ライバル関係はスポーツするには重要!?金の草鞋を履いてでも探そう!


Sponsored links

世の中には恋人関係の他にも素敵な関係があります。
ドラゴンボールの悟空とベジータ、北斗の拳のケンシロウとシン、仮面ライダーBLACKとシャドームーン・・・
この関係こそが・・・

 

ライバル関係です!

 

こんにちは!かつてライバル関係の先輩に「お前なんて眼中にない」と言われ、クッソ悔しい思いをした事がある赤鬼です。
今回のテーマは、スポーツをする上でとても重要なライバルの関係!

 

上記で紹介したのは、中学時代からライバル関係の先輩。
ゴリラみたいな脳筋な先輩なんです。

 

中学、高校とバレーで争い、卒業して一緒にバレーしに行く時もこんな争いが・・・
ある学校に向かうために二人で河川敷を歩いていたんです。

 

何気なく会話をしていたら、先輩が僕の少し前を歩き出したんです。
負けじと僕も1歩前へ。
すると先輩も更に前へ。

 

前へ!前へ!!
気がついたら二人とも全力疾走でした。

 

こんな感じでライバル意識むき出しの二人でしたが、大人になった現在でも「お前の腹筋見せかけ」「ベルトに霜降り乗ってる先輩に言われたくありません」といったように、中学生レベルの醜い争いが展開されています。

 

でも、この先輩がいたからこそ僕は成長できました。
「最近頑張ってお腹鍛えてますよアピール」で、僕に自分の腹筋の画像を送って来るきっしょい先輩ですが、この人がいなければ僕はもっと下手くそな選手だったでしょう。

 

というわけで今からライバルの重要性を紹介して行きたいと思います。
それでは行きましょう!

Sponsored links

1. ライバルがいるから成長できる!元陸上選手「増田明美さん」のお話

体協の「フェアプレイニュース」2017年10月23日号に、元陸上選手である増田明美さんの話があったので紹介したいと思います。
増田明美さんは千葉にある成田高校時代、当時の監督である滝田詔生たきたつぐおさんの元で下宿をしていました。

 

しかし、そこには後のライバルとなる樋口葉子さんがいたのです(住み始めるまで知らなかったそうです)
「同じ種目、力も同等のライバルと一つ屋根の下で暮らすなんて・・・」

 

当時、負けず嫌いだった増田さんは試合1週間前に樋口さんのお茶碗にご飯をギュウギュウに詰めて太らせようとしたり、朝練に遅らせようとして時計の針を遅らせたりしたそうです。

 

なかなかの腹黒・・・

 

更に更に樋口さんに隠れてコッソリ練習したりと、あの手この手を使って差をつけようとしたのでした。
それに見かねた滝田監督は増田さんを叱責します。

 

「葉子を敵扱いするのはどうかと思うぞ。低俗なライバル意識は捨ててライバルに感謝しなさい。」

 

最初はその言葉の意味がわからなかった増田さんですが、樋口さんと切磋琢磨して実力をつけて行きました。
そして迎えた高校3年生の時の「高校陸上競技選手権大会」において、樋口さんは1,500mで優勝。

 

ライバルの増田さんも3,000m、10,000mで優勝しました。
その後、高校を卒業した二人は、共にオリンピックを目指す同志となり親友となったのです。

 

この様に、お互いがお互いを高めていけるライバルこそが、実力アップにはとても大切な存在となります。
どんな競技でも関係ありません。
競い合えるライバルは同じ学校、他校問わず探すようにしましょう!

2.  ムキ出しのライバル意識で相手を煽る事も重要!

「こいつだけには絶対に負けたくない!」そう感じる人を思い浮かべてみてください。
そしてあなたは明日、その人にこう伝えるのです。

 

「お前だけには絶対に負けないからなっ!」

 

こう伝えるのと伝えないとでは大違い。
伝える事で相手も自分の事を意識するようになり、お互いライバル意識むき出しになるのです。

 

大人しすぎる相手だとスルーされる可能性が高いので、出来るなら熱血の人を選ぶようにしましょう。
これで増田さんや樋口さんのような関係を築く事が出来、自分の実力もアップするのです。

 

ちなみに最初に紹介した僕の先輩にはですが、散々ケンカを売ってその度にボコボコにされました(笑)
しかし、その関係があったからこそバレーが上達し社会人になって全国にも行く事が出来たのです。

Sponsored links

3.  「相手の失敗を願う」こんな低俗な意識は絶対にNG!

この記事で紹介している僕の先輩ですが、実は娘さんがいてその子もバレー選手なんです。
ある日、先輩がこんな話をしてくれました。

先輩
ちょっと聞いてくれるか?昨日、娘の練習で他の保護者からどえらい事言われてん
赤鬼
どえらい事?何なんですか?
先輩
「m(先輩の娘)が怪我したらええのに。そしたらウチの娘が試合に出れる」やと。
赤鬼
はぁ?何それ?レベル低すぎでしょ!

