少の眠気が襲ってくるのは仕方がない事なのかもしれません。

 

そういえば僕もお昼にカツ丼をがっつり食べて、午後の仕事で車の運転中に強烈な眠気に襲われ寝そうになった過去があります。
目を覚ましたら天国(もしくは地獄)だったなんてシャレになりません。

 

食後に勉強をしなければならないのであれば、お腹いっぱい食べるのを控えましょう。
また、満足感を得るために「ゆっくり噛んで食べる」のを心がけてみてください。

 

僕の体験談ですが、カツ丼やラーメンみたいな重たいイメージの食後は特に眠たくなりやすかったです。
勉強前にあまり高カロリーの食事を取らないようにするのも眠気覚ましに効果があるかと思います。

1-6. 眠気を覚ます方法その6 いっそのこと寝てしまう

睡眠4

眠くならない方法、最後を飾るのは「いっそのこと寝てしまう」です!
これはサラリーマンの方も休憩時間にやってらっしゃる方も多いのでは?

よく昼休みなどで10分仮眠をとると、夜間の1時間に相当するとか。
確かに目が覚めると頭がスッキリします。
学生の方も昼休みや授業の合間にやってみましょう。
本当に眠気覚ましになります。

ちなみにワタクシ赤鬼は、以前、会社の商談用の机で昼寝をしてヨダレまみれにし上司に死ぬほど怒られた経験があります。
その経験を機にタオルを畳んで枕がわりにして寝ています。
これで僕のヨダレが侵食する事がなくなりました。上司も僕の意地でも寝る姿勢に呆れながらも黙認してくれています。

僕の「寝る気合」の勝利であります。
皆さんもヨダレには要注意ですよ~。

2. 勉強中の眠気を覚ます方法 まとめ

それでは今回のお題「勉強で眠くなった時の対処法」をまとめましょう。

○ 勉強中の眠気を覚ます方法

  1. ミント系タブレットを食べる
  2. 運動をする
  3. 立って勉強をする
  4. 顔を洗う
  5. 満腹まで食べないようにする
  6. いっそのこと寝てしまう

いかがでしたか?
回ご紹介した6つの方法は、僕が試してみて効果が高かったものをピックアップしたものです。

 

他にも「ツボを押す」という方法もありますが、はっきり言って全く効果がありませんでした。
やはり経絡秘孔を正確に突くためには「北○神拳伝承者」でなければいけないようです。

 

勉強に「眠気」はつきものですが、眠くならない方法を実践して効率よくやりましょう!
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る