スパイクの時にフェイントはどうやったら決まる?真のやり方がこれだ!


Sponsored links

バレーボールにおいてスパイクは、最も多い攻撃手段。
強力なスパイクは、それだけで相手に絶望感を与え(相手にもよる)味方には頼もしさと希望を与えてくれます。

 

だがしかし・・・
バレーにおいて得点を取る方法は強力なスパイクだけにあらず・・・

 

もう一つの攻撃方法!
それが!

 

フェイントです!

 

今、「引っ張ったわりには地味な攻撃方法やな・・・」って思った奴、体育館の裏に来い。

・・・そう言えば、昔バレー教えてる子達の前でこのセリフ言ったら「告白でもするんですか!?」って言われたなぁ・・・
教え子、怖い・・・

 

こんにちは!中学生にフェイントを決めるたびに、死ぬほどおちょくる赤鬼です。
「遅い!遅い!ガラパゴスゾウガメの方が、はるかに俊敏やぞ!」と屈辱を与えてあります(悦)
その内、夜道で刺されないかが心配・・・

 

さて、今回のお題はズバリ「フェイント」のやり方です。
たかがフェイントと侮るなかれ!

 

フェイントはやり方と出すタイミングで強力な武器になりえます。
実際に僕の元チームメイトは、フェイント決定率100%を叩き出した事も。
というわけで、そんなフェイントのやり方をこれから解説すっぞー♫

Sponsored links

1. スパイクからのフェイント一連の流れ

ではでは早速一連の流れから見ていきましょう。

◯スパイクからのフェイント一連の流れ

  1. 通常のスパイクと全く同じ動作でジャンプする
  2. 後方へ上半身を思いっきり引いて「今からスパイクを思いっきり打つぜ!」って感じを出す
  3. スパイクを打つような動作から一気に脱力しボールの軌道をそっと変えて相手コートに落とす

上記の3つだけ!
簡単でしょ!?
ほな、それを今から動画で見てもらいましょう。

この撮影の前にタイ人にシゴかれまくったから、いつも以上に動きにキレがありませんね(−_−;)
では、動画の部分を復習しつつ紹介できなかった部分も解説していきます。

まずは通常のスパイクと同じように助走して跳びます。
この時に強打のフォームになる事が重要です。

 

ですからタイミング命!
スパイクと恋はタイミングが大事なんだぜ・・・。

強打のスイングの途中で一気に脱力します。

そしてボールの落下の軌道を、そーっと変えるようにします。
たったこれだけで、すんげー取りにくいフェイントに早変わり。

 

相手によっては足が床から離れなくなり、そのままコートにポトリ・・・なんて事も。
だから強打と思わせる事が重要なんです。

また、ネットスレスレを狙うのもありです。
小中学校生くらいなら、仮に拾えたとしてもとんでもないところにカットを返すのが大半でしょう。

ご覧ください。
ネットスレスレの場所に落としました。

 

勢いよく突っ込んできた選手はパッシングになったりもしますよ♪
まぁ、これもあくまで小中学校の話ですが・・・。

勘が良いライトバックの選手なら、一気に距離を詰めてフェイントを拾おうとします。
そんな時はプッシュでコート奥を狙ってみてください。

こんな感じで。
決定率は下がりますが、うまく行けばレシーブを乱す事が可能です。

 

乱れたら相手の二段トスをブロックで叩き落としてくだされ!
真下にズドンやっ!(赤鬼はこの記事を書く一週間前に、中1の子に真下にズドンされました・・・)

 

以上がフェイントのコツです。
次は補足説明に移っていきますよ〜♪

2. フェイントの補足説明

さて、あなたはフェイントをバッチリ決める事ができますか?
中学生相手に嫌なところばかり狙って、ボールが落ちた瞬間に「ざんねーん!www」と、スポーツマンシップの「ス」の字もないプレイができますか?(ただのクソ野郎です)

 

もしも決まらないってのであれば理由は簡単です。
それは・・・

 

タイミングが合っておらず、フェイント(もしくはチャンスボールを返すだけ)という選択肢しか無いからなんです!

 

強豪相手なら簡単に拾われ、見事なカウンターを食らってしまうでしょう・・・
宮田一郎ばりの見事なカウンターを・・・。(知らない人はお父さんに聞いてくだされ)

そうならないためにも強打もオッケー!
フェイントもできる!って状態にする事がベスト!
そう!まるでロールプレイングゲームのように、選択肢をいくつか用意する感じです!

 

これだけでフェイントの成功率はアップします。
ついでにもう一つ簡単に拾われる要因をご覧ください。

それがこちら!
ボールの下を叩いて浮かせてから返球するので。ただのチャンスボールになってしまうパターンです。

 

これはタイミングが遅れた時になる傾向が強いのですが、タイミングバッチリでもなる方がいます。
先ほども言いましたように「強打」も「フェイント」も両方使える状態にしておいてください(大事な事なので2回書きました。)

 

わざわざ相手にチャンスボールなんてプレゼントしなくて良いんですからね!
嫌な場所に、取りにくい場所に、これを念頭においてくだされ。

Sponsored links

3. フェイントで絶対にやってはいけない事!