先輩は苦笑いをしていましたが、僕も昔出入りしていたチームだったので落胆しました。
そんなレベルの低い考えの人がいるのか・・・と。

 

たまたま自分のチームのレギュラーが怪我をして試合に出る事になったら仕方ない部分もありますが、あえて怪我をする事を願ってレギュラー狙うなんてスポーツをやる資格はありません。(まぁ、選手ではなく親ですけど)

 

そんな低俗な考えでは、試合で足を引っ張るだけが関の山です。
あなたは絶対にこんな低レベルな事を考えないようにしてください。

 

もしも、本当にレギュラーが怪我をして、自分が試合に出ないといけないとなったらこう思ってみてください。

 

「あの子とは実力が違うけど、まずは入っても遜色無いくらいまで実力をつけて、そこから更に強くなろう!」

 

これが本当に強くなる人の考えです。
これが勝つ人の考えです。

 

また、お互の力を高めるためにはライバル意識の他に「闘争心」も重要となります。
あなたの性格が芦屋マダムもビックリするくらいお上品なのか、狐爪研磨くんのように大人しい性格なのかはわかりません。

 

しかし、練習や試合の時くらいは松岡修造さんばりに熱血になる事をオススメします。
そうしないとライバルとの白熱したバトルは展開されず、結果として成長速度が遅くなる可能性も。
だからあえて言いましょう・・・

 

もっと熱くなれよっ!!!!!!

 
■合わせて読みたい記事■

4.  ライバル関係はスポーツするには重要 まとめ

それでは今回の内容を最後にもう一度まとめましょう。

○ ライバル関係はスポーツをするには重要

  1. お互いを高めあえるライバルを自分の学校、他校関係なく探そう
  2. 低俗なライバル意識は捨てる
  3. 相手の怪我を願うなどの低レベルな考えも捨てる
  4. むき出しのライバル意識と闘争心はセットで抱く

いかがでしたか?
割と重要な事と感じていただけたのでは無いでしょうか?

 

自分自身がライバルと言う人もいますが、人間どうしても楽な方へ流されがちなのでほぼ負けます。
あなたの実力を上げてくれるのは不特定多数の誰かではなく、今あなたが思い浮かべている「あの人」なんです。

 

明日から大盤振る舞いでケンカを売ってやりましょう!
そして始まるのです。
二人の熾烈な争いが・・・

 

僕も今から先輩と醜い争いをしてきます。
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

    • ぐってぃあーの
    • 2018年 9月 18日

    初めてまして。こんにちは。
    ぐってぃあーのと申します。
    いつも一鬼当千楽しく読ませて頂いてます。

    私自身のバレー経歴はソフトバレー2年、今年から硬式バレーというような感じです。

    私は今、中学校で女子バレーの顧問をしております。
    2年生6人、1年生9人の計15人です。
    その内小学校からの経験者は3人で内2人は全国大会に出ているくらいのゴリゴリの経験者です。

    部員のほぼ全員素人なので、何もかもが課題なのですが
    やはりレシーブが最優先事項なのではないかと私は考えています。
    しかし、部員はレシーブ練習が大嫌いです。
    素人が多いので、強打レシーブよりも
    手投げのボールのカットだったり、ランニングレシーブだったり、緩いサーブのカットををメインに行っています。
    ですが経験者にとってはとても退屈なようで
    経験者に便乗するように他の部員もしたくないと言ってきます。
    練習試合や公式戦でレシーブできずにズタボロにやられていて
    レシーブの大切さについてもミーティングで話して
    部員たちもわかっているとは思うのですが、、、。

    そこで相談です。
    レシーブ練習が嫌いな子が楽しめるようなレシーブ練習はないでしょうか?
    また、フライングレシーブやスライディングレシーブは
    女子中学生には教えるのは早過ぎるでしょうか?

      • 赤鬼
      • 2018年 9月 18日

      ぐってぃあーのさんへ
      コメントありがとうございます。赤鬼です。

      なかなか難しい問題をお抱えのようですね。
      しかも全国経験者が二人もいれば、他の部員達との温度差が出来て経験者は退屈と感じるのは仕方ない事だと思います。

      結論から言うとレシーブが嫌いな子が楽しめるような練習は無いとは言い難いですが、それが本当に生徒が楽しめるとは断言できません。
      やはり、一人一人個性が違うのでこの子は楽しんでるけど、この子は退屈と言った事も十分に考えられるからです。

      今現在でもたまにやりますが「ゲーム感覚のレシーブ練習」ですね。
      これは全員では無く、めぼしい相手を見つけて「なぁ、サーブカットで勝負しようや。10本中どっちがセッターに多く返球できるか。」こう言うと、生徒はほぼ100%勝負に乗ってきます。

