バレーボールのブロード攻撃のやり方と意味って何?答えはこれ!


Sponsored links

バレーボールのAクイックにブロックがガッツリついてきました。
真っ向勝負では不利!
ならば、あの方法しかあるまい・・・
そう・・・

 

ブロードです!

 

こんにちは!ブロードが上手い人に憧れる・・・赤鬼です。
まじでブロード難しい・・・
ミジンコがMEG(メガロドン)を倒すくらい難しい・・・

 

さて、今回のメニューは「ブロード攻撃」です!
ブロードは英語で表記するとbroad・・・和訳すると「幅が広い」という意味になります。

 

その名の通り横幅を広く使用した攻撃で、ブロックにマークされにくいという特徴があります。
習得難度も高いため、試合で使う人はなかなかお目にかかれません。

 

そんなブロードの打ち方のコツを本日は一挙公開します。
バレーボールのスパイクの一種「ブロード攻撃」始まり始まり~。

Sponsored links

1. ブロード攻撃一連動作

一連の動作は上記のような感じです。
横幅いっぱい移動しての攻撃なので、その名の由来がご理解いただけたかと思います。
ではポイントを見ていきましょう。

○ ブロード攻撃一連動作ポイント

  1.  自分がボールを取らない場合、ボールが抜けた方向へ体を向ける(左なら左のように)
  2.  Aクイックと同じようにボールと同時、もしくはそれよりも早く助走開始
  3.  セッターがライト方向へトスを上げると同時、もしくはそれよりも早く走り出す
  4.  ボールに向かってジャンプする
  5.  ジャンプする時は左足で踏み込み右膝を上げながら跳ぶ
  6.  横方向へ流れながら通常のスパイクと同じスイングを行いボールを叩く
  7.  両足で着地する

では次に、写真で細かく見ていきましょう。


%ef%bd%82%ef%bc%91

ボールが抜けた方向へ体を向けます。写真は右方向へボールが抜けたので体を向けています。
この直後、ボールをしっかりと見ながら助走開始します。


%ef%bd%822

Aクイックに入るフリをしてライト方向へ走り出します。
ちなみに僕は下手くそなんでできませんが、上級者になると完全にAクイックの位置まで行った後にライト方向へ走ります。
完全にブロックを惑わすブロードは、上級者用の打ち方なのでこちらを目指しましょう。


%ef%bd%823

セッターがボールを上げたと同時にライト方向へ移動します。
ただ、更にスピードを上げるにはセッターにトスを低くしてもらいましょう。
その際にはタイミングが早くなるので、セッターの手にボールが入る前にスタートしましょう。

%ef%bd%824

ボールと同じ位置を移動するように走りましょう。

%ef%bd%825

ステップの最後は必ず左足で踏み込みましょう。

%ef%bd%826

右膝をしっかりと上げながら跳びます。
イメージとしては憎たらしいあんちくしょうの顔面に真空跳び膝蹴りをぶちかます感じです。
これがブロードの特徴的な跳び方と言えるでしょう。

%ef%bd%827

左手をしっかりと上げながら空中でバランスを取りましょう。
左手が下がっているとバランスが崩れるので気をつけて下さい。

%ef%bd%828

タイミングを見てボールを思いっきり叩きましょう。

%ef%bd%829

ブロードは多用しなければ奇襲として有効です。
ブロックにつかれにくく、ほぼノーマークで打てるので思いっきり打ちましょう!

%ef%bd%8210

最後は両足で着地します。
万が一レシーブされたらすぐにブロックの準備をしましょう。
以上、ブロードの一連の流れでした。

Sponsored links

2. ブロード補足説明 ブロードのステップ

では次にブロードの補足説明に移ります。
まずはブロードのステップです。

 

ブロードのステップは通常のスパイクジャンプとは全く異なったものとなります。
普通に走るようにライト方向へ移動し、最後は片足跳びになるのです。
写真で見るとこんな感じですね。

%ef%bd%82%ef%bd%881

スタート開始です。
まずは右足を前にスライドさせて初速をつけましょう。

%ef%bd%82%ef%bd%882

左足で1歩!

%ef%bd%82%ef%bd%883

右足で2歩!

%ef%bd%82%ef%bd%884

左足で3歩!

%ef%bd%82%ef%bd%885

最後の左足からジャンプです!
先ほどの説明にもあったように最後は必ず左足が軸になります。
ここから更に右奥へ行くためには歩数を増やす必要がありますが、それでも左足が最後なので意識しましょう。

 

ブロードのステップは歩数を合わせるのがポイントになるので、最初はボールを使用せずに練習する事をおすすめします。
慣れてきたら手投げのトスでボールを打つ練習をしてみてください。
段階を踏みながら一つ一つ進んで行きましょう。

3. ブロード補足説明 その2「トス合わせ」

ブロードは普通のオープンなどのように多少トスが乱れても、スパイカーがフォローしきれるものではありません。
トスが合わなければ、たちまち強打が打てなくなる高難度のスパイクです。

 

そのために練習の段階でセッターに打ちやすいトスを要求しましょう。
実際に今回の撮影でも、何度も調整をしてもらい20本近く打ってようやく強打になりました。

 

要求がある時は遠慮せずにセッターに伝えることを忘れないようしてください。
そうしなければ、いつまでたっても強打を打つことができないので注意しましょう。

%ef%bd%82%ef%bd%887

4. ブロードまとめ

それでは最後にもう一度ブロード攻撃のポイントをおさらいしましょう。

○ ブロード攻撃一連動作ポイント

  1.  自分がボールを取らない場合、ボールが抜けた方向へ体を向ける(左なら左のように)
  2.  Aクイックと同じようにボールと同時、もしくはそれよりも早く助走開始
  3.  セッターがライト方向へトスを上げると同時、もしくはそれよりも早く走り出す
  4.  ボールに向かってジャンプする
  5.  ジャンプする時は左足で踏み込み右膝を上げながら跳ぶ
  6.  横方向へ流れながら通常のスパイクと同じスイングを行いボールを叩く
  7.  両足で着地する

○ ブロードのステップ

  1.  普通にダッシュするようにライト方向へ移動する。
  2.  最初に右足を前に踏み込み初速をつけ左、右、左、ジャンプの要領で跳ぶ

○ トス合わせ

  1.  どんなに優れたスパイカーでもブロードのトスが悪いと強打は打てない
  2.  セッターに要求があれば遠慮せずに伝える

いかがでしたか?
繰り返し言いますがブロードは慣れるまで非常に難しいスパイクです。

 

しかし、習得すれば攻撃の幅が広がるだけでなく相手ブロッカーを翻弄する事も可能です。
男子は相手ブロッカーの身長が高いと、すぐに追いつかれてしまう事があるので、どちらかと言えば女子におすすめの攻撃です。

 

コートを縦横無尽に走りまわり相手ブロッカーをかき乱しましょう!
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る