さてさて、フェイントで絶対にやってはいけない事ってなんだと思います?
さっき説明した「相手が取りやすいボールを打つ事」でしょうか?

 

まぁ、それは技術的な事なので仕方ない部分もあるのですが、もっとやってはいけないことがあります。
それがこちら。

そう!

 

ネットにかけちゃう事なんです!

 

意外に思いましたか?
「いやいや!スパイクだってネットにかかる事あるでしょ?」って思った方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、スパイクをネットにかけるのと、フェイントをネットにかけるとではダメージが全然違います。
特に、流れが自軍の時にネットにかけると、一気にリズムが崩れてしまう事も・・・。
それどころか2〜3点くらい連続失点する特典付き。

 

バレーは流れのスポーツです。
こんなありえないミスでリズムを崩すなんて、絶対にやってはいけません。
チームメイトにもこんな顔されますよ。

はい・・・
恐ろしい事です。

 

そういえば僕も若かりし頃、同じチームのレフトの選手がそこまで器用でも無いのに、ネットスレスレを狙いすぎてネットにかけた時は・・・

 

ぶっ飛ばしてからオデコに「肉」って文字を書いてやろうと思いました。

 

勝負しに行ってミスったのであればまだしも、逃げてフェイントをネットにかけたりするなんて、周りが納得してくれません。
そうならないためにも、しっかりとネットを越えさせる事を大前提にしてください。

 

そこから徐々に、取りにくい場所を狙えるようになれば良いと思います。
以上、フェイントの補足でした♪

4. フェイントまとめ

それでは今回のお題「フェイント」をまとめて終わりにしたいと思います。

◯スパイクからのフェイントまとめ

  1. 通常のスパイクと全く同じ動作でジャンプする
  2. 後方へ上半身を思いっきり引いて「今からスパイクを思いっきり打つぜ!」って感じを出す
  3. スパイクを打つような動作から一気に脱力しボールの軌道をそっと変えて相手コートに落とす

○補足説明

  1. 強打、フェイントと言ったように、両方使えるタイミングで入る
  2. ボールの下を叩いてチャンスボールのような返球をしないようにする
  3. ネットにフェイントを引っ掛けるのは絶対にNG!

以上!
フェイントのやり方でした。

 

最初ってスパイクがなかなか打てなくて、試合でもフェイントみたいなのばっかりになるんですよね。
緊張も相重なって・・・。
僕の人生初の得点もフェイントでした。

 

当時の攻撃方法はフェイントのみでしたが、今ではちゃんと空中で使い分けられるようになりました。
それもこれもタイミングがバッチリ合うようになったからです。

 

タイミングが合わない事には「強打」と「フェイント」の使い分けは難しいでしょう。
じっくり焦らず、自分のタイミングを掴むようにして、フェイントの決定率を上げれるようにしてみてください。

 

強打とはまた別の快感がありますよ♪
それではまた。

Sponsored links

関連記事

コメント

    • 黄鬼
    • 2019年 3月 22日

    赤鬼さんこんにちは。以前は筋トレメニューを教えていただき、ありがとうございました。部活のチームのみんなで参考にさせて頂いてます。特にカーフレイズは階段を使ってめっちゃやってます(笑)
    そして再び質問なのですが、バックアタックに対してのブロックを教えて欲しいです。星城高校みたいにノーブロックでバックアタックを受けるつもりはないです。よろしくお願いします。

      • 赤鬼
      • 2019年 3月 24日

      黄鬼さんへ
      返信ありがとうございます。

      部員皆でこんな怪しげなサイトを参考にしていただけるなんて、光栄の極みです。
      これからも皆さんのお役に立てるように頑張ります!

      さて、今回はなかなか質問のないブロックとバックアタックについてですね。
      うーん、これは完全に僕の感覚で回答させていただきますねー。

      まず、バックアタックに対してのブロックは、なかなかドシャットができません。
      僕の現役生活の中で自身がやったのも、他の人がやっているのを見たのも数える程度です。

      それくらい難しいと認識しておいてください。
      ですので、バックアタックは完全にドシャットを狙うのではなく、ソフトブロックなどでワンタッチ狙いで行くことをオススメします。

      そして、相手のスパイクのコースを遮るようにして、コースを限定させてリベロにカットしてもらうというのも有りです。
      バックアタックは鋭角に落とす事はまず不可能なので、前衛よりもまだ上げやすいって人もいます。

      完全に止めに行くブロックではなく、システム化したブロックを心がけると良いですよ。
      ただ、めちゃくちゃ高くて、ほぼ前衛から打つようなスパイカーに対してはドシャットを狙ってみるのもありかもしれません。

      状況に応じて使い分けてみてください。
      また何かあればいつでもどうぞ!٩( ‘ω’ )و

        • 黄鬼
        • 2019年 4月 22日

        赤鬼さんこんにちは。ブロックについてのご指導ありがとうございます。早速、春合宿でブロックシステムについてチームで話し合ってみました。これから身につけていこうと思います。
        本題ですが、赤鬼さんの「ネットに近いボールの処理」に関する記事を見ていて思ったのが、そんなボールの時
        1.どこで踏み込めばいいか
        2.自分がボールから遠い場合困る
        ということです。前跳びになり、顔面でタッチネットしたことがあるので困ってます。よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る