サーブは打てるのにプレッシャーで試合では入らない!?これで応急処置すべし!


Sponsored links

今まで積み重ねて来た練習の成果が出てきて、サーブが入るようになってきた。
練習ではなかなかキレのあるサーブも打てるようになってきた。
でも・・・・

 

試合ではプレッシャーが凄くて入らねーんだよっ!!

 

って方はいらっしゃいますか?
こんにちは!今でもプレッシャーには超絶弱い・・・赤鬼です!

 

現在でもソフトバレーでは「謎の緊張」が襲ってくるのですが、ある試合でサーブミスをしてしまいチームメイトにこう言いました。

「キンチョーの夏・・・日本の夏♩」

するとチームメイトから汚物を見るような眼差しでこう言われました・・・

 

「とりあえず・・・遺言聞いとくわ・・・」

 

サーブミスくらいで殺されてたまるかっ!
この記事をご覧のあなたも、練習ではサーブが入るのに試合では緊張で入らないとお困りでしょう。

 

原因は様々でしょうが、今回は緊張している中でも比較的サーブが入る方法をご紹介します!
これであなたのサーブが入る確率は飛躍的にアップする事間違いなし!(おそらく)
それでは行きましょう!

Sponsored links

 1.  そもそもミスる時って、余計な事を考えすぎ!

この記事を書く少し前に、試合でサーブをミスする子にこんな事を聞いてみました。

 

「サーブを打つ時にミスをしないようにしようって考えていない?」

 

その子の返答は、予想通り「YES」
このように、試合中にサーブミスをする時にあれこれ考えて失敗するパターンが非常に多いのです。

 

それを裏付けるエピソードが僕にもあります。
他の記事でも書いたと思いますが、ある試合で相手のマッチポイントの場面で僕のサーブが回ってきました。

 

その時にジャンプサーブを打つためにトスを上げようとした瞬間、脳裏に「ジャンプフローター」がよぎったのです。
すると、盛大なトスミスをしてしまいました。

 

何とかジャンプしてボールを打って、ネットは超えたものの思いっきりラインクロスをすると言う失態。
僕のバレー史上ワースト3に入る最悪プレイと、ベスト3に入る珍プレイとなったのです。
まさに「全米が鼻で笑った」でした。

 

その後、チームメイトに集中砲火を浴びせられたのは言うまでもあるまい。
このように長年バレーに携わって来た僕でも、サーブを打つ時に余計な事を考えると簡単にミスをしてしまうのです。

 

これには原因があります。

それは、人間の脳は「否定」ができ無いと言う事です。
「赤鬼の事を考えないでください」って言われたら、月光菩薩のように慈悲深い僕の顔が浮かんだと思います。
(もしくは本物の赤鬼の事が頭に浮かんだでしょう)

 

「リベロを狙うな」と監督から指示があったのに、何故かリベロの方にボールが行くのもこれが原因だと思われます。
昔、この状況になってチームメイトから死ぬほど怒られました・・・

 

ですから「ミス」と言う単語は思い浮かべないように心掛けてみてください。
これだけでも随分と変わってきます。

 

そして、あなたがこれから考えるべき事はたった一つ。

 

あの場所(選手)めがけて打つっ!

 

たったこれだけです。
この時に、相手に悟られないように打つ場所をガン見すれば、不思議とそこにボールが行きやすくなります。
何度も繰り返し挑戦してみてください。

2.  反対に緊張して頭が真っ白になったら○○を出そう!

さてさて、先ほどの章では「余計な事を考えて失敗するパターン」をご紹介しました。
今度は反対に、緊張のあまり頭が真っ白になった場合どうしたら良いのでしょうか?
そんな時は・・・

 

声を出せっ!!!!!

 

YES!
そう!声を出すのです!

 

ちょっと思い出してください。
あなたは学校の先生や部活の顧問の先生に叱られている時、冷静さを保っているでしょうか?
「うわー、先生に怒られちゃった♡」といったドMの方以外は、頭がパニクったり何か言われても返事もできない状況だと思います。

 

僕もかつて、永遠の天敵である姉をマジギレさせた事がありますが、あの時はある意味「「死」を覚悟しました。
当然、頭は真っ白で声も出ない状況でした。
で、黙ってたら黙ってたで「あんた・・・返事くらいしぃや!!!」と、火にポリタンクに入れた灯油をジャバジャバ注ぐような結果になったり・・・

 

ですから、試合で緊迫したムードの時こそ声を出す・・・むしろホエザルに負けなくらい吠えるようにしましょう。
大丈夫!大丈夫!恥ずかしくなってありませんよ!

 

休み時間のあなたは、その3倍くらい元気一杯のはずなので何を今更恥ずかしがる必要があるのですか?
行ったれ行ったれ〜!

3.  究極は無念無想!