      いざ勝負が始まると真剣かつ、失敗したら本当に悔しそうにしています。
      負けず嫌いの子だと「もう一回やりません?」と言ってきたりしますね。

      もし万が一、自分が負けた場合だと「もうええわ・・・喧嘩しようや。バレーじゃ勝たれへんから拳で決着つけようぜ。」と負け惜しみを言ったりしています。
      これで生徒に優越感を与えるのが狙いです。

      ただし、これも普段からコミュニケーションを取っているからこそできる事で、全く取っていなかったら「コイツ、何言ってんの?」と思われる危険性があります。
      少々脱線しましたが、本題に戻りましょう。

      練習内容はオーソドックスな方法でも良いので、それを工夫してみてはいかがでしょう?
      例えば、強打レシーブをバスケットゴールに入るようにしたり、サーブカットをカゴに入るようにしたりとゲーム感覚でやりつつ目標を設定すると、生徒も退屈しにくくなります。

      それとあまり長時間ダラダラやるのも、集中力が切れる原因となるので注意が必要です。
      僕が出入りしている学校の一つに、先生が出したメニューを一時間くらいやっているチームがありました。

      途中で集中力が無くなってきている子に「ちょいちょい、もう飽きてきたんちゃうか?」と聞くと「はい・・・いつまで続くんですけかねー」と不満を言っていました。
      なので、この練習は何分にやると言ったように時間設定をするのも効果があると思います。

      後はそうですね、生徒一人一人の話を聞くのも良いですね。
      やはりコミュニケーションをしっかり取っていて、良好な関係を築いていた方が話をよく聞く傾向が強いです。

      全く同じ事を言っても、嫌いな人の話よりも好きな人の話をちゃんと聞くのも中学生の特徴のような気がします(生徒にもよりますが)
      それと理論的な事を教えてあげるのも良いですね。
      長いので最後にまとめてみます。

      1、 練習はカゴに入れたりと言ったようにゲーム感覚でやる
      2、 生徒と指導者、もしくは生徒同士の勝負をするような練習をしてみる
      3、 コミュニケーションをしっかりととる
      4、 時間設定を行う

      こんな感じですかね。
      最後にフライングレシーブやスライディングは、胸部を強く打つため発育途中の中学生はオススメできません。

      極力フットワークを早くして滑らないようにするか、回転レシーブで拾う方法の方が良いかと思います。
      ですが、どうしてもどうしてもやりたい!って生徒がいるのであればそこは要望に応えてみるのもありかもしれません。

      その際はマットの上でやったり、タオルを掴んでもらい、引っ張りながら滑らせて感覚を掴む練習などがオススメです。
      現時点でアドバイスさせていただけるのはこれくらいでしょうか。

      一度試してみて、様子をうかがうのも良いかもしれませんね。
      また、何かあればコメントください。
      よろしくお願いします。

        • ぐってぃあーの
        • 2018年 9月 19日

        早速の返信ありがとうございます。

        ゲーム形式での勝負、いいですね!
        自分もまだ程よく下手くそなので
        勝つか負けるか五分五分になるかと思います!
        早速実行したいと思います!

        オーソドックスな練習を工夫したメニューも
        時間に気を付けながら
        いろいろ考えてみたいと思います!

        コミュニケーションはやはりお互い人なので
        とりやすい子、とりづらい子はいるのですが
        時間を掛けてでもいい関係を築いていけるように
        していきたいと思います。

        やはりフライングレシーブやスライディングは
        まだ辞めた方がよいのですね。
        かなり悩んで保留にはしてあるのですが
        男子ならまだしも女子だしなあと思っておりました。
        やるなら回転レシーブを習得するように伝えます。

        貴重なアドバイスありがとうございました。
        また何かあればコメントさせて頂きます。
        更新楽しみにしております。
        ありがとうございました。

          • 赤鬼
          • 2018年 9月 20日

          ぐってぃあーのさんへ
          返信ありがとうございます。

          そうですね。
          フライングレシーブは習得に時間がかかる上に、怪我のリスクもあります。

          腰骨を打ったり肘の部分を擦りむいたりして何年もかかる技術です。
          しかも綺麗に上げれるようになるには更に時間がかかります。

          それよりも最初の一歩を早めるために「床を蹴る感覚」を養ったほうが、将来的にもよっぽと役に立つと思いますよ。
          「一歩出すのが遅い!」「足動かせ!」と抽象的な発言をする指導者は多くいるので、そこで具体的かつ有効な手段を教えて上げた方が生徒は喜ぶでしょう。

          色々と問題は出てくるでしょうが、同じ指導者として頑張りましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る