「あそこを狙う!」「声を出す」二つの事を見てきましたが、これを超越した状態が無念無想。
つまり「何も考えない」です。

 

何も考えていないのに体は的確な動きをする。
これが最も集中した状態と言えるでしょう。
それでもちゃんとサーブは入りますし、むしろいつもよりキレッキレのサーブになったりします。

 

僕も今のように「死んだ魚の目のおっさん」ではなくキラキラした瞳の好青年時代、何度かなった事があります。
全国制覇をしたチームとの試合や、全国大会の切符をかけた試合、どれも重要だったり強豪相手の時になった記憶があります。

 

ただ、これは特殊な訓練云々よりも、絶対的な練習量があってこそ起こった現象だったのでしょう。
あなたもこの状態を体験したいのであれば、めっちゃ練習してみてください。
「黒子のバスケ」のように、目から稲妻が出るかもしんねーぜ。

4.  プレッシャーでサーブが入らない時の応急処置まとめ

では、最後にもう一度おさらいしましょう。

○プレッシャーでサーブが入らない時の応急処置まとめ

  1. ミスをしないように等、「ミス」という単語を頭に浮かべない
  2. あの場所を狙う、あの選手を狙う、と行ったように具体的な事を考える
  3. 緊張した時こそサーブを打つ前に声を出す
  4. ホエザルに負けない
  5. 何も頭に浮かばないのに体が勝手に動くくらい練習に励む

以上、プレッシャーの中でサーブを打つ方法でした。
試合の中であれやこれや色々と考えてしまうのは仕方のない事だと思います。

 

しかし、サーブというバレーで唯一の「個人技」の時は、かえってそれが邪魔になる事も・・・
そんな時は今回紹介した方法をぜして欲しいです。

 

そうすればミスの数も減って、相手にわざわざ1点「Present for you♡」する事も激減するでしょう。
何度も何度も試し、例え自分のチームが24点でピンチサーバーなんていう「罰ゲーム」みたいな状況になってもいつも通りのサーブが打てるようになってくだされ!

 

僕なら120%ミスるでしょう。
だってジャンサやし・・・
はい、今回はこれまで〜
撤収!

Sponsored links

関連記事

コメント

    • 0090
    • 2018年 7月 14日

    はじめまして( ^ω^ )0090です。私は小学校5年です。私のチームは6年がいなくて5年三人と4年三人でがんばってます。私はレフトです。サーブカットをすると、相手に一回で帰ったりネットにかかったりして、迷惑をかけてしまいます・・・どうしたらいいですか?それと、アタックです。私は身長が高い方ですが、よくネットにかかりますどうしたらいいですか?

    • 0090
    • 2018年 7月 16日

    はじめましてです(^.^)私は小学校5年です。私のチームは6年がいなくて5年三人と四年三人でがんばってます。私は身長が高い方ですが、ジャンプして ネット越えるかな? ぐらいです▪▪▪私はレフトです。アタックがネットにかかりますどうしたらいいですか?そして、ブロックとサーブカットどうしたら上手になれますか?コツがあれば教えてください🙏

      • 赤鬼
      • 2018年 7月 17日

      0090さんへ
      コメントありがとうございます。
      返信が遅れて申し訳ありません。

      一つずつ質問にお答えしますねー
      まず、スパイクがネットにかかる原因としては主に以下の事が原因と考えられます。

      1 スパイクのタイミングが合っていない

      2 基本的に高さが足りない

      3 スパイクを打つ時に肘が下がり、結果として打点も下がる

      4 ボールを打つ場所が前すぎる(肩よりも遠い場所で打っている)

      5 ボールの打つポイントが上すぎる

      この中に原因があるかもしれないので、まずは自分のスパイクがどれに当てはまるのか探ってみてください。
      もしもわからなければ指導者に見てもらうか、それが難しいのであればバレーに詳しい保護者の方に見ていただいてください。

      小学校バレーは比較的、バレー経験者の保護者の方がいたりします。
      最初に原因を突き止めなければ対処方法がわかりません。
      それでもどうしてもわからないって時は「もしかしたらこれかも」って項目を教えてください。
      対策方法をお答えさせていただきます( ´∀`)

      次にサーブカットのコツですが、0090さんは小学校バレーのレフトって事は前衛固定って事ですよね?
      という事はセッターとの距離が後衛よりも近いということになります。

      サーブカットをやったらネットに近かったり越えたりすると書いてらっしゃいましたが、それは面の角度が原因かもしれません。
      今、サーブカットをしている面よりも少しだけ上にしてみてください。
      床に対して平行に近づける感じですかね。

      そしてとにかく正面に入る事を常に意識するようにし、腕を振らないように注意してみると変わってくると思います。
      サーブカットの記事は下記記事で詳しく解説しておりますので、お役に立てていただければ幸いです。

      https://ikkitousen0413.com/archives/7165.html

      次にブロックですが、ブロックはとにかくタイミングが命です。
      目安としては相手スパイカーがジャンプした直後に自分も跳ぶようにすると、ワンタッチもしやすくなります。(あくまで目安ですが)

      後はとにかく腕を前に出すように心がけてみてください。
      0090さんは身長は高いとの事ですので、ゆっくり跳ぶようにした方が良いかもしれませんね♩
      ブロックも下記の記事にて解説しておりますので、合わせてどうぞ!

      https://ikkitousen0413.com/archives/7420.html

      さてさて、とりあえず今回はこれにて終了ですが、肝心のスパイクの問題が残っています。
      練習中に何が原因なのかをまず探る事をお願いします。
      またのコメントをお待ちしております( ̄∀ ̄)

        • 0090
        • 2018年 7月 18日

        お返事ありがとうございます!練習で意識してみます。

          • 赤鬼
          • 2018年 7月 20日

          0090さんへ
          はい!意識して練習するのは大事ですので是非やってみてください(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る